キャンプの『お風呂に入れない問題』5つの対処法

2019/06/27 更新

汗ばむ季節で気になるのが、キャンプの「お風呂に入れない問題」ですよね。今回は、お風呂に入れなくてもサッパリできる、5つの対策方法を実践してみました!水のいらないシャンプーで髪を洗ってみたり、ハッカ油でスッキリしてみたり……一番サッパリする方法はどれだ!?


記事中画像撮影:筆者

お風呂に入れないけどサッパリしたい!

待ちに待った夏シーズンの到来! キャンプにはもってこいだけど、これからの汗ばむ季節で気になるのが、キャンプでの「お風呂に入れない問題」。

汗で肌がペタペタしたり、女性に多い悩みとしては、焚き火のニオイが髪の毛について“燻され臭”がなかなかとれなかったり……。

ザブンとお風呂に入って汗やニオイを流し落せればいいけど、そもそも、キャンプ場にはお風呂がない場合が多いですよね。。
特に女性は、お風呂に入れないことに抵抗がある人も多いのではないでしょうか?

そこで、女性の立場を代表して「お風呂に入りたいのに入れない!」そんな状況で助かる5つの対処法を実際に検証してみました。

どんな方法があるのか、そして一番サッパリした方法は?


どれが効果的?身体をサッパリさせる【5つの対処法】


筆者の個人的な感想にはなりますが、5つの対処法をサッパリ度【星5つ★★★★★】満点で評価していきます!

対処法その1. 「蒸しタオル」で身体を拭く


まずは一番オーソドックスであろう「蒸しタオル」で身体を拭く方法。タオルとお湯さえあればできるので、もっとも取り入れやすい方法です。

沸かしたお湯でタオルを濡らし、余分な水気を絞って完成。とりあえず腕と膝から足裏にかけて拭いてみましたが、これだけでもかなりサッパリ。

ちなみに水タオルも試してみましたが、蒸しタオルの方が毛穴が開いてスッキリした感が得られました。

ということで、「蒸しタオル」のサッパリ度は、【星4つ★★★★☆】

ただし、ほどほどの熱さだとすぐにタオルが冷めてしまうので、45~50度前後のやや熱めのお湯を用意しておくのがポイント。でも、火傷には十分ご注意を!

対処法その2. 「足湯」をする


続いて試すのは、「足湯」。もはや説明するまでもありませんが、バケツに沸かしたお湯を入れるだけ。

湯船に浸かるほどのサッパリ感は得られませんが、リラックス効果はかなり高め。足裏の血行がよくなって、疲労感が和らぐ感じがあります。
撮影:編集部
真夏のような暑い季節は“水で”という選択肢もありますが、体を温めることで毛細血管が開いて皮膚から熱を逃がしてくれるため、体温を下げることも期待できるそうです。

リラックス効果は高まりますが、足の一部しかサッパリできなかったので、「足湯」のサッパリ度は、【星3つ★★★☆☆】。でも、癒され効果はバツグンです!

対処法その3. 「吸水速乾」を味方につける


3つ目の対処法は、そもそも身にまとうウェアから対策しちゃおうという考え方です。

コットンのウェアは肌あたりがやさしく着心地は最高ですが、保水しやすく、掻いた汗を吸うと乾きにくいのが難点。なので、吸汗速乾に優れた化学繊維のウェアを着用します。

今回は上下ともに化繊素材のウェアを着用。

けれど、着ているだけでサッパリすることはなかったので、「吸汗速乾ウェア」のサッパリ度は、【星1つ★☆☆☆☆】

サッパリ感はありませんでしたが、肌の不快さが軽減されるという意味では効果てきめんでした!

