キャンパーがドハマりする機能と見た目!OIGENの無骨でオシャレな鉄器たち12種

2019/02/22 更新

OIGEN(及源)の南部鉄器をキャンプに取り入れてみない?無骨なダッチオーブンやグリル、スキレットなどキャンパー好みの鉄器がたくさん。ロッジでもスノーピークでもコールマンでもない、OIGENの調理器具なら一味違いますよ。


アイキャッチ画像出典:Instagram by @oigenfactoryshop

まだ知らない?南部鉄器のOIGEN

OIGEN 商品イメージ画像1 みなさん「OIGEN」をご存知ですか? OIGENとは、1852年に創業した老舗の南部鉄器鋳造の企業「及源鋳造」の呼び名。

シンプルで美しいデザインの南部鉄器が人気で、近年海外からも注目されているブランドです。以前もCAMP HACKでご紹介しましたね。

OIGEN 商品イメージ画像2 今回は、以前紹介できていなかったラインナップや新作をご紹介! スキレット、ダッチオーブン、ホットサンドメーカーなど……キャンプとも相性バッチリなOIGENの鉄器たちをチェックしてみましょう!


キャンプ料理がまるでレストラン級になる!OIGENの鉄器たち

陸兆蓋付ミニパン

OIGEN 陸兆蓋付ミニパン 画像1 鉄を知り尽くした鋳物師「小笠原陸兆」がデザインしたミニフライパン。持ち手のちょっとつまんだような形が個性的で、調理してそのままテーブルにONしてもサマになります。
OIGEN 陸兆蓋付ミニパン 画像2 大きさはちょうど一人分が適量で、本格調理からデザート、またはおしゃれな器としても使えます。

鉄蓋の重みで素材の旨みを閉じ込め、小さいながらも仕様は本格的。IHも使用可能で対応熱源も幅広く、真上から見るとオタマジャクシのようなフォルムはギフトにもおすすめ!
ITEM
OIGEN 陸兆蓋付ミニパン
●サイズ:縦14.5cm×横23cm×全高7.3cm
●重量:1kg
●材質:鋳鉄
●備考:IH使用可

ホットサンドクッカー

ホットサンドクッカーは前回ダブルのものをご紹介しましたが、今回は豪快に挟んだ断面を楽しめるシングルをピックアップ!

持ち手は使いやすい長さに設計してあるため、使う場所を問わず。また先端部を接続したまま約110度開くので、具材のセッティングもしやすいです。
OIGEN ホットサンドクッカー 2つに分解できる様子
出典:OIGEN
クッカーは2つに分かれることから、フライパンとして単体での使用も可能。もちろん油ならしも行いやすく手入れしやすいので、長く使い続けられるのは嬉しいですね。

あなたなら何をはさみますか? ボリュームのあるホットサンドが思いのまま!

【OIGEN ホットサンドクッカー】
●サイズ:縦37.3cmx横13.5cmx全高6.2cm
●重量:1.48kg
●材質:鋳鉄

OIGEN ホットサンドクッカーの詳細はこちら

クックトップ ココット

上品なフォルムで、使えば高見えするココット。容量は310mlとコンパクトでアツアツのアヒージョなどにもおすすめです。他にもミネストローネなどのスープやデザートなど幅広い調理が可能です。
OIGEN クックトップココット M 大きさの画像
出典:OIGEN
こちらはMサイズですが、他にLやSサイズとランナップも豊富。蓋を逆さまにすることでスタッキングができ、鍋の内側は丸みを帯びていて隅々まで洗いやすくデザインされています。

こちらはIHクッキングヒーターでの使用は不可なのでご注意を!

【OIGEN クックトップココット M】
●サイズ:縦10.6cmx横13.7cmx全高8cm
●重量:950g
●容量:0.31L
●材質:鋳鉄

OIGEN クックトップココット Mの詳細はこちら

クックトップオーバル

OIGEN クックトップオーバル S 画像1
出典:OIGEN
岩手を代表する南部鉄器のデザイナー「廣瀨愼」のデザイン「クックトップオーバル」。一人分のハンバーグやシチューに最適な大きさです。

直火やオーブン調理もOKなので、キャンプで熱々のグラタンも良いかもしれませんね!
OIGEN クックトップオーバル S 画像2
出典:OIGEN
容量を0.66Lとし、先ほどご紹介したクックトップココットMや陸兆蓋付ミニパンの約2倍の容量。煮込んでよし、焼いてよしの程よい深さで、お値段は公式サイトで4,860 円(税込)とお手頃価格。

はじめての入門編としてや、ギフトにもピッタリです。
ITEM
OIGEN クックトップオーバル S
●サイズ:縦15cmx横22cmx全高9.2cm
●重量:1.56kg
●容量:0.66L
●材質:鋳鉄

ちょっと変わったOIGENらしい鉄器

焼き焼きグリル どっしり深形

OIGEN 焼き焼きグリルどっしり深形 画像 表面の布目模様とネーミングが無骨すぎる「焼き焼きグリル どっしり深形」。深型なので料理できるバリエーションも豊富です。鉄板焼きをはじめ、揚げ出し豆腐やサイコロステーキなど汁物や油が出る料理もOK!

