服好き編集部員がちょっとお高いアウトドアジャケットに魅了!その驚くべき理由とは…?

「街でもアウトドアでも着られる万能ジャケットが欲しい」と思う人は多いでしょう。でも、各社から様々なジャケットが発売され、正直どれを選べばいいかわからない……と感じていることと思います。これから買うなら、コロンビアから発売された直営店限定ジャケットがオススメ!長い目で見てとてもコスパが高いこのジャケットを、実際に着てその魅力を紹介します。


    これからの衣替えに加えたい「優秀アウトドアジャケット」を発見!


    桜が咲き、もう春ですね。都心では15度を上回る日が増え、そろそろ衣替えを始めている人も多いのではないでしょうか。

    編集部にも、新しい季節が来ればいち早くその季節らしい服をまとい、新商品が出たとなればすぐに食いつく服好きな者がいます。そんな服好き編集部員が「こ、これはいい…」と感心した新作ジャケットを発見! これからの新シーズンに使っていただきたいので、レビューしてその魅力をお伝えします。

    編集部員が見つけたアウトドアジャケットとは?


    編集部員が今回見つけたのは、コロンビアのハードシェル「キャンベルマウンテンジャケット」。新たなフラッグシップモデルにするために製作された渾身の一着です。

    価格は税抜39,000円。なかなかなお値段ですよね。でもこのジャケット、このお金を出す価値がある優秀なジャケットなんです。


    他のアウターと比較して、新作ジャケットがスゴいと感じた3つのこと


    それでは、新作のキャンベルマウンテンジャケットはどこが素晴らしいのか、また他のジャケットとどこが異なるのか。現在のハイエンドモデル「マウンテンズアーコーリングⅡジャケット」(税抜27,500円)と比較します。

    比較その1:腕周りはゆったり、でも身頃はスラッとした美シルエット


    まずはアーコーリングジャケットを着用(サイズM)。ハードシェルタイプですが、ソフトシェルに近い薄さでサラッとした質感、そして細身のシルエットになっています。

    ただ腕回りも細く作られている分、中に着込むとちょっとタイトに感じるかもしれません。ストレッチ性は適度にありますが、どちらかというと街中で着るのによさそう


    次に新作のキャンベルマウンテンジャケットを着用(サイズM)。前者と比べて身頃には少しゆとりがあり、腕回りはゆったりめ厳冬期での登山でも使える設計になっていて、重ね着をしても問題ありません。寒いキャンプでも安心。

    生地はこちらも薄めですが、アーコーリングジャケットよりほんのわずか厚みがあるように感じます。でもゴワつかず、適度なハリがあります。伸縮性も従来品よりあり、街中だけでなく外遊びでも使えそう!


    後ろから見ると、脇周りのゆったり感はあまり感じられずすっきりしたシルエット。丈もちょうどよく、街中で着ても野暮ったく見えません。とても緻密に設計されているのがわかります。


    脇下にはベンチレーションを配置。ジップには、服に馴染みやすいようコンシールファスナーを採用しています。「街着として着たいのに、ここが目立ってちょっと恥ずかしい……」なんて人でも、これなら安心して着れますね!

    比較その2:バックパックを背負っても腕の可動域がダンゼン広い


    次に注目したいのが、ベンチレーションとポケットの間にあるマチ。ここはバックパックを背負った際に機能を発揮します。実際に背負って見てみましょう!


    まずは従来品のアーコーリングジャケットから。バッグとジャケットの境目にご注目。生地が寄ってしまい、ダボっとしていて野暮ったく見えます。

    腕を動かすと、このダボつきが腕の可動域を制限し、動きづらい印象に。バックパックを背負ってよく動く人にとっては、少々窮屈に感じるかもしれません。


    次に新作のキャンベルマウンテンジャケット。上の写真と比べて、ダボつきがなくすっきりしていることがわかります。というのも腕の可動域が広く、ストレッチ性も相まっていろんな方向に動かしても違和感なし。

    このマチの構造を採用したのはコロンビア史上初めてのこと。この感動は、着てみないとわかりません。ぜひ試してもらいたいです!

