やってみたかった!初めて体験するこの時期ならではのキャンプへ【YURIEの”ゆるっと”バンライフ#3】

2019/04/24 更新

@yuriexx67で知られるインスタグラマーのYURIEさんが今もっともハマってるのが「バンライフ」。キャンプや車中泊をしながら、愛車のバン「サンシー号」で気の向くままに旅します。連載第3回は、意外にも人生初という雪中キャンプのお話。この時期ならではの遊び方も必見です!


実は初めて!この時期しかできないキャンプへGO!


みなさん、冬をエンジョイしていますか? YURIEのゆるっとバンライフ第3回目です。

先日に、この時期ならではのキャンプをしてきました。実はわたし、雪中キャンプは初めてなんです。随分と前からやってみたいなと思っていたので、念願の夢が叶いました。

それでは、レッツゴー!!

まずは定番の寄り道


今回の行き先は、群馬県沼田市の郊外にある『星の降る森』(オートキャンプ場)。関越道・沼田ICから15分ほどで着きます。

高速を降りてしばらく走ると、さっそく雪道が。都会では味わえない景色に、ウキウキします。


“ゆるっとバンライフ”定番の寄り道。今回寄ったのは『道の駅 川場田園プラザ』です。実はここ、某情報サイトで「家族で1日楽しめる道の駅東日本第1位」に選ばれてたんだとか。




“1日中遊べる”が謳い文句だけあって、施設内はとても広大。陶芸体験なんかもできるみたいですよ。

凍った池と背景にある雪化粧した山々がきれい!


ジャーン! お目当ての飲むヨーグルトです。

道の駅の中のミルク工房で作っているので新鮮。濃厚でとっても美味しかったですよ。

目的地のキャンプ場に到着


さぁ、満足したところで目的地に向かって出発です。看板が見えてきました。


到着です。まずは受付棟でチェックイン。スタッフの方が親切に対応してくれます。


受付を済ませ、サイトへと移動。一面、雪景色でテンションが上がります。天気もばっちり!


よし、ここに決めた!オートキャンプなので、楽チンです。

あと、区画ロープがないのは嬉しいポイント。景観を損ねることがないので、写真撮影がはかどります。

雪中キャンプの設営のポイント


ペグをしっかり打ち込むために、テントを張る場所の地面を踏み固めていきます。鼻歌を口ずさみながら、楽しくね。


ペグは、TRIWONDERのU字型アルミニウム合金製のもの。ヘッド部分をテントの外側に向け、地面から45度の角度に打ち込めばOK。

地面が柔らかすぎる場合は、ロープを穴に通して写真のように地面に置くようにして(地面と平行にして)埋めます。丸みを帯びている面を下にするとしっかりと地中で固定されるんです。


一緒に雪中キャンプをする仲間は、園芸用プレートペグを使用しています。

返しがついているので、しっかりと雪地に突き刺さり抜けに仕様に。価格もリーズナブル! ホームセンターなどで入手可能です。




設営完了。わたしはお馴染みのペポを張りました。

やっぱりこの形好き! 雪にも合うなぁ……とっても可愛い。


雪の中にビールを埋めて、天然のクーラーボックスに。キンキンに冷えますね(冬なので冷やし過ぎに注意)!

友人と一緒に雪のリビング作り!


テント設営が終わったら、雪でリビングを作ります。スコップと防寒用の手袋でサークルを作り、ベンチにします。ロウソクを入れるための小さい穴も、いっぱい掘ります。

6人がかりで作ったので、大体1時間くらいで完成しました。おとなの本気の雪あそび、楽しい! ロウソクをセッティングして、真ん中に焚き火を用意します。あとは日が落ちるのを待つだけ。


パンパカパーン!

雪のリビングでパーティー開始です。関東とは思えないシチュエーションに大興奮。


雪の壁が風除けになるので、あまり寒くありません。雪の中での焚き火、なんて幻想的なんでしょう。

でも楽しい時間はあっという間、就寝の時間です。


星もきれいに見えました。さすが星の降る森、名前負けしていません。何だか星が近くに見えるような気がします。

あっという間に翌朝


おはようございます! 二日目も快晴で最高の目覚めです。

そういえば昨日の夜、ホーホーと鳴き声が聞こえました。フクロウがいるのかな?


サンシー号が凍っています。寒そう……。ゆるっとバンライフならぬブルっとバンライフ(笑)。

サンシー号が風邪を引かないことを祈りながら、朝食を準備します。


朝食は鍋です。

野菜たっぷりで、とってもヘルシー。芯から身体が温まります。


朝食を食べたら撤収開始。せっせと荷物を車に積み込みます。

さすがに朝は冷え込むので、頭もしっかりと防寒。キャップは“エベレストデザイン”のもの。ネパールにてハンドメイドで編まれているニットで、耳までとっても暖かいし、可愛いからお気に入り。

帰りは行きつけのお店に寄り道


名残惜しいですが、キャンプ場をあとにします。帰宅前に、最後の寄り道。


帰りに寄ったのは、焼肉レストラン『あおぞら』。キャンプ仲間の行きつけのお店で、ここで昼食をとって解散します。


雪をいっぱい掘って疲れた身体にスタミナチャージ。上州牛はもちろんのこと、タレも抜群に美味しい! ペロっと平らげちゃいます。雪中キャンプからの焼肉、堪りません。今回も最高のバンライフになりました。

また次回をお楽しみに!!

~第4回に続く~


YURIEさんの過去連載はこちら!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YURIE

大好きな自然と触れ合うためアウトドア×遊び=ソトアソビを中心にアクティブに過ごす。キャンプや登山などの他、DIYアイテムや女子旅、料理、オススメ雑貨の写真をInstagram @yuriexx67で発信中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!