この自由度の高さで6,480 円(税込)はかなりおすすめです。
OIGEN 焼き焼きグリル ラインナップ 画像 こちらの最大の特徴は持ち手が取外し可能なこと! 家にある魚グリルにINして焼き物ができるという便利さは、キャンプだけでなく家でも気軽に使えて◎。パリパリのクリスピーな食感が家でも気軽に楽しめますよ。

他にも「どっしり」、「ぽっちゃり」、「スリム」など種類があるので料理に合わせて使ってみてもいいですね。
ITEM
OIGEN 焼き焼きグリルどっしり深形
●サイズ:約 縦21.x横27.7x全高4.5cm
●重量:1.4kg
●材質:鋳鉄
●特記事項:IHは100Vのみ対応

IHでもつかえました。こびりつきも全くなく、かなり使える一品です。トップで軽く下面を焼いてグリルへ入れれば、魚、肉、野菜、キノコ類、グラタン、何でもイケます!




タミさんのパン焼器

OIGEN タミさんのパン焼器 画像
出典:OIGEN
OIGENと言ったらこの「タミさんのパン焼器」。ジェラルミンのパン焼器を戦後60年目に鉄器で復活させた至極のパン焼器です。

こちらの販売は、岩手にあるFactory Shopと公式WEBサイト限定! IH調理器やSIセンサーには対応していませんのでご注意を。
OIGEN タミパンクラシックF-100 使用イメージ画像 一方こちらは、IH対応、ガスのSIセンサーに対応した新型の「タミパン クラシック」。創作の原点となったタミおばあちゃんが100歳を迎えた年に発売開始されました。OIGENの特許取得のデザインです。

どちらも中央の穴から熱を内部にしっかり送り込み、パンをふっくら焼きあげてくれます。蓋を裏返せば、フライパンとしても使用できるという裏技も。
ITEM
OIGEN タミさんのパン焼器
●サイズ:縦19.5cmx横25.8cmx全高11.3cm
●重量:3.25kg
●材質:鋳鉄
ITEM
OIGEN(及源鋳造) タミパンクラシック F-100
●サイズ:約240×182×h93mm
●材質:鋳鉄
●重量:約3.0kg
●容量:約0.8L
●特記事項:SIセンサー付きのガスコンロやIH調理器、オーブンにも使えます。

パンを作ってみたところ、なかなかの良い出来でした。手軽に使えるものなので、これから色々な使い方を考えていきたいと思います。


みよちゃんちの焼芋鍋

OIGEN みよちゃんちの焼芋鍋 画像1
出典:OIGEN
さきほどのパン焼き器のような構造ですが、この底のイボイボが特徴的な「みよちゃんちの焼芋鍋」。童謡からヒントを得た名前でフォルムもネーミングもインパクト大。
OIGEN みよちゃんちの焼芋鍋 使用イメージ画像
出典:Amazon
中心にある煙突からの熱が、底面の凸の間を通ることでお芋の下にも回ってこんがり焼ける仕組み。SIセンサーには対応していませんが、昔ながらの焼き芋屋さんのようなホックリとした焼き芋が楽しめます。

大きめのりんごも入るので、まるごと「焼きりんご」や香ばしいトウモロコシもできますよ。
ITEM
OIGEN みよちゃんちの焼芋鍋
●サイズ:縦25.4cmx横33cmx全高13.5cm
●重量:4.85kg
●材質:鋳鉄
●特記事項:直火対応、オーブン対応

木製の蓋が懐かしい鉄鋳物鍋

丸鍋

OIGEN 丸鍋8寸 全体画像
出典:OIGEN
次は木製の蓋が雰囲気をそそる鉄鋳物鍋を3つご紹介します。

はじめは、オーソドックスな「丸鍋」。熱々の食材を木製の蓋で美味しさを閉じ込めます。8寸は24cmと大きめなのでキャンプで鍋を囲むときもピッタリの大きさ。
OIGEN 丸鍋8寸 大きさイメージ画像
出典:OIGEN
ビギナー世代には新しく、ベテラン世代には懐かしいと、世代を超えて愛される美しいシンプルなデザイン。日本の料理をビジュアルからももり立ててくれるそんな鍋です。

公式サイトで5,940 円(税込)という価格も魅力的!
ITEM
OIGEN 丸鍋8寸
●サイズ:縦24.3cmx横26.3cmx全高11cm
●重量:2.4kg
●容量:2.7L
●材質:鋳鉄
●特記事項:直火対応

8寸で4~5人用としてあったので8寸を購入したのですが思ったより小ぶりでした。しかし筑前煮を作ったのですがいつもより数倍美味しく出来上がりました!


