最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
スキレットで焼くピザ

意外に簡単?スキレットで作るピザの焼き方&10のアレンジレシピ

2022/09/27 更新

スキレットさえあれば、キャンプでも美味しいピザが簡単に作れちゃいます!ピザ窯などの専用器具は一切不要。今回はピザ生地の作り方からスキレットを使った焼き方を解説します。また和洋ピザのアレンジレシピもご紹介!定番の味に飽きた人にもオススメです。

目次

アイキャッチ画像出典:PhotoAC

キャンプに、BBQに熱々のピザはいかが?

ピザ 

出典:PhotoAC

大人も子供も大好きなピザ! キャンプでも食べたいと思いつつ、生地から作るのは手間だし、ピザ窯などの専用ギアがないと難しいのでは?……などなど、中々ハードルの高いイメージがありませんか?
ピザカッターとフォーク

出典:pixabay

でも実は、ピザって簡単に作れてしまうんです。今回はキャンプでも家でも作れるピザレシピをご紹介します。
▼リーズナブルなピザ窯にも注目

【基本】ピザ生地の作り方

ピザ 生地

出典:pixabay

ピザ生地作りに必要な”発酵”。なんだか難しそうなイメージがありますが、作業としては”一定の時間生地を放置しておくだけ”なので、実は手間がかかりません。ということで、ピザ生地の作り方をみていきましょう!

材料(2人分)

強力粉……150g
砂糖……大さじ2分の1
塩……小さじ2分の1
オリーブオイル……小さじ1
ドライイースト……小さじ1
水……90cc

作り方

ピザ生地を作る途中

出典:PIXTA

まずぬるま湯にドライイーストを溶かしておいたものと他のすべての材料を混ぜ合わせ、ひとかたまりにまとまったらラップをしておきます。これがいわゆる一次発酵です。

生地が2倍くらいの大きさになればOK。発酵に最適な温度は30~40度くらいなので、直射日光の届かない場所に置いておきましょう。
ピザ生地

出典:PIXTA

膨らんだ生地をさらに2つに分けて、ガス抜きをして丸めます。その上に濡れ布巾を被せ、10分程度休ませます。これが二次発酵です。放置する時間が長すぎたり、温度が高くなると”過発酵”になってしまうので要注意です。

成形する時には外側の”耳”の部分を厚くすると食べやすくなります。また、具を乗せる前にフォークで何箇所か穴を開けると火の通りがよくなります。

より手軽に生地を作りたいなら市販のピザ生地を活用しよう!

ピザ生地

出典:PhotoAC

やっぱり生地を作るのはちょっと大変……という人には、市販のピザ生地がオススメです。ケチャップやトマトソースをベースに塗り、お好みの具材を乗せて焼くだけ。一泊二日のキャンプなど時間が少ない場合は、この方法が一番です。

スキレットでピザを焼く方法

スキレット

出典:ニトリ

スキレットは熱伝導率がよく、生地全体にムラなく熱が伝わるので、ふっくら美味しく焼き上がります。ピザ釜など専用の器具がなくても、コンロや炭火を利用すれば簡単に焼けちゃいますよ!

スキレットでのピザの焼き方は…
① スキレットにオリーブオイルを入れて、ピザ生地を敷く

② 生地にケチャップやソースを塗り(量はお好みで)、載せたい食材をトッピング。

③ 火を付けて、焼いていく。裏面を見て、こんがり色が付いたらOK。強火でだいたい2~3分くらい。

しかしオーブンではないため、裏面はカリッと焼けるものの表面は焼けていない……という問題が起ります。

キャンプ場なら……

【方法① コンロから離し、トーチで表面を美味しく焼く】
ガストーチで炙る出典:SOTO
裏面がしっかりと焼けたら火から下ろし、トーチを使って表面を炙りましょう。こんがり焼けたとろ~りチーズピザが完成します。
【方法② スキレットを2枚用意、もしくはスキレットの蓋を活用する】
スキレットに蓋を被せた

出典:PIXTA

スキレットを重ねるか、スキレット専用の蓋を被せます。その上に熱々の炭を乗せて、上が強火、下が弱火になるように調節しましょう。3~5分程ほど様子を見ながら焼いていきます。

蓋がなければ、二重アルミホイルを蓋の代わりに使うのも手です。

LODGE 8インチスキレットカバー

●サイズ:直径20cm、深さ4cm
●重さ:1.5kg

LODGE スキレット カバー 9インチ

●サイズ:約20cm
●重量:約1.2kg

自宅なら……

オーブン

出典:PhotoAC

余熱しておいたオーブンに、スキレットを入れて約220℃で15分ほど焼いていきます。焦げそうな場合は、アルミホイルで覆うのがポイント。魚焼きグリルやオーブントースターで焼くのもOK!

