ぶっちゃけランキングベスト5!メーカー突撃取材【キャプテンスタッグ編】

2019/03/13 更新

失敗したくないギア選びの参考に!アウトドアメーカー「キャプテンスタッグ」の吉田さんに、正直売れている人気製品を「ぶっちゃけランキングベスト5」と題して教えてもらいました。一体人気のアイテムにはどんなポイントが?気になる人気の秘訣をまるっとお届けします。


アイキャッチ画像出典:CAPTAIN STAG 公式Facebook

「正直、これ売れてます」な人気アイテムを教えてください!

キャプテンスタッグ ランキング 商品以外の定番アイテム画像 決して安くはないキャンプギア。できれば「買って失敗した~!」は、避けたいですよね。

そこでCAMP HACKがアウトドアメーカーに突撃取材。社員の方に”正直、これ売れてます”な「ぶっちゃけランキングベスト5」を教えてもらいました。

自他ともに認める人気製品は、マストバイな神アイテムばかり!?
キャプテンスタッグのロゴアップ画像 第9回目となる今回は、圧倒的な商品数が魅力「キャプテンスタッグ」のランキングをご紹介します。ランキングを発表してくれるのは、キャプテンスタッグ株式会社アウトドア事業部の吉田さんです。

果たしてどんなランキングが飛び出すのでしょうか……!

ランキング発表者、キャプテンスタッグの吉田さんです!

キャプテンスタッグ株式会社 アウトドア事業部の吉田です。

キャプテンスタッグの好きなところは、ユーザーさんが使いやすく買いやすい商品の開発を第一に考え、型にとらわれない自由な発想で何でも商品化するところです。

それに伴って、キャプテンスタッグで揃わないものは無いと言っても過言ではないほどの商品点数も魅力の一つです。

キャプテンスタッグと言えば商品点数の多さ! 現在はキャンプだけにとどまらず、カヌーやサイクル部門もあるほど。

そんなブランドの中枢である事業部の吉田さんならではのランキングが楽しみですね。

ランキング……の前に、キャプテンスタッグってどんなブランド?

キャプテンスタッグ 初代製品画像 40年の歴史があるブランドの運営会社となるパール金属の創業者が、1975年にアメリカのバーベキュースタイルを見て衝撃を受け、「日本でも再現したい」と考えアウトドア部門「キャプテンスタッグ」を創設したのがそのはじまり。

1976年、『ジャンボバーベキューコンロA型』の発売をかわきりにブランドの大躍進が始まり、2012年にはパール金属アウトドア部門が「キャプテンスタッグ株式会社」として独立しました。
2018年新製品 CSブラックラベル シリーズ 現在は、デザインやコンセプトをシリーズ化し、幅広いキャンプスタイルを提案する動きも。

どれもリーズナブルでありながら、ユーザーのニーズをしっかり反映しファミリーキャンプをするには必要十分なスペックを誇る初心者キャンパーの強い味方です。

「ランキングベスト5」をチェックしよう!

それでは、数多くの商品を抑えて勝ち上がってきた「ランキングベスト5」をチェックしてみましょう。どれもマストバイの精鋭ですよ!

第5位「ラグナステンレスクッカーセット」

キャプテンスタッグ ラグナステンレスクッカーセット 画像1
出典:Amazon

第5位は、キャプテンスタッグの地元、金物の街で知られる「燕三条」で生産されたステンレス製のクッカーセット。洗練されたフォルムと表面の輝きには、「燕三条」の職人の“技”が詰め込まれています。

キャプテンスタッグ ラグナステンレスクッカーセット 画像2

出典:Amazon

日本初のBBQコンロを地元で生産して、世に送り出したことから始まったキャプテンスタッグ。長年培った地場産業のモノづくりの背景を物語る代表的商品と言えるかもしれません。

出典:Amazon

ファミリーキャンプで使うことが多いフライパン、鍋、ケットルがこれ一つで揃い、すべてをスタッキング可能。お求めやすい価格でコストパフォーマンスにも優れ、ビギナーからベテランキャンパーの方まで使いやすいお得なセットとなっています。

