アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
ゼインアーツ ゼクーと内部で座る男性2人

「新ブランド・ゼインアーツ衝撃のデビュー作」詳細速報!初心者~上級キャンパーまで必見ギア

2022/09/07 更新

今話題のアウトドアブランド展示会が行われるということで、昭島アウトドアビレッジ内にあるA&Fに潜入。スタートしたばかりのブランドながら、製品からは使う人の目線でモノ作りをしていることが伺える。あらゆるキャンパーを唸らせる「ゼインアーツ」珠玉のアイテムたちを一挙公開!

目次

松本発のギアブランド、ZANE ARTS(ゼインアーツ)

ZANE ARTS ゼインアーツ

今年デビューにも関わらず早くも業界大注目のブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」。軽い、かっこいい、リーズナブル! と3拍子揃ったテントたち。キャンパーのニーズに応える機能性と洗練されたデザイン性が目を引くデビュー作、全4型を一挙公開!

①このシェルター万能かも!?ZEKU-M(ゼクーM)

ZANE ARTS ゼインアーツ

4人対応のミドルシェルター。ボトムが六角形のワンポール構造になっています。一見複雑な作りなので設営が大変かも……と反射的に感じてしまいますが、主軸となる4箇所をペグダウンしてメインのポールを立てれば自立してしまうというから驚き。

その後に残りの2箇所をペグダウンしエクステンションフレームを立てて設営完了です。

ミドルサイズを超えた居住性

ZANE ARTS ゼインアーツ

ワンポールテントはポール中央付近以外は天井が低く、ストレスになることもありますよね。ところがゼクーMは逆V字フレームのおかげでワンポールの弱点である居住デッドスペースを大幅に減らすことに成功しています。

ゼインアーツ ゼクーM

もちろんサブエントランスのパネルはフルクローズすることもできるし、メッシュにしておくことも可能。これなら通気性と虫対策もバッチリですね。リビングシートが付属しているのでお座敷スタイルも可能ですよ。

②見たことない形のハイブリッドタープGEU(ゲウ)

ゼインアーツ GEU

レクタのような、ヘキサのような不思議な形のタープです。

その特殊な形はヘキサM並みの小スペース設計ながら、レクタL相当の有効面積を得ることを実現したハイブリッドタイプ。各ポールの設置面の生地を減らすことで小スペースでも設営を可能にしているのです。

ゼインアーツ GEU

負荷のかかるウィング4箇所は強固な仕様になっている上、ガイロープによって力がかかる方向に生地目が沿う構造になっています。タープ全体の強度が上がるのと同時に、簡単にタープを張ることが出来るので、タープが苦手な初心者キャンパーにもオススメです。

ランタンハンガーテープが付属

ゼインアーツ GEU

ゲウはアソートでランタンなどを吊り下げることのできるランタンハンガーテープが付属。これを活用しない手はありません。付属するランタンハンガーテープは本来、小川張り用のタープテール。キャンプシーンに合わせて使い分けることができるのはかなり得した気分ですね!

③編集部イチ押しの2ルームテント ROGA-4(ロガ4)

ゼインアーツ ROGA-4

独特なフォルムとフレームワークが特徴的な2~4名対応のコンパクトなテントです。インナーテントは吊り下げ式で最大4名が就寝可能。もちろんインナーを外してシェルターとしても使えるので一石二鳥ですね。

コットも横置きできる広々リビング

ゼインアーツ ROGA-4

ヘリノックスのローコットを横置きしても余裕のある広さです。ちなみに前後シンメトリーになっているのでインナーテント用のグランドシートを前室に設置してお座敷スタイルなんてこともできますよ。

風に強い構造が魅力的

ゼインアーツ ROGA-4

2対のクロスフレームには屋台骨のようにブリッジフレームがセット。この背骨のようなフレームのおかげで耐風性が格段に上がっています。フレームの交差点が多いほどテントの耐風性は上がりますが、事実、展示会当日はタープが飛ばされそうになるほどの強風でしたがビクともしていませんでした。

④遊び心満載の変幻自在なシェルター GIGI-1(ギギ1)

ゼインアーツ GIGI-1

こちらも不思議な構造のワンポールシェルター。インナーテントは付属しませんが、二人使用のカンガルースタイルに丁度いい広さです。テント外付けなら全体が広々リビングに。

ゼインアーツ GIGI-1

サイドパネルを開けてポールを低めに設営した変則的な張り方。このほかにメインパネルを大きく跳ね上げることで通気性がグンと上がるので、夏場も快適に過ごすことができます。

ゼインアーツ GIGI-1

まだまだある展示会へ急げ!

ゼインアーツ 

キャンプ場で映えること間違いなしのカラーリングとデザインが魅力的なゼインアーツのアイテムが気になった方も多いのではないでしょうか? そんな方に朗報です! すでに各地で催されている展示受注会ですが、3月から4月にかけて大阪、愛知、長野、北海道とまだまだ製品を見るチャンスが。ぜひキャンプハイシーズン前にゼインアーツに触れてみてくださいね。

ゼインアーツ製品HPはこちら