CAMP HACK[キャンプハック]


カーサイドタープを使うのがコスパ最強かも!設営時間も少なくハードルも低いぞ | 3ページ目

0


使ってみて感じたこと

それでは、実際に「neos ALカーサイドオーニング-AI」でカーサイドタープ泊をやってみて感じたことをまとめてみましょう。

良かった点:やっぱりコスパは抜群だった

一万円札
出典:PIXTA
価格は27,000円(税別)。クルマに専用オーニングを取り付けたり、テントとタープをそれぞれ別に買い揃えることを考えればかなりオトク。

一台で複数の役割を担えるこの「ロゴス neos ALカーサイドオーニング-AI」はコスパ良好だといえるでしょう。

気になる点①:所有車がスライドドアでないとちょっと不便


残念ながら、自分のクルマがスライドドアでないと車内へのアクセスが不便です。扉の開け閉めの際にけっこう場所をとってしまい、タープ内の配置の自由度が減ります。

また、車に接続する側の高さが190cmほどあるので、車高の低いクルマに接続するとタープがナナメになってしまい、うまくハマりません。背の高いワンボックスやミニバンがベストでしょう。

気になる点②:タープの解放感は味わいづらい

ロゴスneos ALカーサイドオーニング-AI
通常のタープであれば、四方が抜けているため360°景色を楽しむことができます。

カーサイドタープの場合は3辺を開け放しても、どうしても車側の圧迫感は残ってしまいます。ただ、一定のプライベート感があって落ち着くという面も。これは好みの問題かもしれませんね。

トータルでみればかなり高得点!

ロゴスneos ALカーサイドオーニング-AI
実際にこのロゴスのカーサイドタープを使ってみると、とても快適で、発想次第で空間の使い方のバリエーションが広がるのに驚きました。

①背の高いクルマを所有している人(できればスライドドア。軽BOXでも可)
②車中泊も楽しむ人
③テント購入を検討中の人

上記に当てはまる人ならば、設営が簡単で、様々な使い方ができて、コスパもいい「neos ALカーサイドオーニング-AI」を自信を持ってオススメできます。

ロゴス neos ALカーサイドオーニング-AI

■総重量:(約)3.9kg
■サイズ:(約)320×250×190cm
■収納サイズ:(約)63×20×20cm


キャンプの過ごし方の選択肢が広がる

ロゴスneos ALカーサイドオーニング-AI
この「neos ALカーサイドオーニング-AI」があれば、今までのキャンプとは違った新たな楽しさを味わえます。

寒い季節なら車中泊、暖かくなってきたら夜空をみながらコットでタープ泊といったように、カーサイドタープでみなさんのキャンプスタイルに新たな1ページを加えてみてください。

執筆:高久浩一

紹介されたアイテム

フィグインク

フィグインク

浅草を所在地とする編集プロダクション。主にキャンプ・アウトドア関連の出版物の編集・制作を行う。また、料理や健康など生活実用ジャンルの本も多く手掛ける。

関連記事