丈夫なステンレス製のファミリー用クッカーを探していて、こちらのクッカーに目が留まるユーザーも多いでしょう。

使う人数や目的に合わせて、ラインナップはMとLの2サイズ展開。その中でも、Lサイズがファミリー層に大人気だそうです。

ITEM
キャプテンスタッグ ラグナ ステンレスクッカーMセット
●サイズ・セット内容:18cm鍋×1、16cm鍋×1、フライパン20cm×1
●収納セットサイズ:約外径200×高さ130mm(本体のみ)
●重量:約1.4kg
●材質:本体・フタ・取っ手/ステンレス鋼
ITEM
キャプテンスタッグ ラグナ ステンレスクッカーLセット
●サイズ・セット内容:20cm鍋×1、16cm鍋×1、フライパン22cm×1、ケトルクッカー900ml×1、取っ手×1
●収納セットサイズ:約外径220×高さ150mm(本体のみ)
●重量:約2kg
●材質:本体・フタ・取っ手/ステンレス鋼 

第4位「CSクラシックス 木製ラック」

CSクラシックス 木製ラック 2台連結使用イメージ画像

第4位は、小物の置き場所に困りがちなキャンプサイトで役立つ木製のラックシリーズ。伸縮式で簡単に組立・収納が可能です。

CSクラシックス 木製ラック 2段階システム説明画像

出典:Amazon

さらに、置くものに合わせてワンタッチで2段階に高さ調節ができる優れものです。これは、なんとキャプテンスタッグ独自の特許技術!

他にはない少しうれしい機能が付いているのがキャプテンスタッグらしさ。アウトドアでの使用だけではなく、家の中で使用されている方も多くいらっしゃいます。

第4位はキャンプだけでなく、家でも使っているというユーザーも多い「木製ラック」。ラインナップは4段・3段・2段とあり、それぞれ幅も2種類展開されています。

その中でもシリーズ一番の売れ筋は3段タイプです。ラックを複数使ってのアレンジも楽しめる人気製品です。

ITEM
CSクラシックス 木製2段 MOVE ラック 460 
●サイズ(約):幅465×奥行300×高さLow305・Hi340mm
●収納サイズ(約):465×400×厚さ60mm
●重量(約):1.9kg
●耐荷重(約):棚板1枚10kg
●材質:構造部材:天然木(表面加工:オイルステイン)
ITEM
CSクラシックス 木製3段 MOVE ラック 460 
●サイズ(約) : 幅465×奥行300×高さLow570・Hi640mm
●収納サイズ(約) : 465×400×厚さ90mm
●重量(約) : 3.0kg
●耐荷重(約) : 棚板1枚10kg
●材質 : 構造部材:天然木(表面加工:オイルステイン)
ITEM
CSクラシックス 木製4段 MOVE ラック 460
●サイズ(約) : 幅465×奥行300×高さLow845・Hi930mm
●収納サイズ(約) : 465×400×厚さ125mm
●重量(約) : 4.0kg
●耐荷重(約) : 棚板1枚10kg
●材質 : 構造部材:天然木(表面加工:オイルステイン)

第3位「CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV」

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 使用イメージ画像
出典:CAPTAIN STAG

第3位は、大人数で使えるオクタゴン(8角形)の大型ワンポールテントです。家族全員がゆったり過ごせる広い居住空間はファミリーキャンプに最適。


丈夫なスチール製ポール1本で簡単に設営ができるので、ビギナーの方にもおすすめ。インナーテントを使わずにフライシートのみで設営すると、大型のシェルターとしても使うことができるので、デイキャンプにも最適です。

CSクラシックス オクタゴン460UV用インナーテント 使用イメージ画像

出典:CAPTAIN STAG

 また、2019年の新製品でオプションパーツ「CSクラシックス オクタゴン460UV用インナーテント」も発売しました。

寒い季節など、ワンポールテント オクタゴン460UVの大きなテント内は寒くなりがち。そこで新作のハーフサイズのインナーテントを使用することで暖かく過ごせます。

フライのみで装着すれば、テント内にリビングスペースと居住スペースを作ることができます。

7〜8人で使用できるテントがお手頃価格で手に入ると発売当初は話題に!

