小物からお洒落を!ポーターとジャムホームメイド7つのコラボアイテム【アウトドア通信.381】

2019/05/21 更新

バッグ業界において確固たる地位を築くポーターと、ジュエリーやアクセサリーで知名度を伸ばしているジャムホームメイドの新作コラボアイテムが登場!第3弾となる今回は、バリスティックナイロンを使ったシックなデザインが特徴。全7種を紹介します!


アクティビティで使えるシックな佇まいのバッグ&小物が登場


日本を代表するバッグブランド「ポーター」と日本のジュエリー、アクセサリーブランド「ジャムホームメイド」がタッグを組んだカプセルコレクション「JAM SESSION <×PORTER>」。

第3弾となる今回は、バリスティックナイロンを使ったシックなアイテムが登場! キャンプを含めたアウトドアシーンでも使えること間違いなしです。

ポーターとジャムホームメイドって?

出典:PORTER
ポーターは言わずもがな、吉田カバンという会社が展開するオリジナルブランド。「一針入魂」をコンセプトにカバンを製造し、キャリーやバックパックといったリュックタイプから、財布や小銭入れといった小物まで幅広く展開し、海外でも高い評価を得ています。

対するジャムホームメイドは、日本のジュエリー、アクセサリーブランド。シルバーアクセサリーやレザーアイテムをメインに展開し、最近ではファッションブランドからキャラクターなど幅広くコラボ製品を展開しています。

7つのコラボ製品を一挙ご紹介!

今回のポーターとジャムホームメイドのコラボアイテムは全7種。どれもしなやかなバリスティックナイロンを採用し、高い耐久性があるのが特徴です。ではそれぞれ見ていきましょう!

3WAY BRIEF CASE


トート、ショルダー、リュックの3種類の使い方ができる万能なブリーフケース。2層式で大きく仕切られており、一方はパソコンなど大型が入るポケット、もう一方は何を入れたか一目瞭然のクリアタイプのポケットが内蔵されています。

【3WAY BRIEF CASE】
●サイズ:高さ29×幅45×厚み11.5cm
●価格:60,000円(税抜)
商品の詳細はこちら

DAYPACK


大きめのポケットを前面に配したシンプルなデザインのデイパック。Wジップを採用し、中には背面側に大きなポケットが付いています。オールブラックでいろんな服とコーディネートしやすいスタンダードなデザインです。

【DAYPACK】
●サイズ:高さ43×幅37×厚み16cm
●価格:32,000円(税抜)
商品の詳細はこちら

BODY BAG


間口を広く設計したボディバッグ。こちらもWジップ構造にして、中から荷物を取り出しやすくしています。フロントのポケットはスナップで留めることができ、スマホなどが収まる仕様になっています。

【BODY BAG】
●サイズ:高さ17×幅27×厚み13cm
●価格:27,000円(税抜)
商品の詳細はこちら

SHOULDER BAG シリーズ


ショルダーバッグは3種類用意。こちらの「SHOULDER BAG M」は2気室用意されており、内側は長財布が入るほどの大きなポケットと、外側はクリアポケットで中に収納したものが見えるようになっています。


少し小さい「SHOULDER BAG S」は、1気室のみのコンパクトなタイプ。内側にはポケットは1つ配していて、スマホや小銭入れなど少ない量の荷物を入れるのに便利です。


フェスや遊びなど最小限の荷物に便利なのが「mini SHOULDER BAG」。中にポケットがないシンプルな構造で、ウエストに巻くだけでなくたすき掛けしても使えるデザインです。

【SHOULDER BAG M】
●サイズ:高さ17×幅27×厚み13cm
●価格:27,000円(税抜)
商品の詳細はこちら

【SHOULDER BAG S】
●サイズ:高さ14×幅22×厚み7cm
●価格:20,000円(税抜)
商品の詳細はこちら

【mini SHOULDER BAG】
●サイズ:高さ15×幅32×厚み5cm
●価格:13,000円(税抜)
商品の詳細はこちら

KEY CASE


最後は手のひらサイズの小さいキーケース。中は6つのチェーンと仕切り(ポケット)が内蔵されており、仕切りにはカードなどを収納することが可能。前述したバッグと揃えて使ってみては?

【KEY CASE】
●サイズ:高さ6.5×幅11×厚み2cm
●価格:13,000円(税抜)
商品の詳細はこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!