卓越した機能美をもつ多機能ランタンがカナダからやってきた!【アウトドア通信.327】

2019/03/04 更新

今年も様々なLEDライトが登場するみたいです。中でも注目は、今回紹介するカナダからやってきたスマートなライトギア。建築家の設立者ということもあり、デザインだけでなく機能もしっかり盛り込んだとっておきのものが発売されますよ!


建築家が作った新作ランタンがカッコいい!


2019年のたくさんのランタンが登場しますね。なかでも今回紹介するのは、カナダ生まれの「LANTERN」という新進気鋭ブランドのギア。

コーリ・クリーガーという建築家が設立し、ただ光を灯す役割のライトでなく機能美も追求したデザインが売りなんです。

今回登場したランタンはこの3つ!

ではどんなアイテムを発売するのか、詳しく紹介します!

LL-LB LANTERN Black


最初に紹介するのは、186gの軽量ランタン。最大1000ルーメン(最大2時間)の点灯が可能で、3段階の調光とストロボモード(90ルーメンで最大72時間)も備えています。さらにIPX6の防水機能付きとタフなアウトドア仕様。


充電は付属のケーブルを使うUSB形式。小さいカラビナも付いていて、フックなどにかけて上から吊り下げることもできます。

他にも自転車用フォルダーも付いていたりと、幅広いシーンで活躍してくれそうです。

【LL-LB LANTERN Black】
●サイズ:長さ120×直径33mm
●重量:186g
●価格:16,000円(税抜)
商品の詳細はこちら

LL-LM LANTERN Mini


よりサイズが小さい「LL-LM LANTERN Mini」も登場。こちらは5ルーメン(最大240時間)のエコモードから、950ルーメン(最大1.5時間)のハイモードまで5段階の調光が可能。


収納するとご覧の通り。コンパクトながらも最大950ルーメンの大光量は嬉しいポイント。本体は、ミリタリーグレードコーティングされており、傷つきにくいところもキャンプで重宝しそうですね!

【LL-LM LANTERN Mini】
●サイズ:長さ96×直径33mm
●重量:118g
●価格:9,900円(税抜)
商品の詳細はこちら

LL-EDC LANTERNEDC-V1


最後に紹介するのはペンライトタイプで、手のひらに収まるコンパクトなサイズ。最大135ルーメンと手元を照らすには必要十分な明るさを発揮してくれます。


本体にはクリップが付いており、ボールペンのようにポケットに刺して持ち運ぶことも。リングを通すループもあるので、写真のように鍵などの小物を一緒に携行すると便利。

70.4×直径14.8mmと小さいながらも、しっかりと耐衝撃・防水仕様という頼もしい仕様です。

【LL-EDC LANTERNEDC-V1】
●サイズ:長さ70.4×直径14.8mm
●重量:14g
●価格:4,900円(税抜)
商品の詳細はこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!