CAMP HACK[キャンプハック]


【ママキャンパー絶賛】市販のウェットティッシュを一気にアウトドアっぽくするポーチが有能

0


ブランド側に直接聞いてみた!

それでは、いったいどんな想いでこのアイテムを作ったのか、製作者サイドにお話を伺ってみました。

どういう理由でブランドを始めたのですか?

ハンプティデコ カスタムアウトドアチェアファブリック
出典:Hanpty Deco

もともとは焚き火で穴が開いてしまったり、廃盤などで色が揃わなくなってしまったアウトドアチェアの生地をあらためてキレイに統一したらカッコいいと思い、帆布製の張替えキットの製造から始まりました。

「カスタム アウトドアチェア ファブリック」がブランドのテーマだというとおり、最初はチェアのファブリック作りからスタートしたのだそう。

壊れたものを買い替えるのではなく、張り替えてリペアすることによって愛着がさらに増しますよね。

このウェットティッシュポーチの着想はどこから得たのですか?

ウェットティッシュ ハンプティデコ
撮影:筆者

ファミキャンでママさんたちの多くが100均の袋型ウェットティッシュに、蓋を付けて使っているのを発見したんです。

このタイプがとても便利というママさんたちの意見をもとに、カッコいいポーチを作ろうと思ったのがきっかけです。

実際のママキャンパーたちのニーズを調査して、そこにギア感を追加したんですね。

あえてのオーバースペックで、タフなキャンプギア感をだすことが狙いなのだそう。なるほどキャンプシーンにみごとに溶け込んでいます。

ハンプティデコ ウェットティッシュ ポーチ

■日本製
■ビタットミニのフタを使用



製品の詳細についてはこちら

質感が高く、映える。持ち出したくなる。

ウェットティッシュ ハンプティデコ カラーバリエーション
撮影:筆者
このポーチを使ってみて、気に入ったデザインで便利なものを身近に無造作に置いておけるというのは、ストレスがなくてとても気持ちがいいと知りました。

ちょっとしたものでキャンプ気分は大きく変わります。ハンプティデコのウェットティッシュポーチを気軽に野外へ持ち出してみてはいかがでしょうか。

DIYに自信があるなら……

自分好みのものを作ってみるという手も?!

Let’s use Wet tissue cover

ウェットティッシュカバーを活用しよう!


フィグインク

浅草を所在地とする編集プロダクション。主にキャンプ・アウトドア関連の出版物の編集・制作を行う。また、料理や健康など生活実用ジャンルの本も多く手掛ける。

関連記事