ほどけにくくて、ズレにくい「靴ひもの強い結び方」をこの機会に覚えておこう!

2019/07/09 更新

ところで皆さん靴ひも、ちゃんと結べていますか。ひねったりしてケガしやすいのは「靴の中で足が動いてしまう」状態。木の根や石なども多いキャンプ場ではとりわけしっかり結ぶことが大事です。「靴ひもなんて昔から結んでるし、当然知ってるよ」という人も、意外としっかり結べていないかも?! というわけでこの機会に靴ひもの「ほどけにくくて、ズレにくい」強固な結び方をマスターしておきましょう。


アイキャッチ画像撮影:筆者
※靴ひもの結び方は多種多様です。ここでは一部のみ紹介します。

 靴ひも、ちゃんと結べてる?

出典:PIXTA
デコボコの多いキャンプ場。木の根っこや石にひっかかり、足をひねってしまう恐れもありますね。

そうなったらもう痛くて、楽しいキャンプどころではなくなってしまうかも……。

アウトドアでは「靴ひも」って意外と重要!

出典:PIXTA
そんな思わぬ危険を回避するには「靴をしっかり履く」ことがとても大事です。これができていればグキッとならないことも多いのです。

強固な結び方をマスターして、靴の中で足がグラグラしないようにしましょう!


正しく結べてないと、こんなデメリットが

出典:楽天
きちんと靴ひもが結べていないと、こんなことが起こってしまいがち。

すぐほどけてしまう

出典:PIXTA
すぐひもがほどけるのって、イライラしますよね。いちいち結び直すのは面倒なものです。最悪、自分の靴ひもを踏んで転倒してしまう可能性も。

ケガの危険が高まる

出典:PIXTA
しっかり結べてないと靴の中で足が遊んでしまい、多少の段差でグキッとひねったり、くじいたりする原因になってしまいます。

見た目的にもだらしない

出典:PIXTA
靴ひもの結び方が汚いと、見た目にもなんだかだらしない印象を醸し出してしまいます。街履きの際はとくに悪目立ちしてしまいますね。

まずは靴ひも「基本のキ」から

出典:PIXTA
靴ひもをしっかり結べていないと、けっこうマイナス点があることが分かりました。それを踏まえてまず、2つの基礎知識からマスターしておきましょう。

靴ひも知識①:丈夫な「丸ひも」と、フィットする「平ひも」

出典:PIXTA
靴ひもの形状には大きく分けて2種類あります。丸ひもと平ひもです。これが「丸ひも」。
ブーツやトレッキングシューズなどに採用されることが多く、丈夫で切れにくいという特性があります。
撮影:筆者
対してこちらが「平ひも」。フィット感が高く、スニーカーに多く見られます。

靴ひも知識②:オーバーラップとアンダーラップ

撮影:筆者
靴ひもをホールにかけていくやり方も、スタンダードなもので2種類あります。

ホールの上から通していくのが「オーバーラップ」、下から通していくのが「アンダーラップ」です。一番下の位置のひもをみると、上下どちらから通っているか分かりやすいですね。

よりフィット感を求めるなら、ズレにくいオーバーラップ。長時間着用するなら、自然な履き心地のアンダーラップがいいでしょう。

しっかり強固に結ぼう!

撮影:筆者
それでは実際に「靴ひもの強い結び方」を実践してみましょう。今回は平地のキャンプ場を想定し、オーバーラップを採用します。

まず全体にゆるめる

撮影:筆者
まず、全体にひもをゆるめます。結び目だけほどいて、無理やり足を突っ込むのではなく、全体に緩めてから足を通しましょう。

足を入れたらかかとをトントン

撮影:筆者
かかとのフィットがとても重要なのです。これによりホールドが左右されます。かかとを軽くトントンとさせて、靴と足がしっかり密着するようにします。

均等にテンションがかかるよう締める

撮影:筆者
ゆるめた靴ひもを下から締めていきます。このとき、テンションがバラバラにならないよう、どのひもも足に等しくテンションがかかるよう意識して締めていってください。

強い結び方①:2重蝶結び

撮影:筆者
さあ、いよいよ仕上げの「結び」です。いちばんメジャーなのは「蝶結び」でしょう。

もちろんこれでもいいですし、誰もができる結び方だと思いますが、これを2重にすることでさらに強固になるのです。

やり方は、まず普通の蝶結びを作ります。その際注意したいのが、最後キュッと締め上げないこと。まだ余裕をもたせておきます。

撮影:筆者
余裕を持たせたことで真ん中にできた穴に、蝶の羽部分の片側をもう一度くぐらせます。

撮影:筆者
そして左右の「蝶の羽」を引っ張り……。

撮影:筆者
これで完成です!見た目は普通の蝶結びとそう変わりませんが、とても高い強度になっています。

撮影:筆者
一連の流れを見てみるとこんな感じ。蝶の羽の片側をもう一度くぐらせるのがポイントです。

ほどくときは通常の蝶結びと同じで、左右から引っ張るだけでOKです。練習してマスターしてみてください!

お次も強度の高い結び方です。


強い結び方②:フック活用蝶結び

撮影:筆者
上部にフックが付いているトレッキングシューズなどであれば、こちらの結び方もおススメです。

まずフックにはひもをかけずに、普通に蝶結びをします。

撮影:筆者
続いて、フックに「蝶の羽」部分を引っかけます。

撮影:筆者
そしておもむろに左右に引っ張り、締め上げます。

撮影:筆者
そしてこのひもを使って、蝶結びをします。これで完成です!

撮影:筆者
こんな感じで蝶の羽をフックに引っ掛け、締め上げるのがポイントです。これでだいぶほどけにくくなりますよ。

靴ひもを正しく結べば安全だし疲れにくい!

撮影:筆者
「靴ひもくらい誰だって結べるでしょ、昔からやってるんだし」と半信半疑だった人も、役立つ発見がいくつかあったんじゃないでしょうか。

当たり前のことこそ意外な落とし穴があります。靴ひもの強い結び方をマスターして、安全で快適なキャンプライフをおくってくださいね。

バックル式シューズも気になる

「靴ひも、めんどくさい!」という人はバックルでフィットさせるという手も。

You should master how to tie the shoelaces strong

靴ひもの強い結び方をマスターしよう


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
編集部 藤巻

新作ギアもビンテージも好き。大勢もソロも好き。近場も遠出も好き。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!