CAMP HACK[キャンプハック]


カッティングボードの持ち手を「プラスティディップ」で塗装する様子

食卓をオシャレに!超簡単オリジナルカッティングボードをDIY!

0

CAMP HACK×DIYer(s)連携記事企画!ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で紹介されたDIY方法をCAMP HACKでご紹介します。今回は、写真映えするプレートとして活躍するカッティングボード!ちょっとひと手間を加えるだけで簡単に作れちゃう、世界にひとつだけのデザインをDIYしてみませんか?

DIYer(s)


CAMP HACK × DIYer(s)

DIYer(s)
この記事は、ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で掲載されたDIY方法をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。

今回は、”写真映え”にも一役買ってくれるカッティングボードの製作方法をご紹介。寸法を測ったりするなど、小難しいことは一切ナシ! 簡単に作れちゃうので、DIY初心者さんも必見です。

世界にひとつだけのデザインをDIYしてみませんか?

DIYer(s) カッティングボード 皆さんは、カッティングボードをお持ちでしょうか? 本来の用途は食材を切るためのまな板ですが、直接料理を盛り付けるだけで雰囲気がよくなるので、SNSに写真をアップする際は大いに役立っていることでしょう。

そんな家からアウトドアまで活躍する便利なカッティングボードは、基本的に四角や丸のフォルムでどれも同じようなものばかり。せっかくなら、カッティングボードに個性を持たせてみたいですよね?

そこで、今回は自分らしさを演出できるカッティングボードをいちから作って、オリジナルのデザインをあしらうテクニックをご紹介!

これをキャンプ場に持っていけば仲間から一目置かれるだろうし、料理を盛り付けてSNSにアップすれば注目を集めること間違いなし! しかもとても簡単に作れるので、DIYに馴染みがない人でも挑戦しやすいですよ。

作るもの

焼印風のデザインを施して、持ち手がゴム樹脂加工されたカッティングボード。寸法を測ったり、釘を打ったり、と難しいことは一切ナシ! 肩肘張って作る必要はありません。

少しくらい歪んでいても、それがハンドメイドの味となり、それなりにいい出来栄えになります!

関連記事