CAMP HACK[キャンプハック]


1年使って2ルームテントがいかにファミリー向けか実感した話 | 4ページ目

0


夏でも快適なメッシュウォール

メッシュウォール
子供のお昼寝が夏場でもテント内でできるように、メッシュウォールがどれだけ配置されているかはチェックしておくといいかもしれません。メッシュが多ければ多いほどテント内の温度は下がり、虫も避けながら安心して寝かせておくことができるはずです。

寒さを和らげるスカート

スカート付きのテント
これは2ルームテントに限ったことではありませんが、スカート付きのテントにすれば冬も楽しめます。せっかく閉め切って暖かくできるように2ルームテントを導入したのに、すきま風が吹き込んでしまったら効果が半減してしまいますからね。

2ルームテントのデメリットも知っておこう

キャンプ風景
平均点が高めな2ルームテントですが、デメリットが無いわけではないので、そこもしっかり理解した上での検討をおすすめします。

収納サイズが大きくて重い

大きな収納サイズ
テントそのものの大きさがあるため、それに比例して収納サイズも大きく、重さもヘビー級。20kg越えというのもザラでそうそう持ち運べるものではありません。オートキャンプであることが前提です。

「このキャンプ場に行ってみたいけど、車を横付けできないからこのテントでは無理だな」と思ったこともしばしば。

設営が大掛かりで複雑

設営の様子
2ルームテントは大型なのでポールの構造が複雑だったり高さがあったりという点で、一人での設営が困難なものも。我が家も下の子が1歳の時は妻がかかりきりで、筆者一人での設営だったのでなるべく簡単なものを選びました。

ポールの構造がシンプルで高いところに手を伸ばさなくて済むトンネルテントは、比較的設営が簡単で初心者向きですよ。

小さい区画サイトには入らない

キャンプ区画
自立式で設営しやすいとは言え、それはあくまでもファミリーキャンプというカテゴリーでの話。

そもそもそのサイズが入らない区画サイトや、木が密集していてスペースが確保できない林間サイトなどでは設営できない、ということになります。

ファミリーキャンプのテント選びに迷ったら2ルームテントがおすすめです

富士山と湖と2ルームテント
家族揃ってレジャーに行くのに体調を崩したり気疲れしてしまったらせっかくの休日がもったいない!

2ルームテントは汎用性が高く、急な天候の変化や想定外の寒さなど悪条件にもしっかり対応できるので、手がかかる子連れのファミリーキャンプでも安定したパフォーマンスを発揮してくれるおすすめのテントです。

オガワ アポロン

●サイズ:長さ585cm 高さ205cm
●収納サイズ:80×45×35cm
●収容人数:5人
●素材:
・フライ:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
・インナーテント:ポリエステル68d
・グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
・メインポール:アルミφ19mm×2、アルミφ17.5mm×2
・リッジポール:アルミφ14,5×3
●重 量: 総重量(付属品除く)23.0kg
[内 容]フライ:約10.7kg、ルーフフライ:約1.2kg、インナーテント:約3.2kg、ポール:約7.9kg
●付属品:張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋


頑丈さがウリな2ルームテントはこちら


コスパで選ぶならこちら


紹介されたアイテム

AKT

AKT

アウトドアライフスタイルブランド「LOG」所属。自然の魅力を感じられる環境で、家族や仲間と共にのんびり過ごしたい、フィールド選び重視のくつろぎ系キャンプスタイル。のんびり過ごすはずが、いつしか撮影や執筆に追われてキャンプが忙しなくなってしまった本末転倒キャンパー。Life over ground!

関連記事