今買うべきアウターは、断然コレ!コンパクトに携行できる7つの最新「パッカブルアウター」

2019/03/20 更新

【春のキャンプ&旅行に必携!】朝晩急に冷え込むこともある春のキャンプや旅行。持ち運び楽々のパッカブルアウターが1着あれば安心ですよね。カジュアルなタイプからスタイリッシュなコートタイプまで7つのおすすめをピックアップしました!


アイキャッチ画像出典:Victoria

今どきのパッカブルは、コートだってミニマムに進化中!

出典:楽天
まだまだ朝晩急に冷え込む春先からG.Wにかけてのシーズン。特に、キャンプや旅行など荷物を増やしたくないシーンでは、コンパクトに収納できるパッカブルアウターが1着あると便利!

出典:BAYCREW’S
そこで今、注目したい7着をピックアップ。急な雨にも対応できるように撥水機能は当たり前! 中には、1着でショート丈からロング丈へと変身可能な3WAYモデルもあったりと、機能もデザインもますます進化中です。

タウンユースとしても大本命なパッカブルアウターを見ていきましょう。

ヘビロテ必至!個性豊かな7つのパッカブルアウター

ワイルドシングス×ビームス「別注 Pliantex モーション ジャケット」

出典:BEAMS
軽くてタフなギアを追求するアウトドアブランド「WILD THINGS」と常に斬新なセレクトが魅力の「BEAMS」とのミラクルなコラボが生んだ一着。

タウンユースでも目を引くデザインのこのジャケット、パッカブルなのだから驚きです。
出典:BEAMS
ルックスの魅力もさることながら、最大の特徴は高機能素材「Pilantex(プライアンテックス)」。ストレッチ性があるのに優れた防風性・撥水性・耐水性を兼ね備えています。

シワになりにくくしなやかな素材感は、全体のゆるいシルエットともマッチ! おまけにセットアップで着られるパンツも別売りされており、コーディネートのバリエーションが広がります。
出典:BEAMS
パッカブル用付属ポーチの「WILD THINGS」ロゴは、アウトドアクオリティの証です。キャンプでもストリートスタイルのオシャレを諦めたくない人におすすめ。

公式オンラインストアはこちら

キャプテンサンシャイン×シェラデザインFor JS 「トリプルコラボ ANORAK」

出典:BAYCREW’S
日本製の生地と縫製にこだわるウェアブランド「KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)」、マウンテンパーカーでおなじみ「SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)」、そして旬なセレクトが光る「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」のトリプルコラボから、3WAYのパッカブルアウターが登場!
出典:BAYCREW’S
特筆すべきは、やはりロングアノラック・ショートアノラック・パッカブルの3WAYで使える点。ロング丈とショート丈では大きく印象が異なるので、1着で使用シーンのみならずコーデの幅もグッと広がります。
出典:BAYCREW’S
また、ハリとしなやかさを両立し、優れた形態回復性を持つ高機能素材「SOLOTEX(R)」を採用。シワになりにくく快適な着心地を実現しています。付属のパッカブルポーチがサコッシュなのもオシャレかつ携行に便利。

公式オンラインストアはこちら

ザ・ノース・フェイス「ロールパックジャーニーズコート」

出典:楽天
こちらは、ザ・ノース・フェイスからのラインナップ。ナイロン素材特有のテカリを、後染め&ビンテージ加工で払拭。パッカブルアウターには不可避の”シワ感”が生かされた、マットで味のある風合いの生地が魅力です。
出典:楽天
ステンカラーに着脱可能なフードを備え、シーンに合わせて2通りの使い方が可能。また、袖口にもスナップボタンがついて、冷たい空気の侵入を防いでくれます。
出典:Victoria
収納ケースは付いておらず、コートを巻き込んで収納するロールパック仕様を採用。腰回りまでカバーするコート丈のアウターが入っているとは思えない、感動のミニマムさですね。
ITEM
ザ・ノース・フェイス ロールパックジャーニーズコート
●素材 : NORTHTECH Vintage Cloth(ナイロン100%)
●重量 : 425g(Lサイズ)
●サイズ寸法(実寸/cm):
<S>着丈86、身幅55、肩幅42、袖丈62
<M>着丈89、身幅57、肩幅43、袖丈64
<L>着丈92、身幅59、肩幅45、袖丈66
<XL>着丈95、身幅61、肩幅46、袖丈68
●原産国 : 中国