ワンポールで設置もラクラク。ダブルウォール仕様なのでフライのみの使用や、インナーテントのオプションパーツを使ったりと自由度の高いテントです。

ITEM
CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV
●サイズ: フライ/(約)460cm×460cm×(h)300cm、インナー/(約)450cm×420cm×(約)300cm
●パッキングサイズ:(約)74cm×23cm×23cm
●重量:(約)11.5kg
●素材: フライ/ポリエステルリップストップ210T(PU2,000mm)、インナー/(ウォール=ポリエステル185T(通気性撥水加工)、メッシュ/ポリエステルノーシームメッシュ、フロア/ポリエステルOXF210D(PU3,000mm)、 ポール/スチール(紛体塗装)
●付属品: ひさし用ポール2本、ガイドロープ(長)8本/(短)2本、ペグ18本、ハンマー1本、ポール用収納袋1枚、ペグ用収納袋1枚、キャリーバッグ1枚
ITEM
CSクラシックス オクタゴン460UV用インナーテント
●サイズ:(約)幅280×奥行210×高さ160cm
●収納サイズ:(約)65×16×16cm
●重量:(約)3kg
●材質:ウォール/ポリエステル185T(通気性撥水加工)、メッシュ/ポリエステルノーシームメッシュ、フロア/PEクロス、ポール/直径8.5・9.5mmグラスファイバー

第2位「ヘキサ ステンレス ファイアグリル」

ヘキサ ステンレス ファイアグリル 使用イメージ画像
出典:CAPTAIN STAG

第2位は、1台で焚き火・バーベキュー、ダッチオーブンが楽しめるステンレス製の焚火台「ヘキサ ステンレス ファイヤグリル」。組み立てはスタンドと本体をセットするだけなので、ネジや工具を使わず簡単にできます。

ヘキサ ステンレスファイアグリル Mサイズ 使用イメージ画像

出典:CAPTAIN STAG

折りたたんだ時のサイズが薄くコンパクトで、収納バッグも付いているので持ち運びしやすくなっています。MとLの2サイズがあり、少し小さいMサイズはソロキャンプにも使いやすい大きさです。

ヘキサ ステンレス ファイアグリル 収納画像

出典:CAPTAIN STAG

最近ヒットしている「KAMADOスマートグリルB6型」もそうですが、金属を折りたたむ商品設計は弊社の得意とするところ。

キャプテンスタッグの擁する「プロダクトデザインチーム」の商品設計力は業界でも随一であり、その蓄積が今のブランドの根幹を支えてくれています。

第2位は、六角形のフォルムが魅力のファイアグリル。現在は2人〜ソロ用にも大活躍なMサイズや、ブラックサイトにマッチするブラックカラーのグリルも出てラインナップは増加中。折りたたんでコンパクトになる姿は圧巻!

ITEM
ヘキサ ステンレスファイアグリル M
●組立サイズ(約):幅300×奥行265×高さ220mm、網サイズ(約)/285×255mm
●収納サイズ(約):幅350×奥行330×厚さ55mm
●重量(約):1.8kg
●材質:本体・底板:ステンレス鋼、バーベキュー網・目皿・スタンド:鉄(クロムめっき)
ITEM
ヘキサ ステンレス ファイアグリル L
●組立サイズ(約):幅475×奥行410×高さ300mm、焼き面積/1350平方cm(四角形とすると37cm×37cm相当の面積となります。) 、アミサイズ/455×395mm
●収納サイズ(約):570×470×厚さ60mm
●重量(約):3.8kg●
●材質:本体・底板/ステンレス鋼、バーベキュー網・目皿・スタンド/鉄(クロムめっき)
●セット内容:本体、スタンド、底板、目皿、バーベキュー網(455×395mm)、バッグ

2位までの発表が終わりました。大きいテントからクッカーまで、やはり商品点数が豊富なキャプテンスタッグのブランド力を見せつけられましたね!

魅力的なこれらの製品を抑えて、いったい1位にはどんな商品がくるのでしょうか……!?

