アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!

初めてチャレンジ!コールマンの技術がつまった「最新2ルームテント」をキャンプ初心者に体験してもらった(2ページ目)

AD for Outdoor

まずは収納袋から中身を取り出す

コールマン トンネル2ルームハウス/LDX+

まずはテントが入っている収納袋をチェック。このなかに設営に必要なアイテムがすべて収納されています。収納時サイズは約φ30×74cm、重量は約17.5kgなので、テントサイトまで距離があっても苦になりません。

お父さん
娘をつねに抱っこしているので、重くも感じず、思ったより軽いです。

コールマン トンネル2ルームハウス/LDX+

こちらが収納袋から取り出した中身。写真下から時計回りにフライシート、インナーテント、ポール、ハンマー、ペグ、収納袋、ロープです。ペグはスチール製とプラスチック製の2種類が入っています。

ポールをつなげてスリーブに通していく

親子でテント設営

収納袋から中身を取り出したら、最初にポールをつなげます。ポールの組み立ては子どもたちでも簡単。

お母さん
遊び感覚でお手伝いしてもらえて嬉しいです!

コールマン トンネル2ルームハウス/LDX+

次にテントを広げます。1人だとテントを広げるのもひと苦労しますが、みんなで広げればスムーズ!

広げるタイミングで、ロケーションを確認しながら入口を決めましょう。また、高山だと昼間でも寒いことがあるので、森林のなかに設営するときは日が差し込む方角も意識することも大切。地面に岩や石がある場合は先に退かし、なるべく地面をフラットに。
テント設営 コールマン トンネル2ルームハウス/LDX+

テントを広げたら、スリーブ(筒状の部分)にメインポール4本を通します。最初にすべてのポールをスリーブに通してからグロメット(ハトメ部分)に差し込みます。テント設営 コールマン トンネル2ルームハウス/LDX+

ここでポイント! もう一方のグロメットに入れる際は力が必要。下のロープを踏みながら差し込むと入りやすいんです。

お父さん
かなりポールがしなり不安になりましたが、ポールの強度があるから安心して差し込めました!

ペグを打つ親子

テントを広げる際の支点となる後方部を、2箇所ペグで仮止めします。

お父さん
パパの手を打たないでよ〜!

と不安げですが、梨菜ちゃんは初めてとは思えないほど器用にペグを打ち込んでいきます。キャンプ場によってはプラスチックハンマーでは刺さらないところがあるので、事前に確認しておきましょう。

テントを広げて形を整える

テント設営 コールマン トンネル2ルームハウス/LDX+

ペグで仮留めをしたら、寝ているテントを起こします。前室部分を持ち、張りが出るまで前に引っ張ります。引きずるより、持ち上げて動かすほうがテントへのダメージも軽減されます。

テント設営 コールマン トンネル2ルームハウス/LDX+

張りが出たことを確認できたら、前方部(入り口)をペグ打ち。

梨菜ちゃん
パパ、頑張ってー!

お父さん
ありがとーー!!

ひさし機構のスリーブにポールを入れる

テント設営 コールマン トンネル2ルームハウス/LDX+

テントが自立したら、ひさし部分に一番短いポールをスリーブに通して固定します。

ペグを打つ親子

ロープを張ることで、よりテント自体に強度が増します。テント本体のペグ打ちとロープを張らないと、強風でテントが飛ばされてしまう可能性もあります。ここでは雄介くんもお手伝いしてくれました。

最後にインナーテントをつけて、2ルームテントの完成です!

コールマン トンネル2ルームハウス/LDX+

初心者でも簡単に設営することができ、設営時間も約15分。慣れればもっと時短で設営ができちゃいます。お疲れ様でした!

お父さん
家族みんなの手伝いもあって、思ったより簡単に建てられました。コールマンの赤いロゴもカッコいいです!

無事にテントが完成!実際に中に入って体験してもらった

さて、完成したテントの中に一目散に入るファミリー。実際の感想を伺いました!

2 / 3ページ