この”グルグル”すごいヤツ!【100均ダイソー】の地面に刺せる「ドリンクホルダー」を使ってみた

2019/06/27 更新

またまた使える100均グッズが登場!ドリンクホルダーがついていないチェアでも、サイドテーブルが無くても快適にドリンクが飲める便利アイテムです。一部でユーザー急増中というダイソーのドリンクホルダーを、実際にキャンプで使ってみました。意外な活用法は必見!


アイキャッチ・記事中画像撮影:編集部

使っているキャンパー急増中!「地面に刺せるドリンクホルダー」

出典:instagram by @sotozuki83
今一部のキャンパーの間で、ユニークなアイテムが人気急上昇中! ダイソーに売っている、その名も「地面に刺せるドリンクホルダー」です。

出典:instagram by @chocolate_yoko
飲み物を近くに置きたくても、チェアにホルダーが無い。そんな時でも、缶ビールやペットボトルなどを置いておける便利なアイテムなんです。

これがあれば、狭いミニテーブルのスペースをもっと有効活用できるのでは?

というわけで購入し(2つで税抜200円!)、キャンプで使ってみました。種類としてはワインボトルが置ける直径が広いタイプもありますが、今回は缶に最適とされるサイズをチョイス。

使い方やジャストフィットだったアイテム、またよりカッコよく使うアイディアをご紹介します!


ダイソーのドリンクホルダーをキャンプで使ってみた

設置は、下穴を開けてから!


地面に刺すと言っても、そのままブスリと刺せば自立するわけではないようです。

先端は丸いので、ペグなどで下穴を開ける必要があります。


支柱の下部分に「ここまでを埋める」というマーキングがされているのでそこを目安に、安定する位置まで穴を開けてホルダーを差し込みます。

安定させるためのひと工夫


ペグが太いと、開いた穴に差し込むだけでは不安定な場合も。これでは飲み物を入れるのは心配ですね。

ちなみに、使用したペグはスノーピークのソリッドステーク。これだと少し太すぎてぐらつきました。

その場合、石を詰めて隙間を埋めるなどの工夫をしてガッチリ固定します。

さあ、実際に使ってみてどうだったのでしょうか? ドリンクホルダーとしてではない、意外な使い方も飛び出しますよ!

物は試しと、いろいろ置いてみた!評価順に発表!

なくはないかも「△評価」

500mlペットボトルを置いてみました。少しグラつく感じがあるのと、ボトルの背が高い分倒れてしまいそうであまり快適ではないかも……。

続いてキッチンペーパーです。サイズ的にはちょうどいいのですが、このままクルクルっと出せるわけではないのでホルダーを使う意味はあまり感じられません。

置き場所としてはおさまりが良いので、人によってはアリかも?


なかなかいい感じ「〇評価」

サーモスの保冷缶ホルダー。こちらはまずまずの安定感で、出し入れする時も倒れてしまうことはありません。

さきほどの500mlペットボトルとは違い、グルグルのスプリングが保冷缶ホルダーの半分以上を支えているので安心感がありました。



落下に注意をすれば、スマホホルダーとしてもなかなか! ポケットだと取り出しにくい、かと言ってテーブル上だと場所を取ってしまうというアイテムの置き場にも良さそうです。

ジャストフィット!「◎評価」

スプリングにバッチリはまったのが、スタンレーのパイント。高さのあるアイテムでしたが、だんだん広くなっていく直径がちょうどよくフィット! グラつきもなく、絶妙な安定感です!

そして試した中で最もジャストフィットだったのが、小型スピーカー! ご覧くださいこのおさまり感。スマホ同様、置く場所に迷いがちなスピーカーのホルダーとしてもおすすめです。

ちなみに使用していたのはアンカーのオーディオブランド「Soundcore」のスピーカー「Mini 2」。セットで購入したケース(別メーカー物)に入れたままでもすっぽりと収まりました。

しかもこの「Mini 2」は、2つあればリンクさせてステレオ再生できる優秀スピーカーなので、チェアの両サイドにセットして音楽をより立体的に楽しむこともできちゃいます!
ITEM
Soundcore Mini 2
●サイズ:約69.5x69.5x80 mm
●重さ:約207g
●連続再生可能時間:約15時間

アウトでした「×評価」

お皿的なアイテムも置ければ、もはやテーブルは要らないのではと試しに置いてみたシェラカップ。これはダメでした。底面が入らず、つるっと滑って安定しません。

【便利だけど】ダイソーのドンクホルダーについて気になること

手軽に色々な物を置けて便利なドリンクホルダーですが、使う前にチェックしておきたいことがいくつかあります。


収納問題


特殊な形状だけに、収納性がありません。特に突き出た支柱はしっかりカバーしないと危ないので、ビニール袋など薄い素材ではなく厚みのあるバッグにしまっておく必要がありそうです。

基本ロースタイル向け


地面に刺すという特性上、テーブルやチェアがすべてハイポジションの場合は活用のしどころがないかもしれません……。メインはハイスタイルでも、テント外で焚き火をする時などに活躍しそうですね。

見た目が苦手な人は「黒」に塗ってみるのもアリ!

出典:instagram by @takezoooo
もう少し雰囲気ある見た目にするために、塗装という手も。こちらはマットな黒塗装で、無骨感がアップしています!

刺さる人には刺さる、ダイソーのドリンクホルダー

出典:instagram by @takezoooo
すべてのキャンパーにとって使い勝手がいいアイテムとは言えませんが、ロースタイルメインで、テーブル上のスペースがすぐに埋まっちゃう! なんて悩みを持っている方にはまさに理想的アイテムではないでしょうか。ダイソーのグルグルドリンクホルダー、気になる方はぜひお試しください!

地面に刺すといえばコレ

一本で自立するタフなランタンポール!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。8歳と6歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!