    比較その3:高い襟と収納可能なフード


    多くのマウンテンジャケットは、フードがそのままついているタイプが多いですよね。でも、フードって使う機会はそんなに多いわけではなく、風でなびくので不要と思う人もいるでしょう。


    キャンベルマウンテンジャケットは、フードが収納できるように設計。従来品と比べて首回りにゆとりを持たせているため、中に襟付きのダウンジャケットなどを着ても問題ありません。襟は高めになっているので、防風性があり快適に過ごせます。風が強いキャンプなら頼もしいと感じることでしょう。


    実際にフードを被るとツバの部分が長く、大きい設計に。これは厳冬期に登山をする人がヘルメットを被れるようにしたそうです。帽子を被ってもサッとかぶせられるので、急な雨でも安心ですね!

    新作ジャケットのその他の優秀機能3点

    ここからは、キャンベルマウンテンジャケットの細かい機能を紹介します。


    機能その1:圧倒的に“長寿”のメンブレン


    キャンベルマウンテンジャケットの生地は3層からなっており、中間層にはポリカーボネートメンブレンを使用。一般的なメンブレンと比べて耐久性が高いことで知られています。


    このメンブレンは裏地のシームテープにも使っています。このテープ部は水が含みやすく加水分解することが多いのですが、この素材のおかげでこの現象が起こりにくくなります。

    ちなみに、一般的な防水透湿素材は普段使っていると2〜3年でボロボロになると言われていますが、ポリカーボネートメンブレンは10年ももつんだとか(使用環境や使う頻度によって異なる)! もしかしたら、こちらを買ったほうがコスパがいいかもしれませんね……。

    機能その2:高い防水性と透湿性


    外側の生地には、コロンビア独自の防水透湿性素材「オムニテック」を採用。耐水圧2万mmで高いスペックを誇ります。雨や汚れから服を守ることができるので、街中からキャンプまで安心して使えます。

    機能その3:こんな高機能にして収納も可能


    「こんな高機能なら収納することができないんじゃないか……」と思う人もいるかもしれませんが、心配することなかれ! ちゃんと収納することができます。サイズは直径10.5×長さ25cmで、バッグに収納することができるんです。

    新作ジャケットの着こなし方をスタッフに聞いてみた


    いや〜この価格でこのクオリティはコスパ高し! 恐れ入りました。ただ、とてもシンプルなあまりに着こなし方が気になります……。実際にショップへ伺って、話を聞いてみました。


    伺ったのはコロンビアの旗艦店である原宿店。教えてもらったのは同店店長の椎名宏介さんです。

    ファッション業界に入って7年の椎名さんは、アウトドアも大好きな趣味人。この日は、シャツの一番上のボタンだけ留めてフレアスタイルにしたおしゃれな着こなしも参考になりました。

    街中とキャンプでそれぞれ着こなすには?

    編集部員
    本日はよろしくお願いいたします。このジャケット、実際に着て惚れ込みました(笑)!

    椎名さん
    ありがとうございます! 気に入っていただけてよかったです。

    編集部員
    高機能でコスパも高いと感じたのですが、シンプルなので着こなし方が不安です。教えていただけますか?

    椎名さん
    まず街中ですが、デニムと合わせてもらいたいですね。ダークカラーのものでもいいでしょう。

    編集部員
    普段着にちょうどいいですね。

    椎名さん
    でも、それだけだと暗いスタイリングになるので、インナーは柄物を入れたいですね。ボーダーのカットソーなどがオススメです。

    編集部員
    これからのシーズンによさそう!


    椎名さん
    キャンプですが、明るめの色のアイテムを取り入れていただきたいですね。

    編集部員
    ちょっとポップにしたいですよね。

    椎名さん
    たとえば、帽子とバッグに共通の蛍光イエローを入れたり、パンツを肌色に近い明るめのブラウンにするのもいいと思います。

    編集部員
    シルエットも少しゆとりがあってラクに過ごせそう。ありがとうございました!

    超便利なコロンビアのジャケットはマストバイアウターだ!


    マウンテンジャケットは各社から様々なものが登場していますが、値段のわりにここまで緻密に設計してコスパが高いキャンベルマウンテンジャケットは買いなアウター。これが手に入るのは、コロンビア直営店のみ! 本格的だけど街でも着られるマウンテンジャケットが欲しい人にオススメですよ!

    コロンビアの直営店を知りたい人はこちらをチェック

    ショップ情報

    「コロンビアショップ 原宿店」
    住所:東京都渋谷区神宮前5-11-11
    TEL:03-6418-8140
    営業時間:11:00〜20:00

    コロンビアについてもっと知りたい人はこちらをチェック

     

    Sponsored by 株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!