ただのキャンプフェスじゃない!家族にオススメ「FUJI & SUN’19」レポート

2019/05/21 更新

5月11・12日に初開催されたキャンプフェス「FUJI & SUN’19 」の現地の様子をお届け!キャンプと音楽だけでなく、たくさんのコンテンツが充実しており、家族で楽しむのに最適!もちろん、キャンプサイトの様子も余すところなくレポートします。


今年初開催!「FUJI & SUN’19」


2019年5月11日・12日に「富士山こどもの国」で初開催となったキャンプフェス「FUJI & SUN’19」。テーマとなった「いだかれるフェス」の名の通り、会場内のどこからでも富士山を望むことができる最高のロケーション! 二日間とも天候に恵まれ、常に富士山に抱かれながら過ごす時間は「最高!」の一言に尽きます。


ただ、他のキャンプフェスと違うのは、コンテンツの幅が広いこと。キャンプと音楽に加え、スポーツと映画というキャンプフェスには珍しいコンテンツを体験することができる唯一無二のフェスです。端から端まで歩くと30分以上かかる広大な敷地の中で贅沢に展開されたコンテンツの様子を、カテゴリ毎に余すところなくお届けします。

やっぱり”音楽”が楽しい!


キャンプフェスの中心となるのはやっぱり音楽! 「FUJI & SUN’19」では3つのステージがあり、中心となるのはこのSUN STAGE。ステージの周りは飲食店やブースが立ち並び、一番盛り上がっているエリアでした。
何より嬉しいのが日陰となるスペースが用意されていたこと。フェスはどうしても直射日光に晒されて熱中症の恐れもあるので、こういった日陰があるのは感激しました。


その他の2つのステージは森に囲まれてとてものんびりした空間。芝生に寝っ転がって昼寝している人や、木陰で寄り添う家族など、人それぞれの楽しみ方でゆったりと音楽を楽しんでいました。

音楽を愉しむにはロケーションが大事ですが、この上ないピースフルな空間は見てるだけでも幸せな気分になれました。

野外で映画を観るプライスレス体験


なかなか体験することができないのが、野外での映画鑑賞。森の中に大きなスクリーンを設置して映画を観るのはなかなか貴重な体験ですよね。

みんなスクリーンの前にチェアを持ち寄り、映画の世界に入り込んでいました。夜、真っ暗な中で観る映画は迫力があって、とても非日常な体験でしたよ。


上映された映画は、テーマ性のあるものから子供も楽しめるものまで様々。アニメを上映する時には家族連れが多く、賑やかな歓声が聞こえてきて盛り上がっていました。このパオと呼ばれる建物の中でも映画上映を行なっており、中には「ずっとパオの中から出ずに映画を観ていたら1日が終わってしまった……」という方もいらっしゃいました(笑)。

フェスで楽しむスポーツ体験


キャンプフェスでスポーツと言うと意外かもしれませんが、立派なコンテンツとして仕上げてしまうのが「FUJI & SUN’19」のすごいところ。人力チャレンジ応援部エリア「LA SPORTIVA」監修のブースでは、なんと特設のボルダリング体験施設が! 子供たちが3mはあろう高さの壁を登ろうと、チャレンジしている様子には大人も心動かされたのか、自然と周りに観衆が集まっていましたよ。


中には世界を旅する冒険家・阿部雅龍さんが講師を務めた「極地に負けないテントの張り方」というアカデミックなコンテンツも。

また、夕方にはサンセットハイキング、朝にはサンライズトレッキングと山登りのツアーもあり、富士山を2,000回(!)以上制覇したミスター富士山の名を持つ實川欣伸さんのガイドと楽しめる貴重な体験も。一日目は全国各地で綺麗な夕焼けを拝めることができた日でもあり、自然の偉大さに触れることができたようです。

お待たせしました!キャンプエリア紹介


最後に、みなさんが一番気になるであろうキャンプエリアをご紹介! 最も開放的なエリアは、どこからも富士山が拝める超絶景スポット!

しかも場所によっては広めに区間が区切られており、隣接キャンパーとの間隔が広いためかなりゆったりとキャンプを楽しむことができるようになっていました。


高低差があるため、最も高い地点にテントを張るとかなり爽快! 空も広いので開放感があり、みなさん気持ち良さそうでした。


個人的に一番気に入ったのが、森林エリア。普段は遊歩道として自然をそのまま残している場所のため、豊かな自然を楽しみながらキャンプ体験ができるようになっていました。リラックスしすぎて、テントの前で親子で昼寝をしている方も。


インパクトがあったのが先ほどご紹介したパオ。パオに宿泊できるプランもあり、最大15人以上が泊まれるようなビッグサイズもあったようです。

パオ自体がナチュラルな外見をしているため、アースカラーのタープを合わせると意外とオシャレに仕上がります。


複数の家族でワイワイ楽しむのも良し、一家族でしっぽり楽しむのも良し、スタイルに合わせていろんな楽しみ方ができるのが「FUJI & SUN’19」の魅力。

駐車場からキャンプエリアまで少し歩きますが、みんなで頑張れば準備の時間も楽しいですよね。もちろん、駐車場からの道のりも富士山がどーん! と見えます。

CAMP HACKもフォトブースを出してました!


メインのSUN STAGE近くに軽井沢にあるキャンプ場「ライジングフィールド軽井沢」と共同でCAMP HACKも出展しました!

多くの来場者に恵まれ、多くのフォトを撮らせてもらいました! その様子は以下のリンクからご確認ください。

みなさんの笑顔はこちら!

どんどん増える、キャンプフェス

提供:FUJI&SUN
これから梅雨が始まるまで、多くのキャンプフェスが開催されます。また、梅雨が終わると毎週のようにどこかで開催されるほどのキャンプフェスブーム。ぜひいろんなフェスに出かけてみて、お気に入りを見つけてくださいね。
また、今回CAMP HACKもプロカメラマンが参加者の写真を撮ってプレゼントするブースを出展していました。ここで撮った写真は後日記事化しますので、乞うご期待!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
けんぼー

休日になると本領を発揮する、広告系サラリーマン。主に取材系の記事を書いています。フェスやキャンプ場に潜入して、キャンパーの皆さんと会話するのが大好き。若い人たちでキャンプを盛り上げていきたいです!

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!