GUの格安マウンテンパーカーがこれだけ凝ってて2,990円だなんて信じられない!

2019/04/04 更新

ユニクロといえばヒートテックやウルトラライトダウンなど、キャンプの時にも重宝するアイテムがたくさんありますよね。そんなユニクロの兄弟ラインであるGU(ジーユー)からも、春キャンプにピッタリなアイテム「マウンテンパーカー」を見つけたのでさっそく着用レビューします!


アイキャッチ、記事中画像撮影:編集部

マウンテンパーカーといえば……

マウンテンパーカーは今から50年前に、アメリカのブランド「シエラデザインズ」がリリースしたのが最初です。

今でこそアウトドアに限らず、さまざまなファッションブランドからも続々リリースされるマウンテンパーカーですが、そのデザインはほとんど変わることなく愛され続けている大定番アイテムとなっています。

完売必至なのが、あの「GU」のマウンテンパーカー


ファストファッションの代表的ブランド「GU(ジーユー)」からも毎シーズン、マウンテンパーカーがリリースされているのをご存知ですか? 驚くほど安く、デイリーに使えるデザインなので、発売して間もなく売り切れてしまうことも珍しくありません。


シンプル・イズ・ベスト!


デザインはとてもシンプル。コーディネートに悩む必要もありません。

ポケットの仕様や細かいディテールは本家マウンテンパーカーと若干の隔たりはあるものの、クラシックになりすぎず着まわしやすい雰囲気ですね。

フロントはジップにスナップボタンという組み合わせ。比翼仕立てになっており、ジップの隙間からの風の侵入や雨を防いでくれるので、冷え込みやすい季節のキャンプ場では重宝しますね。

細かな部分も気が利いている


袖がスナップボタンで調節できるようになっているのも、グローブを着脱するときに袖口がかさばらないので意外と便利なポイント。

服選びをするうえで「キャンプでも使えるかな?」とついつい考えてしまうキャンパーにとって、この大型ポケットも嬉しいデザイン。

レザーのグローブがすっぽり入りますし、フラップ付きなので中に入れているものを落としたくないときに使えます。

胸にはスマホを入れておくのにちょうどいいガジェットポケットも完備。スマホだけじゃなく、ナイフやSOTO「スライドガストーチ」などの小物を入れたりするのにピッタリ。

このポケットがあるだけで、マウンテンパーカーとしての満足度が倍増!


また、このネック部分のディティールにも感動しました。画像からも伝わるとおり、フードをかぶらなくてもしっかり自立してくれるんです。なので、中にネックウォーマーなどを着込めば保温効果も抜群。

リーズナブルな商品はこういったディテールやパーツを省くことでコスト削減を図ったりするものですが、必要な機能を搭載して3,990円というお値段は嬉しい限り。しかも現在(2019/03/26時点)値下げされていてなんと2,990円!

ロクヨンならぬ「ヨンロククロス」を検証


GUのマウンテンパーカー、想像以上に生地にコシがあってしっかりしています。

本来マウンテンパーカーは60/40(ロクヨン)クロスという混紡素材を表地に使うことが多いです。シエラデザインズはその代表格で、コットン60%、ナイロン40%で織られた生地のことを指します。

濡れることでコットンが膨張して雨を防ぎ、さらにナイロンの撥水性がそれを助けてくれるという昔ながらのハイブリッド素材です。

一方で、このGUのマウンテンパーカーはロクヨンクロスのほぼ逆で、コットンが約40%、ナイロンが約60%の言わば「ヨンロククロス」となっています。

ロクヨンクロスであれば防風、防水透湿性に優れているのが特徴ですが、さて逆のヨンロククロスはどうでしょう!?

撮影日、ちょうどよく小雨が降っているテスト日和のキャンプだったので、実際に着て感じたことをまとめてみました。

焚き火まわりで大活躍!


コットンがある程度織り込まれているので、焚き火周りでの着用も安心なレベルでした。焚き火中に火の粉が当たっても、そのままポロっと落ちていく様子を何度も確認。多少湿度の高い日だったのでその効果もあったと思います。

難燃素材のウエアはちょっと高くて手が出ないけど、服は焦がしたくない……なんて方もこれなら遠慮なく焚き火の時に着ることができるはず。

もちろんオールコットンや難燃特化ウエアほどの威力はありませんので、そのあたりは差し引いて考える必要があります。

雨に強いわけではない


ロクヨンクロスと比べて防水性はどうなのか確かめてみました。結果は、ナイロンの比率が多いので水を少し弾くくらい。

強い雨のときはそれなりに濡れそうではありますが、コットンのように濡れてズッシリ重くなったり、裏地まですぐに浸透してくるということはなさそう。普段使いなら十分許容範囲内といえるでしょう。

強度があり、アジも期待できそう


生地にハードシェルのような厚みがあるので汚れることが前提のキャンプにはもってこい!

ナイロンとの混紡なので引き裂き強度もあり、化繊と比べて味が出るのでガシガシ着込んで育ててみるのもいいでしょう。

さらに安く手に入れたいなら……

もともとリーズナブルなGUのアイテムを、さらに安くゲットする方法があるのをご存知ですか?


チラシをこまめにチェック

じつはGU公式サイトには「チラシ」があり、お買い得品がわかりやすく掲載されているんです。(チラシ掲載がない時期もあります)

おもに週末に更新されているのでこまめにチェックして、お目当のものを賢く安く手に入れちゃいましょう!

GU公式サイトはこちら

アプリ会員になる

GUのアプリ会員になるとセール期間外でも会員特別価格で購入できる商品があったり、ポイントを貯めて値引きクーポンに変えられたりと、ダウンロードしておけば間違いなくお得です。

もちろんアプリは無料で入手できて、オンラインストアも使用できるので、これはダウンロードしない手はありません!

App Storeはこちら
Google Playはこちら

売り切れる前にゲットしよう!

178cm 70kg 男性着用時
GUのマウンテンパーカーはリーズナブルな上に着まわしやすいので発売するとすぐ売り切れてしまいます。公式オンラインショップでも色、サイズによってはすでに手に入りにくくなっているので、気になる方は即チェックを!

カラー展開も黒、ネイビー、グレーといった定番色が揃っているので、これからの季節、街着としても活躍してくれそうですよ!

GU「アウンテンパーカ」オンラインストアでの購入はこちら

大手3社インナーダウン比較!

モンベル、無印良品、ユニクロの3社でインナーダウンを比較した人気記事はこちら!

Let’s get the mountain parka by GU right now!

GUのマウンパを今すぐ手に入れよう!



 

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
山田昭一

ファッション、アウトドア業界での経験を生かし、フリー転身後はライター業やブランドディレクション、PRに携わる。休日はキャンプを中心に釣りやサーフィンを楽しむなど本格的なアウトドアに傾倒。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!