和洋揃っています!ピザのアレンジレシピ10選

日本人なら、やっぱり和風ピザ

持ち出す物ができるだけ少ない方がいいアウトドアにとって、醤油やタレで味をまとめられる和風ピザはぴったり。普段不足しがちな野菜もどんどんのせて、美味しくいただきましょう。
<レシピ①>焼き鳥ピザ
レシピ1 焼き鳥ピザ

缶詰の焼き鳥を汁ごと使った、照り焼き風ピザ。焼きあがったらのりを散らして完成です。カロリーなんて気にしない!
レシピの詳細はこちら
<レシピ②>納豆ピザ
レシピ2 納豆ピザ

短冊切りにしたベーコンと、タレを入れて混ぜた納豆を散らした和洋風ピザ。仕上げにオリーブオイルを全体に垂らし、とろけるチーズ、刻みねぎを乗せて焼けば完成です。

納豆とチーズという発酵食品同士の組み合わせは、意外に相性バツグン。
レシピの詳細はこちら

ちょこっとアレンジ!洋風ピザはいかが?

見た目も鮮やかで思わず手が伸びてしまう洋風ピザ。定番のマルゲリータはもちろん、子供が喜ぶ鉄板ネタや、ちょっとオシャレなピザまで幅広くご紹介します。

<レシピ③>マヨコーン 
レシピ3 マヨコーンピザ

ピザ生地に粒マスタードと塩胡椒を置いて、コーン、チーズ、ピーマン、マヨネーズなどをトッピング。チーズが溶けて少し焦げ目がつくくらいまで焼いたら出来上がり。粒マスタードがアクセントとなり、大人も満足のマヨコーンピザです。
レシピの詳細はこちら
<レシピ④>シーフードピザ
レシピ4 シーフードピザ

定番のピザレシピ。ピザ生地にソースを塗り、スライス玉ねぎ、チーズ、えび、ホタテ、アスパラガスなどを乗せて焼いていきます。冷凍のシーフードミックスを使うのが時短ですよ。
レシピの詳細はこちら
<レシピ⑤>プチトマトのピザ
レシピ5 ミニトマトピザ

出典:Coleman

ピザ生地にソースを塗り、刻んだトマト、チーズ、バジルを乗せていきます。チーズが溶けて軽く焦げ目が付くまで焼けば出来上がり。見た目も鮮やかなので、写真映えもお約束?
レシピの詳細はこちら
<レシピ⑥>たっぷりアボカドとサラミのピザ
レシピ6 アボカドとサラミのピザ

ピザソースを生地に塗り、アボカド、ミニトマト、サラミを乗せてから溶けるチーズと粉チーズをかけ、焼けば完成です。アボカドは焼くとクリーミーでとっても美味しくなります。チーズとの相性も抜群ですよ。
レシピの詳細はこちら

本場イタリアやヨーロッパでよく食べられるピザにチャレンジ!

本格ピザと言えばイタリアが発祥の地。フレッシュチーズをたっぷり使ったマルゲリータやビスマルクなど、アウトドアでも海外気分に浸れるかもしれません。思ったよりも簡単かも!?なんて感じたら、挑戦してみてください!
<レシピ⑦>マルゲリータ
レシピ7 マルゲリータピザ

ピザ生地にケチャップを塗り、トマトを並べ、生バジルを散らします。とろけるチーズを乗せてオーブンで焼き、仕上げに飾り用の生バジルを飾れば出来上がり。これぞ王道のピザ! 色合いもカラフルですね。
レシピの詳細はこちら
<レシピ⑧>クアトロチーズのピザ
レシピ8 クアトロチーズピザ

チーズのみが乗せられた市販のピザに、舞茸、マッシュルームをみじん切りにしたものを散らせたキノコピザ。さっぱりしたキノコと濃厚なチーズの組み合わせが絶妙にマッチします。
レシピの詳細はこちら
<レシピ⑨>ビスマルク
レシピ9 ビスマルクピザ

トマトソースを全体に塗り、ミックスチーズを散らしていきます。焼き始めたら途中で取り出し、真ん中にくぼみを作り、そこに卵を割り入れさらに5分程焼きましょう。

仕上げに生ハムを乗せ、ブラックペッパーをかけて出来上がり。とろ〜り卵と絡めながら召し上がれ。
レシピの詳細はこちら
<レシピ⑩>チョコマシュマロ
レシピ10 チョコマシュマロピザ

ピザ生地にチョコ、マシュマロを乗せます。チョコが溶け、マシュマロが少し焦げ始めたらできあがり。甘いピザは、キャンプやBBQのデザートにぴったりですね。
レシピの詳細はこちら

キャンプでも美味しいピザは作れる!

手作りピザ

出典:PhotoAC

スキレットを使えば、キャンプでも簡単にピザを作ることができます。市販の生地だと具材を乗せて焼くだけなので、かなり時短になりますよ!

手作りピザは好みで無限にアレンジ可能なので、色々なレシピに挑戦してください。

 

Let’s make a pizza at the camp!

キャンプでピザを作ってみよう!

紹介されたアイテム