防水だけじゃ物足りない!シールラインの「収まり感」はちょっと感動的なレベル

2019/04/22 更新

突然の雨、小川での水遊び、洗いもの時の水跳ね……キャンプには常に水のリスクがつきまといます。そこで頼りになるのが「シールライン」というバッグ&ケースのブランド。独自の高周波溶着により縫い目がなく、とことん防水にこだわったラインナップなんです。ビッグなダッフルバッグから小さなポーチまで、それぞれのキャンプスタイルにぴったりハマる理想のバッグが見つかるハズですよ!


アイキャッチ画像出典:MOCHIZUKI
※紹介する商品は完全防水を保証するものではありません。電子機器等にはそれぞれ防水対策を施してください。
  • シールラインて知ってる?

出典:MOCHIZUKI
バッグやケースを取り扱う実力派ブランド「シールライン」をご存じでしょうか。

キャンパーやバイカー、それにウォータースポーツを楽しむ人たちから絶大な支持を集めているアメリカ生まれのブランドなんです。
  • これがシールラインの特徴だ

出典:MOCHIZUKI
  • 形や素材、色など、ありとあらゆるバッグやケースが充実しているこのブランド。魅力の秘密を深掘りしてみましょう!

とにかく高い防水性

出典:MOCHIZUKI
シールライン最大のウリは何といっても「防水」。とにかく水に強いのが特徴なんです。

防水を徹底するためパーツ取付部や、生地のつなぎ合わせ部分はすべて高周波で溶着されています。そのためバッグ本体には縫い目が見当たりません。

サイズが細分化されている

出典:MOCHIZUKI
多くのモデルで、細かく刻んだ容量ごとにサイズが選べるようになっています。つまり自分の荷物量に合わせてベストマッチなものをチョイスできるのです。

ムダがなく効率的なパッキングを目指すこのブランドならではの心配りといえるでしょう。

たっぷり入れたいならコチラ

出典:MOCHIZUKI
それではキャンパー向けのおすすめをここで紹介します。たくさんの荷物を防水バッグに収納したい人はまずこちらをチェック!

「ジップダッフル」なら荷物たっぷり

出典:MOCHIZUKI
かなりハードな使用にも耐える防水ダッフルバッグです。本体上部にはYKKの防水ジッパーを使用。

ジッパーを斜めに長く配置することで開口部を大きくし、スムーズに荷物を出し入れできます。サイズは2種類で、40Lと75Lを選べます。
ITEM
シールライン ジップダッフル 40L
■材質:【本体】19オンス、スクリム強化ビニール
■生産:Made in USA

「バハドライバッグ」ならとことんタフ

出典:MOCHIZUKI
1000Dの生地を使っておりSUPはもちろん、ラフティングやバイクツーリングに至るまで、あらゆる「濡れる可能性のある」アクティビティで使用可能です。

非常に高い耐久性をもつドライバッグのサイズは全部で6つ。5Lから55Lまで用意されています。
ITEM
シールライン バハドライバッグ 20L
■本体材質:1000D、19オンス PEビニールコーティング
■カラー:ブラック・イエロー・レッド・オリーブ

着用系なら動きやすい

出典:MOCHIZUKI
身に着けられるバッグであれば、両手の自由がきくのが大きいです。キャンプシーンだけでなく街中の自転車移動なんかにもぴったりですね!

リュック型「バウンダリーパック」なら両手フリー

出典:楽天
バックパック型ドライバッグの中でも支持を集めているのがこちら。ショルダーストラップが取り外しも可能なのも嬉しいところです。

70Lと115Lのモデルは前面に2本のストラップを備え、これにより荷物を圧縮できる仕掛け。サイズはほかに35Lも用意されています。
ITEM
シールライン バウンダリーパック 115L
■重量:1530g
■サイズ:32x47x76cm
■容量:115L
■カラー:イエロー・グリーン・ブルー・ブラック

ウエストバッグ的に使える「シールパック」

出典:MOCHIZUKI
ロールダウンクロージャーで水の侵入を防ぐウエストバッグです。突然の雨も気にしなくて済むので、街中や小旅行での使用にも最適。

外側には小物を入れられる止水ジッパー付きのポケットが付いています。
ITEM
シールライン シールパック 4L
■素材:【本体】600D PUコーティングポリエステル
■サイズ:8×20×20cm
■重量:207g