第1位「アルミロールテーブル〈コンパクト〉」

キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル M-3713 画像1
出典:CAPTAIN STAG

第1位「アルミロールテーブル〈コンパクト〉」です! キャプテンスタッグ独自のコンパクト設計で、意匠権を取得。小さく折りたためるこのギミックが、アウトドアマンの所有欲を存分に満たしてくれます。

キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル 使用イメージ画像

トレッキングやツーリング、ソロキャンプなど様々なシーンで重宝され、複数個所有したり、普段の生活で活用されている方も多いようです。

キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル M-3713 画像3

出典:Amazon

キャプテンスタッグファンには「鹿番長のアレ」としてお馴染みの一品。文句なしに、今一番売れている商品です。発売日は2001年と古いですが、計算された商品形状は今もなお斬新さを感じます。

やはり1位はこれだったか! なんてユーザーも多いでしょう。それもそのはず、2018年Amazonで最も売れたアウトドア製品のランキングでも1位を獲得していました。

デザインのバリエーションやコラボモデルもあり、コンパクトテーブル界で最強との呼び声も。

ITEM
アルミ ロールテーブル コンパクト
●組立サイズ(約):幅400×奥行290×高さ120mm
●収納サイズ(約):70×60×長さ400mm
●重量 : (約)700g
●耐荷重 : (約)30k
●材質 : 甲板/アルミニウム(表面加工:アルマイト)、脚部/鉄(エポキシ樹脂塗装)

ちなみに!吉田さんのイチ押しアイテムは?

モンテ スクリーンツールームドームテント

雑貨風のデザインが人気の『モンテ』シリーズのテントです。ボトルやマグカップから始まったこのシリーズを、2019年はキャンプアイテムに拡充し、テントだけでなく、シュラフやファニチャーなどもラインナップに加えました。

モンテ スクリーンツールームドームテント 画像1

出典:CAPTAIN STAG

その中でもオススメな「モンテ スクリーンツールームドームテント」は、5~6人用の広い寝室スペースと、前面に広いリビングスペースを装備したツールームドームテントです。

モンテ スクリーンツールームドームテント 画像2

出典:CAPTAIN STAG

通気性が良く、嫌な虫の侵入を防ぐメッシュを全面に装備しているので快適なキャンプが楽しめます。人気のカーキ色を基調とした落ち着いた雰囲気に仕上がりました。


自然に溶け込めるカラーリングとメッシュありの2ルームは今人気のスタイル。ひさしを左右2ヶ所に装備した実力派テントは、キャンプをこれから始める初心者さんの強い味方となるのではないでしょうか。

小物からテントまで統一感も出せるキャプテンスタッグ2019年イチオシのシリーズです。

ITEM
モンテ スクリーン2ルームドームテント
●サイズ(約):W620×D280×H190cm、フロアサイズ/270X270cm
●収納サイズ(約):70×20×20cm
●重量(約):16kg
●素材:フライ/ポリエステル70D(PU1000mm)、メッシュ/ポリエステル1mmメッシュ、インナーテント/ウォール=ポリエステル70D(通気性撥水加工)、グランドシート=ポリエステル150D(PU1000mm)、ポール/直径11.2mmグラスファイバー、直径12.7mmグラスファイバー
●付属品:ペグ、ロープ、キャノピー用ポール2本、キャリーバッグ付

キャプテンスタッグのマストバイを狙おう!

キャプテンスタッグ 製品イメージ画像 いかがでしたか? 商品点数の多い猛者をかいくぐった上位5位はいずれもマストバイなアイテムばかり。キャプテンスタッグの品質の良さやこだわりを知り、そこに注目しながら使い込んでいくのは魅力あるキャン活ですね。

 

Let’s deepen CAPTAIN STAG love with the best 5!
ベスト5でキャプテンスタッグ愛を深めよう!


これまでのぶっちゃけランキングベスト5!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
野口理加

家族でキャンプにハマっている2児の母。今年は念願のリターンライダーを果たし、キャンプツーリングの機会を狙っています。お酒、甘いもの、キャンプ飯が大好物!  instagramアカウント: @mojyacamp

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!