パラコードの編み方!ナイフのギアなどスリング以外にも活用

CAMP HACK×DIYer(s)連携記事企画!ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で紹介されたDIY方法をCAMP HACKでご紹介します。今回は、パラコードの平編みを用いて簡単なギアのラッピングに挑戦してみよう!


パラコードの編み方!ナイフのギアなどスリング以外にも活用

パラコードは丈夫で摩擦や水などに強く、クッション性もあるので、ナイフなどのギアのグリップに最適。きちんと握れて滑らないので、ギアの使い勝手がアップします。

いざという時は、ほどけばロープとしても使える優れたサバイバルツールに変身! 試さない手はありません。

ここでは、パラコードの基本「平編み」を用いて、SURVIVAL LIFEより簡単なギアのラッピング方法をご紹介します。

用意するものは、パラコードの他にハサミとライターだけ!
パラコードの真ん中にスタート地点を合わせます。
左側のコードを右側に持ってきて、右側のコードの下に通します。
右側のコードをナイフの下を通して左側へ。
左側のコードのスタート地点より上に出します。
右側にあるコードを左側に持ってきて…
左側のコードの下に通します。左側のコードはナイフの下を通して右側へ。
輪になっている右側のコードの中を通し、上に出します。
引っ張ると、こうなります。
最初と同様に、左側のコードを右側に持ってきて、右側のコードの下に通します。右側のコードをナイフの下を通して左側へ。左側の輪になっているコードの中を通し、上に出してギュッと締めます。
ここまでの動作を繰り返します。

▼平編みの動画はこちらから
最後は、ちょうど良いところで穴に通し、
もう片方も同じ方向から通します。
最後は手首を通すのにちょうどいい長さで結び、ほつれないよう端っこをライターで熱処理します。
完成!
シェラカップやクッカーの持ち手、ハンマーのハンドルなど、いろいろ応用できますよ!

【DIYer(s)おすすめ関連記事】
「縫わない&金具不使用で簡単!レザーグリップをDIY」
「パラコードでバッグのハンドルをラップするDIY術!」
「初心者でも失敗なし!パラコードを使ったキーホルダーの編み方」DIYer(s)はこちら

DIYer(s)

Do it Yourself (DIY)の精神を通して、DIYライフクリエイターが、未来の暮らしの知恵を発信し共有するプラットフォームです。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!