お国自慢鍋ツル付

OIGEN お国自慢鍋ツル付24cm 画像1
出典:OIGEN
次にご紹介するのは、囲炉裏端に鉄鍋をかける姿がピッタリの「お国自慢鍋ツル付24cm」。今のライフスタイルでは囲炉裏端も殆どなくなりましたが、実はキャンプではあるあるのスタイル。焚き火ハンガーに吊るして豪快に使ってみてもいいですね。
OIGEN お国自慢鍋ツル付24cm 使用イメージ画像 裏面は200VのIH調理器のパワーにも対応する厚さで強度も十分!卓上タイプのIH調理器での使用もOKなので、家ではもちろんのこと冬の「お籠りキャンプ」でも大活躍しそうな予感。熱々の鍋をテント内で楽しんでもいいですね。
ITEM
OIGEN お国自慢鍋ツル付24cm
サイズ:縦27.6cmx横29.3cmx全高11.4cm
重量:3.45㎏
容量:3.1L
材質:鋳鉄
付属品:レシピ、木蓋(焼杉材)
特記事項:200V IH対応

すき焼ぎょうざ兼用鍋

OIGEN すき焼ぎょうざ兼用鍋24cm 画像1
出典:OIGEN
最後にご紹介するのは「すき焼ぎょうざ兼用鍋24cm」。2~3人で囲めるサイズなのでいろいろな料理を楽しむキャンプでも程よい大きさ。名前のごとくすき焼きや、ニラパワーで食欲を誘うぎょうざも楽しめます。
OIGEN すき焼ぎょうざ兼用鍋24cm 使用イメージ画像 底が深すぎず平なので実はハンバーグなどの裏返すような料理もOK! 煮込みハンバーグなども上手に作ることができますよ。できたらそのままテーブルに披露すると盛り上がりそうですね。

アイデア次第でいろいろ使える鍋です。
ITEM
OIGEN すき焼ぎょうざ兼用鍋24cm
●サイズ:縦25.6cmx横33.6cmx全高8.3cm
●重量:2.96㎏
●容量:2.1L
●材質:鋳鉄

使用後のお手入れは必須

出典:OIGEN
鉄器は一般的なダッチオーブンと同様、はじめに錆や焦げ付きを防止するためにシーズニング(油ならし)が必要となります。

使用後の洗浄はタワシ・ササラ・ブラシなどで行い、金タワシやクレンザーは鉄器を傷めるため使用不可。洗浄後は加熱をして水分をしっかり蒸発させるのがポイントです。

出典:OIGEN
最初はこの工程が面倒と感じるかもしれませんが、使い続けることで自分が”育てている”この感じはキャンパーにとって馴染みのある体験かも。

OIGENの鉄器お手入れ詳細はこちら

実物を見たい場合はショップへGO!

岩手県の水沢江刺駅から徒歩10分の距離にある、ファクトリーショップは、昔ながらの南部鉄瓶や鉄鍋はもちろん、 現代のライフスタイルでも活躍する南部鉄器を揃えている工場の直売店です。

カフェスペースがあり、くつろぎながら使い方のアドバイスや相談を受けたりもできます。ここでしか出会えない商品や、アウトレットコーナーもありますよ。

TEL:0197-24-2411
営業時間:9:00-17:00
定休日:不定休

ファクトリーショップの詳細はこちら

OIGENには美味しいが詰まってる

OIGEN 商品イメージ画像3 前回紹介しきれなかったOIGENの鉄器の数々。アップデートはできましたか?

どれも、持ち運びに注意すれば家だけでなくキャンプでも使えるのがポイント。鉄器は調理するたびに微量な鉄分を摂取できることから健康面でもおすすめです。無骨なOIGENをライフスタイルに取り入れて鉄器と仲良くなってみませんか?

いま「鉄板」も注目ギア

キャンパーなら一人一枚の時代が来ている!?

 

Enrich your lifestyle with OIGEN!
OIGENでライフスタイルを豊かに!

 


関連する記事

OIGENの無骨でオシャレな鉄器たち12種
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
野口理加

家族でキャンプにハマっている2児の母。今年は念願のリターンライダーを果たし、キャンプツーリングの機会を狙っています。お酒、甘いもの、キャンプ飯が大好物!  instagramアカウント: @mojyacamp

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!