ワンランク上のBBQを楽しむなら、この新種BBQプレートを使ってみたらどうだろう

2019/06/11 更新

普通のBBQにはそろそろ飽きてきた人必見!マンネリを打破し、ワンランク上のおいしさを実現するスゴイヤツが登場!網焼きBBQでの野菜のパサつきや、焦げ付いた網のお手入れなどの悩みまで解消する驚きのアイテムの秘密とは?実際の使用レビューと共に詳しくご紹介します!


記事中画像撮影:筆者

網や鉄板とはひと味違う、スゴイヤツ!

出典:Makuake
家族や仲間との楽しいBBQ。けれど何度も続くとさすがにマンネリ気味になっちゃいますよね。そんな、普通のBBQに飽きてきた人に朗報です!

マンネリを吹き飛ばす、ワンランク上のBBQを実現してくれるアイテムが登場しましたよ!

その名も「TOBAN BBQ用陶板」。一見ただの丸い鉄板プレートに見えますが、実は陶器メーカーが作った歴とした「信楽焼(しがらきやき)」なんです。

今回はこの一風変わった陶器製プレートの魅力について、実際の使用レビューを交えて詳しくご紹介します!


陶板プレートってどんなアイテム?

信楽焼の陶器メーカーが製造

出典:Makuake
この陶板プレート、滋賀県の信楽町にある陶器メーカー「明山」が製造したアイテム。信楽町といえば、かつては日本の原風景だった火鉢の製造において、全国シェア80%を占めていた歴史を持つまさに”陶芸の里”です。

このプレートも、火鉢と同じく耐火性に富む信楽の土で作られた「信楽焼」だから、歴史と伝統に基づく安心の品質なんです。

サイズや重さは?

出典:Makuake
まずは気になるサイズや重さからチェック。持ち手がない側の直径は354mm。持ち手の内側が300mm、外側が410mm。厚さは10mmで重さ1.9kgと、少し重めのお盆をイメージしてもらうといいかもしれません。

小学生くらいの子どもでも難なく持ち運べると思います。
写真はBBQグリル「Qualz COMPACT GRILL 4530」に乗せた場合
実際にBBQグリルに置いてみるとこのような形に。四角ではなく円形のプレートなのでバランスを取るのが難しいかなと思ったのですが、筆者が使っているBBQグリルと合わせた場合は、写真のように持ち手をはみ出すように置くことで安定しました。


イワタニのカセットコンロ「カセットフー タフまる」に乗せると上の写真のように取手が出るサイズ感。カセットコンロの場合、ガス缶の上に陶板がかかると輻射熱が危険なため、やや左側へズラす必要があります。

ゴトクのサイズが極端に小さいコンロの場合は、バランスが取れないので注意が必要です。

陶板プレートでのBBQはなぜワンランク上なのか?

陶器の高い蓄熱性と、遠赤外線効果で驚きのおいしさに

出典:Makuake
それではいよいよ本題に! 陶板プレートがなぜワンランク上のBBQを実現してくれるのか。1つ目の理由はその材質にあります。

高い蓄熱性遠赤外線効果を持つ陶器製の陶板プレートは、食材の芯までしっかりと熱を通しながら水分の減少を抑えてくれます。だからお肉も野菜も驚くほどふっくらジューシーに焼き上げてくれるんです。

炒めるもよし蒸すもよし……とにかく万能!

出典:Makuake
出典:Makuake
さらに、網焼きのBBQと違って炒めるのも蒸すのもお手のもの。餃子や魚介類のワイン蒸しなどさまざまなレパートリーが楽しめます。

錆びないし焦げ付きにくいからお手入れもラクちん!

出典:Makuake
また、鉄製の網や鉄板と違って陶器製だから錆びることがなく、焦げ付きにくいというメリットが。洗うのがラクな上、錆び防止に油を塗る必要もないんです。

信楽焼の味わいとフラットなデザインがフォトジェニック

出典:Makuake
そして、信楽焼ならではの味わいある佇まいとフラットなデザインも魅力の1つ。食材をよりおいしく見せてくれて、フォトジェニックなワンシーンを演出してくれますよ。

実際にBBQで使ってみた結果……!


それでは実際に使ってみた様子をご覧ください。「陶器」で作られたメリット&デメリットを強く実感する結果となりました。


野菜も肉も驚くほどジューシーでおいしい!

【野菜編】

網焼きBBQでは水分が飛んでパサつきがちな野菜も、陶板プレートならこの通り。火の通りにくい人参も甘くジューシーに。網では旨味のある汁が落ちてしまうシイタケも、こんなにみずみずしく。

筆者宅で1番好評だったのがナス。一見乾いて見えるのに、口に入れるととろける柔らかさ! 網焼きのナスは嫌がる子どもたちも、争う勢いで(写真を撮る余裕もなく)食べてしまいました。

【肉編】

お肉もふっくら、噛むと肉汁がジュワっと溢れる焼き上がり。厚切りの花咲き牛タンもご覧の通り。中までしっかり火を通しても、肉汁は損なわれませんでしたよ。

陶板プレートの気になる点は?


実際に使ってみて、気になった点もいくつかありました。まずは、やはり陶器の性質上割れてしまう可能性があり、1つ1つの動作に気を遣ってしまうところ。

クッション付きのケースなども付属していないため、携行する場合は割れないよう梱包に工夫が必要です。

次に、丸いデザインはオシャレですが、四角いBBQグリルの上だとデッドスペースができてしまいます。

また、そのまま立てかけると転がってしまうので、乾かす時は接地面にタオルなどを置いて安定させる必要が。

そして、網をどけずに側面から炭にアクセスできるグリルでも、陶板プレートがあると炭の様子が見えづらいのがやや不便でした。


さらに、縁がなく完全にフラットなため、肉の脂が流れ落ちることが。これは野菜を肉の外周にグリルと配置したり、焼き終わった後はキッチンペーパーなどで拭いてから運ぶなどの工夫で回避できそうです。

以上のような点が気になったものの、いずれも少しの工夫で回避できるものばかり。総じて、これらの点よりその魅力が上回るという結果でした。

陶板プレートはどこで買えるの?

気になる陶板プレートの入手方法ですが、こちらは「Makuake」というクラウドファンディングサイトにて、支援する方式で入手が可能です。こちらプロジェクト終了が2019年5月30日なので、欲しい人はお急ぎください!

MakuakeのTOBANプロジェクトはこちら

もう後戻りできない、ワンランク上の魅力

出典:Makuake
陶板プレートで焼く野菜やお肉の味わいは、一度知ったらもう後戻りできないおいしさ。しかもさまざまな調理方法が楽しめるから、BBQの可能性を何倍にも広げてくれます。

あなたも、陶板プレートでワンランク上のBBQをぜひ楽しんでみてくださいね。

 

The fun of BBQ goes up a notch by TOBAN plate

陶板プレートでワンランク上のBBQに!

 


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学2年長男、中3次男、小6長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。夫婦でトレラン目指しトレーニング中! Instagram:@tomoko_y_0216

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!