エーグル「MTDステンカラーコート」

出典:AIGLE
フランス発ブランド「AIGLE(エーグル)」らしい洗練されたデザインは、普段の通勤時にも活躍するマルチなアイテム。スーツの上からの着用を想定し、サイズもややゆったり目な作りに。

出典:AIGLE
スタイリッシュな見た目ながら、2.5層の透湿防水素材を採用しており、雨の日も蒸れずに快適な着心地に。着脱可能なフードがさらに使用シーンを広げます。
出典:AIGLE
パッカブル用の付属ポーチは、AIGLEの折りたためるレイン商品シリーズ「RAIN PACK」のロゴがアクセントに。ディティールへのこだわりはさすがのAIGLEクオリティですね。
ITEM
エーグル MTDステンカラーコート
●素材:ナイロン100%
サイズ:L、M、XL
●原産国:ベトナム

ディッキーズ「SOLOTEX(R)メモリーストレッチポケッタブルステンカラーコート」

出典:Dickies
こちらなんと膝上ロング丈のパッカブルアウター。一気にモード感がUPしますね。身頃一体型の構造とシワになりにくい素材で小さく畳める仕様を実現しているんです。
出典:Dickies
しかもモードなルックスとは裏腹に、滑らかな肌触り・優れた形態回復性・軽快なストレッチ性を持つハイスペック素材「STOREX(R)」を採用。シワになりにくいうえに心地良い肌触りまで両立した、パッカブルアウターの常識を覆す一着なんです。
出典:Dickies
さらに、サイドポケットを折り返して収納するシステムだから付属の袋を無くす心配もありません。旅先でもモードなスタイルにこだわりたい人には必携の1着です。

公式オンラインストアはこちら

カリマー「トランジットジャケット」

出典:karrimor
最後にご紹介するアイテムは、アウトドアブランド「karrimor(カリマー)」からのラインナップ。撥水性に優れているのにコットンライクで優しい素材感が特徴の「Taslan Nylon」を採用したトラベルコートです。
出典:karrimor
襟の内側に収納できるフードや、保温性を高めるフラップ付きのフロントジッパーなど、細部まで効率的な作りに、アウトドアブランドとしての矜持が感じられます。
出典:karrimor
そしてこのジャケット最大の特徴は「インナーガジェットポケット」! ジャケット裏側のポケット内部に小物を入れたままコートも収納でき、そのままポーチとして使える2WAYシステムなんです。収納するたびにポケットの小物を出す煩わしさから解放してくれる画期的なアイテムです。
ITEM
カリマー トランジットジャケット
●サイズ:M,L
●重量:550g
●素材:<表地>Taslan Nylon(Nylon 100%)
<裏地>Nylon Taffeta(Nylon 100%)

イエティ「アノラックライトフーディー」

出典:YETI
続いて、ハーフジップのレトロシルエットが特徴のアノラック。極薄ながら、高性能ナイロンの表地に超軽量ラミネートを施した3レイヤー素材を採用。
出典:YETI
耐水圧20000mgという大雨レベルでも安心のスペックに加え、透湿性も65000g/mg2と、梅雨や夏場の湿度の高い時期でも快適に過ごせる秀逸なアイテムです。
出典:YETI
フロントポケットに入れ込むように収納できる仕様は、袋を無くす心配がなく実によく配慮されています。<ブラック><ライトブルー><ロイヤルブルー><サックス>の鮮やかなカラー展開も魅力です。

公式オンラインショップはこちら

進化するパッカブルアウターをメインアウターに!

出典:BAYCREW’S
シワになりにくくタウンユースにも映える素材感など、高機能素材によりその限界を凌駕する”今どき”パッカブルアウターたち。アウトドア用・旅行用など使用シーンを限定するのはもはやナンセンス。春のメインアウターとなるアイテムを手に入れて、とことん使いこなしてくださいね!

ゴールデンウイークまでに備えておきたい

ファッションアイテム以外にも旅行に使えるキャンプ道具がありました。
The latest packable outer‘s possible to use as the main outer ! 
最新パッカブルアウターはメインアウターとして使える!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学2年長男、中3次男、小6長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。夫婦でトレラン目指しトレーニング中! Instagramアカウント:@dimikoyamada

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!