テントは6色からセレクト可能!斬新すぎるNEWブランド「カーステン」が上陸【アウトドア通信.344】

2019/03/20 更新

オランダから全く新しいテントブランドがやってきました。その名も「Karsten(カーステン)」。一瞬で目を奪われる個性的な見た目はもちろんのこと、室内のデザインにも仕掛けが盛りだくさん!今のうちに知っておきたい新規参入ブランドを要チェック。


今までにない拡張性に目が釘付け!カーステンが日本上陸

オランダで創業され40年間オーガニックテントにこだわり続けているテントブランド「Karsten(カーステン)」が日本にやってきました。

一瞬で目を奪われるデザインはもちろんのこと、知れば知るほど個性的な機能は必見!

テントとしては珍しい6色のカラー展開に、とんでもない拡張性と、どこをとっても物珍しいスペック揃い。そんな個性を持ちながらも、簡単設営を叶えてくれるユーザーファーストな点も見逃せません。

キャンプ場で強烈な個性を発揮してくれること間違いなしな、カーステンをチェックしましょう!

見た目だけじゃない!カーステンテント3つの特徴

①職人による技が光る!すべてハンドメイドで生産

カーステンは、すべてハンドメイド製! オランダでは、消防や救命活動でも使用されており、その品質は折り紙付きです。

テントの生地には、同じくオランダで300年の歴史を誇るTEN CATE社の最高級オーガニックコットンを採用しており、常設のグランピングテントとして活用できるよう開発されています。

②エアー式で簡単設営ができる!

出典:Karsten Japan
コットン素材と聞くと重量があり、設営に力が必要なイメージがありますよね。

しかしカーステンは、そんなコットン素材のデメリットをエアー注入式のフレームを採用することにより解消! 空気を入れると自然と立ち上がる構造になっているため、設営時に必要な力を最小限に抑えてくれます。

③拡張オプションのラインナップが凄い

出典:Karsten Japan
さらに個性をより際立たせるのが拡張性の高さ! テントに付いているジッパーにオプションパーツを設置すれば、テント同士を連結することもお手の物。

出典:Karsten Japan
さらにカーステンのドーム型テントに、ジッパーでオプションパーツを付けると……
出典:Karsten Japan
あっという間に2ルームテント化できたりと、人数やスタイルに合わせてテントを変身させることが可能です!

出典:Karsten Japan
このユニークな仕掛けに遊び心が刺激されますね。加えて、張り感のあるデザインも気になるところ。そんなカーステンのテントを一部ご紹介します。

自由に選べるサイズ展開!ドーム型「Karsten Air tent」シリーズ

出典:Karsten Japan
まずは、ドーム型「Karsten Air tent」シリーズから見ていきましょう。

「Karsten Air tent」シリーズは、正方形の一辺の幅220~380cmの間で人数に合わせてサイズを選択することができます。
出典:Karsten Japan
さらに各サイズごとに、上記6つのカラーからお好きなものをチョイスできます。一般的にあまり見かけないパステル調のカラーもラインナップされており、キャンプサイトを彩ってくれますよ。

テントの生地は、オーガニックの染料で染められており、長年使用していても退色しにくいというこだわりの品質です。
出典:Karsten Japan
エアーフレーム部分は、自動車に使用されるチューブと同様のものを採用。フレームの表面には、釘も差し込めないような丈夫な糸で加工を施しており強度も確保されています。

タフなスペックを兼ね備えながら、約10秒で空気を抜くことができ撤収もあっという間!

そんな初心者にとって魅力的なスペックがそろい踏みのカーステン。じつはお値段もハイスペックなんです……。

お値段は、一番小さい220×220cmモデルで206,900円(税込)! 高価ではありますが、その分品質も良いので、キャンプ場で被り知らずなテントとして導入を検討してみてはいかがでしょう。

「Karsten Air tent」シリーズのテント一覧はこちら

トンネル型の超大型テント「Karsten Lacerta」

出典:Karsten Japan
カーステンには、トンネル型テントも多くラインナップしています。その中でも大型な「Karsten Lacerta」はフロア一体型のモデルで、使用サイズ730 x 325 x 220cmとグランピングスタイルを楽しむのにも最適なサイズです。
出典:Karsten Japan
リビングスペースには、両サイドに大きな窓が配置されており、採光・通気にも優れています。

出典:Karsten Japan
さらにカーステンならではの別売りオプションアイテムを購入すると……

出典:Karsten Japan
このような小物収納ウォールも設置することも! まるでテント内にいることを忘れてしまいそうな装飾ですね。

出典:Karsten Japan
こちらもお値段461,000円(税込)と値は張りますが、他にはない存在感を手に入れることができますよ!

「Karsten Tunnel Tent」シリーズのテント一覧はこちら

見ているだけでもワクワクできる、そんなアイディアが光るカーステンのテント。4月は各所イベントにも出店予定と、実物にお目にかかれる機会もあるそうです。公式サイトをチェックして、最新の情報をチェックしてくださいね。

カーステン公式サイトはこちら
公式Instagramはこちら
CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!