CAMP HACK[キャンプハック]


【ママキャンパー絶賛】市販のウェットティッシュを一気にアウトドアっぽくするポーチが有能

0


こうやってセッティングする

それでは市販の袋型ウェットティッシュを、こちらのポーチに装着してみましょう。

簡単装着、わずらわしさがない

ウェットティッシュ 蓋
撮影:筆者
まずは、袋型ウェットティッシュを取り出す部分にフタを装着します。

ウェットティッシュ ピタットミニ
撮影:筆者
使用するフタは既製品「ビタット ミニ」専用となっています。ポーチを購入すると1つついてきます。

ウェットティッシュ ハンプティデコ ポーチ
撮影:筆者
フタを装着したウェットティッシュをハンプティデコのポーチに差し込みます。このとき、うまく穴の位置にフタがくるよう微調整しましょう。

ウェットティッシュ ハンプティデコ
撮影:筆者
ふちをうまく整えます。開発段階でフタを「ビタット ミニ」専用にするかどうかとても迷ったそうですが、さすが専用設計。隙間なくビタッとポーチにはまります。

ウェットティッシュ ハンプティデコ
撮影:筆者
はい、これで完成です。とても簡単ですね。装着した感じは……なんというかギアとして新しいものに変身したよう。格が上がったような満足感です。

ウェットティッシュ ハンプティデコ
撮影:筆者
なにより、生活感丸出しのウェットティッシュ感が一気になくなりました。

キャンプで使ってみた

それでは実際に使ってみることに! いろんなメリットが浮かび上がってきました。

ココがイイ① タフな生地感で破れにくい

ウェットティッシュ ハンプティデコ 生地感
撮影:筆者
生地は1000デニールのコーデュラ®ナイロンを使用。丈夫で信頼度の高い製品です。もとのビニールの袋も十分破れにくいですが、不測の事態に陥りやすいキャンプで「頑丈さ」は頼もしい!

ココがイイ② 首からぶら下げられる

ウェットティッシュ ハンプティデコ ループ
撮影:筆者
便利なことに本体にひもやカラビナを通すループが2カ所ついています。

ウェットティッシュ ハンプティデコ 首から下げる
撮影:筆者
なので、手持ちのコードを通せばこんなふうに首からぶら下げることが可能。サコッシュやウェストポーチに連結させるなんてのもできそうです。

小さなお子さんがいる場合は出番が多いので、すぐ取り出せるという利点がありますね。

ココがイイ③ サイトに吊るして共用にできる

ウェットティッシュ ハンプティデコ 吊り下げ
撮影:筆者
こんなふうに、カラビナを使ってキャンプサイトに吊り下げておくことも。グルキャンで共用する際に便利ですね。
ウェットティッシュ ハンプティデコ 吊り下げ
撮影:筆者
ちょっとテーブルを拭きたいときなんかでもサッとお手軽。テーブル上の貴重なスペースを使わずに、浮かせられるのはキャンプでとても合理的!

ココがイイ④ 自然の中で悪目立ちしない

ウェットティッシュ ハンプティデコ 色 デザイン
撮影:筆者
キャンプサイトにいかにもな「スーパーで買ってきました」的なものがあると、興ざめしてしまう方も多いはず。その点コーデュラのウェットティッシュポーチであれば、自然とうまく調和してくれます。

こういった精神的な満足感もアウトドアでは重要ですよね。見た目にこだわる派にとっては、まさに痒い所に手が届くアイテム。

ココがイイ⑤ ウェットティッシュ以外でも使える

おしりふき
出典:Amazon
実はウェットティッシュ以外でも、サイズさえ合えば小さなお子さん用のおしりふきや手口ふきなどにも活用できます。平たい「袋型」は「筒形」よりも色々なタイプが出ているので、用途を限定しないのも高ポイント。

関連記事