デジタル機器はこちらに投入せよ

出典:MOCHIZUKI
スマホやスピーカーなど、もはやキャンプに電子機器は欠かせない存在になりました。

でも山の天気は変わりやすいもの。突然の雷雨に見舞われないとも限りません。そんなとき、雨や水に強い防水ケースがあれば心強いと思いませんか。

携帯やタブレットがおさまる「E-ケース」

出典:MOCHIZUKI
スマホやタブレットなどの繊細な電子機器を水濡れから守るケースです。開口部には防水の「SealLockジッパー」を使用。深さ1mで30分間の浸水テストをクリアしています。

環境に優しいPVCフリー素材はしなやかな感触で、透明な窓の上からでもタッチスクリーン操作が可能という優れモノ。サイズは11.5×18.5cmのSサイズから、22×32cmのXLサイズまで4種あり。
ITEM
シールライン E-ケース Sサイズ
■サイズ:【外寸】11.5×18.5cm、【内寸】7.5×14cm
■重量: 41g
■生産国:アメリカ

首から下げられて便利な「シーポーチ」

出典:楽天
こちらは首から下げられるコード付きなので、両手フリーで設営などの作業もスムーズ。デジタル製品や貴重品を水濡れから守るポーチです。

サイズは8×15cmのSサイズと、13×19cmのLサイズの2種類。
ITEM
シールライン シーポーチ Lサイズ
■重量:37g
■外寸:13×19cm、内寸:11.5×16.5cm
■生産国:アメリカ

バッグ内を整理整頓!

出典:MOCHIZUKI
バックパックやダッフルバッグの中を無駄なく、きっちり整理整頓して収納すれば、取り出したいものが一目瞭然。いっそうキャンプが快適になりますね。そんなとき役立つのがこちらのラインナップ!


ムダなくおさまる「ブロッカーライトドライサック」

出典:MOCHIZUKI
強化20Dナイロンを使用した軽量ドライサックです。口のところをクルクル丸めて中身を圧縮し、最後にストラップをパチンと留めればコンパクト収納完了。

大きなバッグ内でブロック状に並べたり、積み上げたりしても余分なスペースができにくく、限られたスペースを有効に活用できますよ。サイズは2.5Lから20Lまで5種。
ITEM
シールライン ブロッカーライト ドライサック 5L
■本体材質:高強度20Dナイロン、ポリウレタン&シリコンコーティング
■カラー:イエロー、オレンジ、コーラル、ブルー

シンプル小物入れなら「ブロッカージップサック」

出典:MOCHIZUKI
収納しやすいブロック型スタッフサックにジッパーを備えたベーシックなフォルム。アウトドアで使う小物やファーストエイドキットをはじめ、旅行用アメニティ入れなどにも最適です。

止水ジッパーで濡れに強く、開口部が大きいため小物も簡単に出し入れできます。サイズはS、M、Lの3種。
ITEM
シールライン ブロッカージップサック
■素材:70Dナイロン、PUコーティング
■重量:33g

定番のドローコード式「ブロッカーライトシンチサック」

出典:MOCHIZUKI
20Dのナイロン生地を使用した、ブロック型軽量サックです。並べたり、積み上げたりした時も余分なスペースができにくく、とても収納性に優れています。

つまむだけで滑らかに動くコードロックを備えており、荷物の出し入れはとても簡単。サイズは2.5Lから20Lまでの4種を揃えています。
ITEM
シールライン ブロッカーライトシンチサック 2.5L
■材質:20Dナイロンシリコン、PUコーティング
■重量:13g

水濡れ気にせずとことん遊ぼう!

出典:MOCHIZUKI
シールラインは防水という特徴だけにとどまらず、電子機器入れとして使えたり、バッグ内整頓に適していたりと、「これぞキャンパーのための収納」といえるのではないでしょうか。

それぞれのキャンプライフにフィットするものを選んで、野外ライフをより快適に過ごしてくださいね!

無印の収納ケースも

これまたカユいところに手が届く、計算された作りです。

SEAL LINE can not only prevent water but organize your bag

シールラインなら防水だけでなく整理整頓もできる


紹介されたアイテム

シールライン ジップダッフル 40L
サイトを見る
シールライン バハドライバッグ 20L
サイトを見る
シールライン バウンダリーパック 115…
サイトを見る
シールライン シールパック 4L
サイトを見る
シールライン E-ケース Sサイズ
サイトを見る
シールライン シーポーチ Lサイズ
サイトを見る
シールライン ブロッカーライト ドライサ…
サイトを見る
シールライン ブロッカージップサック
サイトを見る
シールライン ブロッカーライトシンチサッ…
サイトを見る
この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
編集部 藤巻

新作ギアもビンテージも好き。大勢もソロも好き。近場も遠出も好き。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!