ノースフェイス×ゴアテックスで3万円なり!「クライムライトジャケット」を実着レビュー

2019/04/10 更新

ノースフェイスの代表作とも言われる「クライムライトジャケット」をご存知でしょうか?ハイスペックでありながら、お手頃な価格設定と使いやすいデザインが人気の一着です。今回は、本製品を購入した筆者がこの機会にレビューしたいと思います!


記事中画像:編集部

ノースフェイス「クライムライトジャケット」知ってる?

出典:GOLDWIN BLOG
ノースフェイスの「クライムライトジャケット」をご存知でしょうか?

ハイスペックでありながら3万円(税別)と、ノースフェイスとしてはお手頃な価格設定。そして、シンプルなデザインと豊富なカラー展開で男女問わず人気が高く、ノースフェイスの代表作とも言われています。
そんなクライムライトジャケットを購入しちゃいました!

キャンプを始めたばかりの頃、とりあえず適当に買ったレインウェアに物足りなさを感じていたこの頃。元々存在は知っていましたが、少し前にベテランキャンパーさんに勧められたのもあり、決心しました。

そこで今回は、クライムライトジャケットを詳しくご紹介していきます!

クライムライトジャケットのここが◎

タウンユースしやすいデザイン

出典:Instagram by @tnf_lbreath_kichijoji
すっきりとした細身のシルエットと、アウトドアだけではなくタウンユースもしやすい汎用性の高いデザインは筆者も購入を決めた大きな理由の1つ!

今回は個人的に好きな色でもあるレッドを選びましたが、写真のオレンジも発色が良く購入直前まで悩みました……。

雨でもばっちり!高い防水性


クライムライトジャケットは「GORE マイクログリッドバッカーテクノロジー」を使用、高強度ながら蒸れにくいのが特徴です。裏地の滑りもいいので、インナーにフリースを着用していてもストレスなく羽織ることができます!

独特のコシと張りのある生地も◎。何度か通り雨に降られましたが、クライムライトジャケットのおかげで全く濡れませんでした。

フィッティングを高める細かい機能が充実!

袖口にはベルクロ付き。ぴったりフィットする場所で微調節できるので、雨が入り込んでくるのを防げます。寒いときには閉じて、暑いときには開けて、体温調節も思いのまま。
裾のドローコードを引けば腰まわりが絞られ、冷気の侵入をシャットアウト。キャンプや登山などで強風に煽られそうな時も、バタつきを軽減してくれます。
フードと首元にもドローコード付き。天候や気温に合わせて、フードをかぶった状態でも視界を確保しながら、最適なフィット感が得られます。

収納サイズが超コンパクト!

付属のスタッフサックに収納して、スマホと比較してみた写真がこちら。とてもコンパクトになるだけでなく、重量約270gと軽量なのも嬉しい!

カバンに入れておけばちょっと肌寒いときにサッと羽織れます。寒いときに何度助けられたことか……。風を受けないだけで、とても暖かくなるんですよね。

気になるサイズ感は?

前述したようにサイズ感はやや細め。

筆者は身長163cmなのですが、インナーにフリースを着た状態でクライムライトジャケットのSサイズを着用すると、ジャストフィットという感じです。
腕回りもスッキリしていて、ダボつくことはありません。強風でバタついたり、動きが損なわれることのないよう、無駄のないスッキリしたシルエットに作られています。
後ろ身頃は長めなので、かがんだ時でも腰をカバーしていてくれるのは嬉しいですね!アクティブに動くアウトドアでの着用を想定したウェアなだけあって、細かいところまで考えられています。

それでは次から、購入を検討している方にとって重要な購入情報などをチェック!

人気カラーは売り切れ必至!

出典:楽天
カラー展開が豊富なのも、クライムライトジャケットの大きな特徴。定番カラーとは別に、年に4回新色が発売されます。人気のカラーはサイズが欠けていたり、既に完売してしまっているものも! ピンときた色があったら、早めの購入が良さそうです。

どこで買えるの?

出典:GOLDWIN
クライムライトジャケットは、ノースフェイス取扱店のほか、楽天やAmazonなどでも購入できます。先ほどもお伝えしましたが、人気色はすぐに売り切れてしまうことも多いので、見つけたら即決が吉です!
ITEM
クライムライトジャケット M's
●サイズ:S,M,L,XL,XXL
●重量:約270g(Lサイズ)
ITEM
クライムライトジャケット W's
●サイズ:S,M,L,XL
●重量:260g(Mサイズ)

やっぱりタウンユースで人気!

「コズミックブルー」は、落ち着いた紺色が印象的。インナーや小物は色味を遊んでも◎。カジュアルでも、きれいめでも着られるのでおすすめですよ!
キャップとの相性もバツグン。定番色で人気の高い「グレープリーフ」は、サッと羽織れてどんなコーディネートにもなじんでくれます。
落ち着いた色でまとめたコーディネートは、大人っぽい雰囲気。ベージュ系は色によって老けて見えてしまうものもありますが、こちらの「ツイルベージュ」は絶妙な色味で◎。一気に春らしくなります!

クライムライトジャケット、着てみない?

出典:GOLDWIN BLOG
ノースフェイスを代表すると言われるだけあって、ハイスペックながら手の届きやすい価格帯のクライムライトジャケット。一度袖を通してみたら、きっとその魅力を体感していただけると思います。

レインジャケットを探している方、タウンユースもできるスタイリッシュなジャケットが欲しい方、候補のひとつに加えてみてはいかがでしょう?

いろんなシーンで使えるウェアはこちら!


Let’s try on Climb Light Jacket

クライムライトジャケット、着てみて!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Akiko

キャンプ、川、車、料理、ビールが大好き!な2児の母です。アウトドア好き旦那、釣り好き息子、冬でも泳ぎたい娘とファミリーキャンプを楽しみながら、キャンピングカー購入を計画中!

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!