CAMP HACK[キャンプハック]


ランタンスタンドペグ……?DODの個性派ギア「チンアナゴペグ」はかなり使えるヤツだ!

0


「チンアナゴペグ」のここがいい!

一本脚のスタンドならつまづく心配なし!

チンアナゴペグとキャンプサイト
出典:DOD
一般的なランタンスタンドは三本脚が多いですが、足をひっかけて倒してしまわないか気を遣いますよね。また、実際に倒したことがある方もいるのでは?

一本脚のスタンドなら、そういったつまづいて倒してしまう、といった心配がありません。また、テントサイトをすっきりシンプルにしたい方にはうってつけのアイテムと言えるでしょう。

安定感を高めるペグ

チンアナゴペグを打ち込む男性
出典:DOD
ペグ部分は直径1cm以上のスチール製。スチールは重さがあり、強度も高いことがメリットです。ハンマーで打ち込んでも簡単には曲がりません。

そして、長さはペグ部分だけで40cmの長さがあります。40cmというと、タープのメインペグとして十分な長さ。深くまで打ち込んで、安定性を高めましょう!

ランタンハンガー付属!

チンアナゴペグ ランタンハンガー
出典:DOD
チンアナゴペグには、ランタンハンガーが付属! ポールは直径15〜28mmのものが取り付け可能なので、自分の持っているポールをそのまま使うことができます。

最近はアウトドアショップなどでも、ポールのカラーバリエーションが豊富に揃えていることもありますから、自分のサイトに合った色を選択することができますね。

※チンアナゴペグにポールは付属していません。

DOD(ディーオーディー) チンアナゴペグ

●材質:スチール
●サイズ:(約)W8×D3.5×H60cm ※ペグのみ
●重量(付属品含む):(約)960g
●付属品:ランタンハンガー、キャリーバッグ カラーブラック


要チェック!使用上の注意点が2つ

さて、これまではチンアナゴペグの魅力を紹介してきました。筆者としては、「目立たないけれどお役立ちが過ぎるアイテム」という認識です。しかし、注意すべき点がいくつかありますので、チェックしていきましょう!

1㎏以上もしくは燃料を使用するランタンは要注意!

ガスランタン
出典:PIXTA
チンアナゴペグは、もともと燃料を使わない電池式のランタンでの使用を想定しています。1㎏以上もしくは燃料を使用するランタンはDODの「ビッグタープポール」使用する必要があります。

先ほど直径15mmからのポールが取り付けられるとお伝えしましたが、15mmだとやや細く、燃料を使うランタンや重たいランタンは頼りなく感じます。ビッグタープポールは直径28mmなので、ジャストフィット。ポールも太く、安定感があります。

燃料を使うランタンというのは、ガソリン、ガス、灯油など液体燃料です。名品、コールマンのクアッドLEDランタンも1kg以上なので、その場合はビッグタープポールを使いましょう。

DOD(ディーオーディー) ビッグタープポール

●材質:アルミ合金
●サイズ:(約)直径28×長さ2540mm(最長)
●収納サイズ:(約)W580×D140×H30mm
●重量(付属品含む):(約)990g
●付属品:キャリーバッグ、取扱説明書


硬い地面で使用する際は要注意!パーツが取れるかも……

チンアナゴペグ
出典:DOD
おそらくここが一番のネック。硬い地面に打ち込む際に、ポールを締め付けるナットの溶接が取れてしまうことがあるようです。デメリットではありますが、ネジを外してからペグを打ち込むことで解決しましょう!

【応用編】チンアナゴペグの使い方は他にも!

物干しスペースが作れる

チンアナゴペグで物干し
出典:Instagram by @achu_21
チンアナゴペグを二本用意し、ロープで橋渡しをすれば物干しスペースとして確保が可能です。衣服を干したり、食器を入れたドライハンガーを引っかけたり。用途の幅が広いですね。

タープ設営時の補助になる!

タープの設営
出典:PIXTA
一人でタープを設営するとき、ちょっとラクをさせてくれるのがチンアナゴペグ。例えば一般的なヘキサタープをする際、チンアナゴペグにメインポールを通せば、ポールが自立してくれます。あとはメインのロープをいつも通りペグ打ちするだけ。

強風時には破損の原因にもなり得ますので、設営が終わったらロープを緩めてチンアナゴペグを引き抜くといいでしょう。

チンアナゴペグは自作可能!?

自作のチンアナゴペグ 下記ブログのように、自作してしまうツワモノも! ホームセンターで手に入るアイテムを使用し、安価で、手軽に作ることができるようです。

関連記事