今年の夏がもっと楽しみに…!キャンパー好みな本格ビアサーバーが最高でした。

2019/03/06 更新

アウトドアでもキンキンに冷えたビールが飲みたい!というのは、お酒好きなら誰もが望むこと。今回ご紹介するのは、どこにでも持ち歩けて、長時間冷え冷え&炭酸をキープするアイテム。実際に使ってみた感想をレビューします!


記事中画像撮影:フィグインク

アウトドアでおいしいビールが飲みたい!

出典:unsplush
太陽の下で仲間とともに乾杯したり、星空を眺めながらグラス片手に語り合ったり……外で飲むビールって格別ですよね。

自然の中という非日常なシチュエーションもあり、いつもより3割増しくらいでおいしく感じられる気がします。

でもビール持参って、けっこうたいへん……

出典:unsplush
ただ、外にビールを持っていくのって、大変なこともあります。冷えた状態をキープするにはクーラーボックスと氷を用意しなければなりませんし、氷が溶けてしまうとぬるくなる一方……。

空き缶や空き瓶が増えてしまい、後始末もけっこう面倒です。そんな不満を解消しつつ、いつでもどこでも冷たいビールを楽しめる強力アイテムを発見しましたよ!

冷え冷えビールを持ち歩ける最新アイテム!


それがこの、ポートランドのGrowler Werks社が製造している小型ビアサーバー「ukeg(ユーケグ)」です。

ポートランドには70以上のビールブルワリーがあり「ビール天国」とも呼ばれている街。そんなポートランド発のビアサーバーなら期待大……!


「ukeg(ユーケグ)」の構造

出典:Makuake
「ukeg(ユーケグ)」は、飲食店で使われているビアサーバーと同じ構造の炭酸注入を採用。炭酸ガスを添加する仕組みにより、ビールの酸化やガス抜けを防いでおいしさを長時間キープします。


本格的なビアサーバーのようなタップハンドルもついており、好きな分量で注ぎたての味を楽しむことが可能。


ちなみに今回レポートする<銅>の他に、<ステンレス>があり2つの素材で選べるそう。こちらのステンレスは、スチームパンクっぽさがあり見た目が男前!

それでは、ユーケグの2つの特徴について説明しましょう。

【特徴①】保冷性が抜群!


「ユーケグ」は二重構造の真空断熱ステンレススチール構造になっています。そのため保冷性が抜群。冷えたビールを一日中楽しむことができます。

【特徴②】とにかく軽い


片手で持てるほど軽いのも魅力。64オンス(約1.9リットル)の容量のものだと1.6キロ。ビールを入れても3.5キロほどの軽さです。

瓶ビールや缶ビールをクーラーボックスに入れて持ち歩くより断然軽いですし、取っ手付きなので持ち運びやすくなっています。

「ユーケグ」を実際に使ってみた!


それでは、実際に「ユーケグ」を使ってみたいと思います。

バーやパブなどの専門店でクラフトビールを量り売りしてもらえる場合は、直接「ユーケグ」に注いでもらえば野外でお店の味を楽しむことができます。

ですが日本ではまだビールの量り売りが一般的ではないため、今回は缶ビールを注いで使ってみました。

①CO2カートリッジをセットする


上部のレギュレータキャップを外します。


キャップの下についているホルダーを外します。


突起部分が上になるようにし、付属のCO2カードリッジをホルダーに挿入します。


ここで、レギュレータキャップ上部の炭酸調整ダイヤルがマルの位置になっているか確認します。


ホルダーをレギュレータキャップに合わせ、しっかり閉めます。

②ビールを充填する


ビールを入れます。なるべく泡を立てないよう、容器を斜めにするのがコツ。泡が立ち過ぎると炭酸が抜けてしまいますし、実際の容量まで入らなくなってしまうことも。


レギュレータキャップをギュッと閉めたら、キャップ上部の圧力ダイヤルを反時計回りに回します。プシューッという音が鳴ったらOK。


圧力ゲージが上がっていることを確認。これでビールのセットは完了です。


③ビールを注ぐ


タップハンドルを手前に倒し、グラスにビールを注ぎます。圧力ゲージの目盛りをマックスの「15」で注いだところ、かなりの勢いで出てきて泡が多くなってしまいました……。

目盛りは「10」くらいがちょうどいいかもしれません。


できあがり! きめ細かな泡が美しいです。


「いただきます!」

クリーミーな泡が長持ちし、香りもしっかり楽しめました。缶から充填したことによる炭酸の抜けが不安でしたが、まったく問題なくキープされていましたよ。


残量は両サイドにある目盛りで確認できます。左右で単位の表示が違い、正面向かって右はオンス、左はパイントになっています。


3〜4杯注いだところで、圧力ゲージが下がり、勢いがなくなってきました。


でも大丈夫! レギュレータキャップ上部の圧力ダイヤルをマルの位置に戻してキャップを開け、ビールを補充後、再度ダイヤルを回すと圧力が復活しました。

ビール以外にも使える!

出典:unsplush
冷たさと炭酸を長時間キープできる「ユーケグ」は、ビール以外のさまざまなドリンクにも使えます。コーラやジンジャエールなどのソフトドリンクのほか、ハイボールを作って入れておいても良さそう。

ビールとジンジャエールでシャンディガフ、ラムとコーラでラムコークなどを作って入れておけば、外でおしゃれなカクテルが楽しめます。

購入はMakuakeのサイトから!

気になる購入は国内最大級のクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行販売を受付中です。特典付きなのも嬉しいですね。

詳細はこちら

気になった点は……


冷たくておいしいビールがいつでも飲める……その素晴らしさに感動したのですが、少々気になる点もありました。

初めてグラスに注いだとき、タップハンドルの調整が難しく、勢いよく出すぎて泡だらけになってしまいました。圧力とタップハンドルの調整には少々慣れが必要かもしれません。

また、専用の洗浄剤や重曹を使ってお手入れする必要があるため、少々手間がかかるなと思いました。ただ、おいしいビールを飲めるのなら全然問題ナシという人も多いでしょう。

これがあるだけで人気者になれそう!


缶や瓶のビールより本格的に、冷たくておいしいビールが飲める「ユーケグ」。キャンプのときはもちろんですが、お花見やホームパーティーなど、いろいろなシーンで活躍しそうだなと思いました。

機能性はお墨付き。そして見た目もスタイリッシュなので、これを持っていけばたちまち人気者になれること間違いなしです!

執筆:明道聡子

レモンサワー党、集まれ!

「ビールは苦いからあんまり……」という人はこちらもチェックしてみてくださいね!

Enjoy delicious beer with ukeg

ユーケグ美味しいビールを楽しもう!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
フィグインク

浅草を所在地とする編集プロダクション。主にキャンプ・アウトドア関連の出版物の編集・制作を行う。また、料理や健康など生活実用ジャンルの本も多く手掛ける。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!