CAMP HACK[キャンプハック]


ファイヤーサイドのグランマーコッパーケトルとコッパーオークポット

グランマーコッパーケトルと好相性!ファイヤーサイドから注目の銅製ギアが出たぞ【アウトドア通信.394】

0

キャンパーの憧れである銅製ケトル、グランマーコッパーケトル。今回はこれがシリーズ化し、新たに2種類のアイテムが仲間入りしました!どれも銅で作られた味の出る嗜好品。ファン待望のアイテムに注目が集まりそうです。チェックしておきましょう!

CAMP HACK編集部

制作者

CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

...続きを読む
CAMP HACK編集部のプロフィール

記事内写真出典:ファイヤーサイド

ファイヤーサイドの人気銅製シリーズに新しいギアが仲間入り

グランマーコッパーケトル
ファイヤーサイドの銅製ギアは、シルバーとは異なった上品な輝きがありながら、使うほど味が出る大人の嗜好品。特に重厚感のある「グランマーコッパーケトル」は、キャンパーたちの憧れギア!

そんな人気アイテムがこの度シリーズ化し、新たに2種類の新作が仲間入りしました。

「グランマーコッパーケトル」って?

グランマーコッパーケトル
グランマーコッパーケトルは、2007年から販売しているファイヤーサイドのロングセラーアイテム。

グランマーコッパーケトル
同ブランドの代表であるポール・キャスナー氏が、幼い頃におばあちゃんの家にあったというクラシックなケトルを参考に、新潟県長岡市・燕市の金属加工職人が一点ずつ手作りで製造しています。

使うほど味がでる、注目の新作はこちら!

それでは、今回から新たに加わったアイテムを紹介します。

コッパーオークポット

コッパーオークポット
「森のどんぐり」をイメージしたという可愛らしいフォルムの銅製鍋。銅の厚さは1.2mmほどあり、内側には錫メッキを施しています。直火からストーブ、さらにはガスコンロなど幅広い火元で使用することが可能です。

コッパーオークポット
すり鉢状の本体は中で熱の対流を促し、銅の特徴である熱伝導率の良さも相まって熱を均一に伝えることができます。

それによって、汁物だけでなく白米を炊くのにも最適! 重量のあるフタが付いており、羽釜としても使うことができるんです。

コッパーオークポット
ハンドルの両サイドにはストッパーを配し、垂直に立てたときの状態をキープするよう設計。ハンドルが鍋に当たって熱くならないように工夫されています。

使えば使う程色合いに深みが増し、経年変化を楽しめるグランマーコッパーシリーズ。キャンプのみならず家でも愛用したいアイテムです。

コッパーオークポッドの詳細はこちら

コッパーオークポット

●サイズ:直径196×H187mm(本体+蓋)
●容量:3.8L(満水時)
●重量:1800g


3サイズ展開「コッパーシェラカップ」

コッパーシェラカップ
コッパーオークポットと同じく、外側は銅、内側は錫メッキを施した上品なシェラカップ。

コッパーシェラカップ
1枚板で成形された真鍮製のハンドルは、安定感があり持ちやすくしています。グローブをつけた状態でも安心なんです!

コッパーシェラカップ
ハンドルには菱形の抜き穴が設けられていて、ここに親指をかけるとグリップして安定性が増す仕組み。ここにフックなどを通せばディスプレイすることも可能です。

コッパーシェラカップ
サイズは300(小)、400(中)、500(大)の3つ。300は底径が77mmで500は99mmとなっており、コップの代わりやスープを入れるカップとしても活躍すること間違いなし。

耐久性にも期待できるシェラカップは、キャンプ好きのお友達へのギフトとしても喜ばれそうですね。

「コッパーシェラカップ」の詳細はこちら

コッパーシェラカップ300

●サイズ:174×127×H49mm(ハンドル含む)、底径77mm
●容量:350ml
●重量:156g

コッパーシェラカップ400

●サイズ:185×138×H51mm(ハンドル含む)、底径86mm
●容量:400ml
●重量:175g

コッパーシェラカップ500

●サイズ:196×150×H52mm(ハンドル含む)、底径99mm
●容量:500ml
●重量:204g



CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連記事