CAMP HACK[キャンプハック]


『俺も二股しちゃった…』いまキャンパーたちに”二又ブーム”がきている!?

1


「二又化」=「デッドスペース解消で自由度アップ!」

カンガルースタイルもしやすく!

カンガルースタイル
出典:Instagram by @free_daru
構造上やむを得ない位置にメインポールがあると、シェルターにテントを入れる「カンガルースタイル」ができません。またコットなど長いギアが置けないといった支障が生まれることも。

そこでウォールに沿った二又ポールにすることで室内が広くなり、レイアウトの自由度が上がります。

動線スムーズかつ収容人数アップ!

ワンポールテント
出典:instagram by @ayu_outdoor
ツーポールシェルターに限らず、ワンポールテントでも同じこと。この写真をご覧ください。ワンポールテント愛用者ならこのテントの画像を見て最初は不自然に思うかもしれませんね。

センターポールが無いことで動線がスムーズになったり、就寝スペースも増えて利用できる人数まで変わってくるんです!

そんな何とも魅力的な二又化、まずは手軽にできる市販アイテムからご紹介します。

手軽に快適度アップ!魅惑の二又化アイテム

その1:DOD 「フタマタノキワミ」「フタマタノサソイ」

DOD 「フタマタノキワミ」「フタマタノサソイ」
出典:DOD
こちらはワンポールテントを二又化して、内部を広く使うためのジョイントパーツ。脚部付きで、同ブランドの「ビッグワンポールテント」の設営も同時にできるという便利なアイテムです。

DOD フタマタノキワミ
出典:DOD
これを使えばセンターポールが無くなり、広々空間に! 小さなワンポールも大きなワンポールも最大限にスペースを活用できるようになります。
DOD フタマタノキワミ
出典:DOD
視界を遮らないので、このように大人数でも閉塞感がありません。
DOD フタマタノキワミ
出典:Instagram by @moa_land
組み立ては、計12本のポール(50cm刻み)を継ぎ足していきます。長さを段階的に調整ができるので、他社メーカーのワンポールテント・シェルターにも使えますよ。

DOD フタマタノキワミ

●サイズ:(約)W378.5×D8×H3.5cm(最長時)*
●収納時サイズ:(約)W58×D17×H9cm
● 重量(付属品含む):(約)3.5kg
● 材質:本体頭部/スチール、ポール/アルミ合金



ちなみにこの継ぎ足しポールは、DODの「ビッグタープポール」と同規格。そちらをお持ちの方は、ジョイントパーツ「フタマタノサソイ」さえあれば、手軽に二又化できます!

DOD フタマタノサソイ

●サイズ:(約)W78.5×D8×H3.5cm(最長時)
●収納時サイズ:(約)W54×D8×H3.5cm
●重量:(約)1.0kg
●材質:スチール


その2:ogawa 「ツインピルツフォーク用 二又フレーム」

ogawaツインピルツフォークTC 大型ツーポールシェルターの代表格であるogawaの「ツインピルツフォークTC」。こちらにも二又用フレームが用意されています。

このタイプのシェルターを使いこなすには、ハーフインナーを付けるなど両サイドのスペース活用がポイントなのですが、それにはポールがちょっと邪魔になってしまうことも……。

ogawaツインピルツフォークTC
出典:instagram by @wasshi_119
そこで、二又化です! すこしわかりづらいですが、写真を見るとポールがあったら配置できない箇所にキッチンがすっぽりと収まっています。ポールが無いことでテーブルとの行き来もスムーズにできそうですね。

ogawa ツインピルツ用 二又フレーム

ogawa ツインピルツ用 二又フレーム
出典:ogawa
●重量:約1.6kg
●素材:アルミ合金Φ22mm
詳しくはこちら

ここまでご紹介した市販品は、トータルで13,000~15,000円ほどのお値段がかかります。そこで、極力お金をかけずに二又化をする自作方法もあるんです!

関連記事