昨年、超話題となったアウトドアイベント「FIELDSTYLE」再降臨!5つの攻略ポイントを伝授

近年でもっとも注目度が高まっているイベントの一つが、中部地方を拠点に開催されている「FIELDSTYLE」。その規模は中部地方で最大級を誇ります。今回は5月に行われる「FIELDSTYLE PICNIC 2019」を紹介。これを見ればFIELDSTYLEをより楽しめること間違いなしですよ!


    フィールドスタイルが今春も大規模に開催!


    昨年12月に、ポートメッセなごやで人気を博した“遊び”をテーマにした大型イベント「FIELDSTYLE(フィールドスタイル)」。その春バージョンとして注目されているのが、今回紹介する「FIELDSTYLE PICNIC 2019(フィールドスタイル ピクニック)」です。


    5月25日(土)・26日(日)に開催される同イベントは、初となる野外開催! 新作ギアやヴィンテージ品の販売、フードイベントやワークショップなど、様々なコンテンツが用意されています。中でも注目しておくべきポイントを5つにまとめましたよ!


    そもそも「フィールドスタイル」とは?


    フィールドスタイルは、遊びを通して様々な製品やサービスを体験してもらい、楽しい生活を提案する新しい大型イベント。“遊び”がテーマなので、出展する人たちは多種多様! キャンプメーカーから自動車メーカー、さらにはガーデニング関係まで決まったジャンルがありません。

    多様性あるイベントが、このフィールドスタイルの真骨頂なのです。

    見どころはこの5つ!これで効果的にイベントを満喫しよう


    今回開催される場所は、愛知県最大規模とされている公園「愛・地球博記念公園」。フットサルコートや天然芝の多目的球技場などスポーツ施設も充実しており、野外イベントにピッタリな施設です。

    会場は大きく3つのゾーンに分かれており、それぞれ異なったコンセプトを設けています。出展数は200にも及び、他のイベントと比べて出展数が桁違い! 事前にホームページなので事前チェックしておくといいでしょう。

    特に「これを見ておくと楽しい!」というところを厳選して紹介します!

    見どころ①:人気アイテムから古道具まで多彩なキャンプギアが集結


    キャンプ関連ブースは今回も多彩なメンバーが集結! ノルディスクやベルガンス、テンティピといった個性派アウトドアブランドはもちろん、山賊山やneru design works、38exploreといったガレージブランド、OLD MOMUNTAINやNORAsといった他ではお目にかかれないブランドも出展します。


    また、人気の大型アウトドアセレクトショップ「Orange」のほか、イレクターズやVINTAGE GARDENといったヴィンテージショップも出展予定。新旧様々なアイテムが揃うのは、このフィールドスタイル ピクニックならではですよ!

    見どころ②:ファミリーで楽しめるアクティビティやワークショップが充実


    “遊び”をテーマにしていることもあり、会場には様々なアクティビティやワークショップブースを設置。フォレストアドベンチャーやボルダリング、SUPなどファミリーで楽しめるブースがたくさんあります。


    また、自分だけのオリジナル作品を作れるワークショップやお仕事体験など、他のアウトドアイベントとは違ったコンセプトのコンテンツも用意。「ただのアウトドアイベントには飽きた」という人にはもってこいの内容ですよ!

    見どころ③:「防災」と「エコ」をテーマにした体験コーナー


    社会的にも注目されているアウトドアと「防災」「エコ」を絡めたジャンル。今回それをテーマにした出展社が集まるゾーン「Safe Life Keep Smile」も必見。

    アウトドアの知識やノウハウは、実は防災やエコの分野で生かすことができる! という気づきや体験ができる場所です。



    例えば、中日新聞社が主体となって活動する「備える!中日サバイバルキャンプ」では、アウトドアに関する体験を通して災害時に役立つサバイバルのノウハウを学べるコンテンツが登場。子どもと一緒に体験して、防災・エコ意識を高めていきませんか?


    見どころ④:「グリーン」を取り入れた生活を提案するスペシャルコーナー


    “植物のある豊かな暮らし”をテーマにした出展社が集まるゾーン「SWEET JUNGLE」は、ここ最近の観葉植物・ドライフラワーブームで多くの人が集まりそうなエリアです。出展数はここだけで100以上! すでに半分を占めていることからも、その注目度を伺えます。


    ここでは、実際に植物を購入することができるほか、植物を育てるための道具の販売や展示、さらには庭作りの相談コーナーなど、グリーンライフをサポートしてくれるヒントが詰まっています。どんなブースが待っているか、待ち遠しいですね!

    「SWEET JUNGLE」の詳細はこちら

    見どころ⑤:様々な「多国籍料理」が味わえるフードコーナー


    様々なケータリングカーが並び、グルメスポットとしても人気が高いのがフィールドスタイル ピクニックの魅力。今回は、“Great Food Great Times”をテーマにした「SOUL FOOD JAM in モリコロパーク」を開催します。


    ローストビーフ丼やケバブ、タコス、ハンバーガーといった料理から、自家製のコーヒーやジュース、さらにはデザートまで幅広い料理が登場。ブース数はなんと22にも及びます! アウトドアだけでなく食事に来るだけでも価値があるかも……。

    「SOUL FOOD JAM in モリコロパーク」の詳細はこちら

    見どころ5つ以外にも、ワクワクするブースが盛りだくさん!


    ここまでフィールドスタイル ピクニックの見どころを紹介しましたが、それ以外にも様々なブースが登場します。

    おしゃれな住宅や家具の展示からハンドメイドアイテムの販売など、普段の生活をより豊かにしてくれそうなヒントが隠されたライフスタイルエリア。


    キャンピングカーやトレーラーといった、アウトドア好きな人なら誰もが憧れるクルマの展示や、人気上昇中のマウンテンバイクや折りたたみ自転車の展示・販売もあります。

    5月の最終週は、フィールドスタイル ピクニックへ行って充実した時間を過ごしましょう!

    イベント詳細

    【FIELDSTYLE Picnic 2019】

    日程:2019年5月25日(土) 9:00〜18:00、26日(日) 9:00〜17:00
    会場:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
    住所:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
    入場料:500円(小学生以下無料)ペット同伴可能(リード必須)
    ※入場チケットは当日販売のみで、前売りチケットはございません
    ※イベント当日、会場駐車場は大変混雑することが予想されます。ご来場は公共交通機関のご利用をおすすめします

    「FIELDSTYLE Picnic 2019」の詳細はこちら

     

    Sponsored by FIELDSTYLE

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!