対処法その4. 「ドライシャンプー」を使ってみる


4つ目の対処法は、「ドライシャンプー」なるものを使ってみるという手。

そもそもドライシャンプーとは、水のいらないシャンプーのこと。洗い流さなくていいので、どこでも手軽に、髪の毛と頭皮のニオイや汚れをふき取ることができるシャンプーです。スプレータイプとジェルタイプがあります。

使い方は簡単で、髪の毛にシュシュッとスプレーした後に指の腹で軽くマッサージしてタオルでふき取るだけ。

マッサージするのがポイントで、揉み込むことで地肌がサッパリしました。

スプレーした後はほんのりスーッとして、なかなかの爽快感。完全に無臭になったかは微妙なところですが、スプレーしてしばらくは焚き火での“燻され臭”が和らいだ気がしました。
こちらはジェルタイプ。手のひらに適量出した後、スプレータイプと同様の手順です
ということで、「ドライシャンプー」のサッパリ度は、【星4つ★★★★☆】

頭皮だけのサッパリ感にはなりますが、かなりスッキリです。

気分転換したい時、スポーツの後、徹夜明けの時にもかなり使えるアイテムだと思います。焼肉に行った後の一時的な髪の毛の消臭にもいいかもしれません!


対処法その5. 「ハッカ油」を使ってみる


最後の対処法は、「ハッカ油」。虫よけ効果も期待できる、メントール成分を含んだスプレーです。

髪の毛にスプレーしてマッサージしてみました。先ほどのドライシャンプーよりもスーッと感は強め

試しに腕にも塗布してみましたが、サッパリするというより、スーッとして気持ちがいいなという感覚。でも、人によっては徐々に肌が熱を持ってヒリヒリすることも。お肌の弱い方は直接肌に吹きかけないようにするのが良さそうです。

ということで、「ハッカ油」のサッパリ度は【星1つ★☆☆☆☆】。ただし、ハッカの清涼感ある香りは気分的にだいぶスッキリしますし、リフレッシュ効果はかなり高め!

番外編:実はこれが最強かも!?


すべて試してみて思ったのが、「これ全部合わせたら最強なんじゃない!?」ということ。

ハッカ油を足湯用に沸かしたお湯に吹きかけ、蒸しタオルをIN。これで身体をふくと……予想通り、かなりの気持ち良さ&クール感!

この合わせ技、サッパリ度は文句なしの【星5つ★★★★★】満点

ボディはこの蒸しタオルで拭いて、頭皮と髪の毛はドライシャンプーを活用すれば、頭から足先までカバーできます。これはかなりのサッパリ度でした!

加えて、吸汗速乾ウェアを身にまとえば、活動中から不快さを軽減できるでしょう。

検証結果をおさらい


ということで、5つの対処法を試した結果、サッパリ度はこのような結果に。

●蒸しタオル    【星4つ★★★★☆】
●足湯       【星3つ★★★☆☆】
●吸汗速乾ウェア  【星1つ★☆☆☆☆】
●ドライシャンプー 【星4つ★★★★☆】
●ハッカ油     【星1つ★☆☆☆☆】
●すべての合わせ技 【星5つ★★★★★】

5つ+αの対処法でそれなりのサッパリ感は得られましたが、でもでもやっぱり、お風呂には敵わないな……というのが本音。

ですが、汗やニオイによる不快感はかなり軽減できたので、なにもやらないよりかは全然マシ!  試す価値は多いにアリです。

仮にお風呂がある状況だったとしても、連休や夏休みは混雑していて、入るのも一苦労……なんてこともありますよね。そういった意味では、これらの対処法を頭に入れておくといざという時に役立つのではないでしょうか?

どうしてもお風呂に入りたいという人は……

だけどやっぱり「お風呂に入りたい!」という人は、お風呂のあるキャンプ場、もしくは温泉施設が隣接しているキャンプ場を選びましょう。

ということで、最後は温泉が魅力のキャンプ場まとめ記事をご紹介しておきますね。

こちらの記事を合わせてチェック!


山畑理絵の記事はこちら

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
山畑 理絵

春夏秋冬、日本の美しいフィールドを求めてフラフラしているアウトドアライター。元・キャンプ用品店勤務。自分にとって心地のいい暮らしを模索しつつ、ハーフビルドした小さなログハウスで日々活動しています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!