最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
フォールディングシェルフ

コーナンラックからの卒業!見た目もコンパクト性も100点満点な「棚」を見つけました

ニトリや3COINS、さらにはオートバックスまで、本業ではないもののアウトドア用品を扱っているメーカーやショップが増えてきています。今回はそんな他業種メーカーながら、ミリタリーテイストなキャンプでも使えるファニチャーや小物を続々と送り出しているブランド「ROOM ESSENCE」に注目!

目次

記事中画像撮影:筆者

そろそろ新しいスタイルの棚が欲しい

折りたたみ式ラック

折りたたみ式のラックと言えば、キャンプ好きの方なら誰もが思い浮かべるのは……そう、低価格ながら実用性が高いというコスパの良さで爆発的な人気を誇ったコーナンの木製ラックです。

筆者も愛用していたのですが、コーナンラックは素材的にナチュラル系のテイストが強く。ウッド系中心のサイトならマッチしますが、自分のキャンプサイトに似合っていないことに気づきました。

そんなところ、とある家具メーカーの製品の中に気になるアイテムを発見。

ROOM ESSENCEの「フォールディングシェルフ」

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ

目に留まったのがこちらのシックな雰囲気を醸し出す棚。この「フォールディングシェルフ」は、愛知県の老舗家具メーカー「東谷」が展開するROOM ESSENCE(ルームエッセンス)というブランドのインテリア用ファニチャーです。

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ

構造はコーナンラックと瓜二つながら、素材とカラーリングを変えることによりミリタリーテイストを感じる男前なスタイルに仕上がっています。

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ 使用例

出典:楽天

棚板のバリエーションまでコーナンラックと同じで三段と四段がラインナップ。これはもう確実にキャンプでも活躍してくれる予感が!

インテリア用ではありますが、これはもしやキャンプでもしっくりくるのでは……と思い、物は試しで投入してみました。

ミリタリーテイストな3色展開

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ カラーバリエーション

カラバリは、デニム・オリーブ・カモフラとツボをおさえた3色展開で、どの色もサイトに加えやすいカラーなので何色にするか迷ってしまいそうです。

コーナンラックと比べてみた

コーナンラックと比較

実際の使用感はどのようなものなのか、本家のコーナンラックと比べてみました。

組み立ては工具不要で簡単!

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ 組み立て

本家のコーナンラックに劣らず、フォールディングシェルフの組み立ても至って簡単! スチールの枠を広げて、各天板をマジックテープとスナップボタンで留めるだけです。

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ 天板

コーナンラックの構造はフレームに天板を引っ掛けているだけなので衝撃を与えると外れてしまう可能性がありますが、フォールディングシェルフはフレームを生地でくるんで固定されるためしっかりと自立するんです!

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ 安定性

棚板の中には硬いMDFボードが入っているため、載せたものがグラつく心配はありません。弾んで落ちる心配が少ないので、ランタンのようなガラス製のものを置いても安心!

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ 素材

棚板の表面の素材はコットンで耐水性は低いので雨には注意が必要ですね。タープ下やテント内での使用がオススメです。

使用時の大きさはほぼ同等

コーナンラックと比較

フォールディングシェルフの天板サイズは、幅44cm×奥行30.5cmでコーナンラックとほぼ同じです。天板のサイズだけでなく棚板ごとの間隔まで同じ。

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ サイズ感

棚板の間隔は約25.5cmあるので、クッカーやボトルなどそこそこ高さがあるものも載せられました。

収納サイズが薄い!

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ 折りたたんだ時

木製のコーナンラックは強度を保つために全体的に各パーツが太くなっています。折りたたんでもパーツ自体を小さくすることはできないので若干嵩張ってしまいますね。収納時の高さは10cm。

対してROOM ESSENCEのフォールディングシェルフは、フレームが細いためたたむとかなり薄くなり、その高さはたったの6cm。収納スペースが約半分で済むので、積載に余裕ができますね。

重さがある分、安定感がある

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ 安定感

重量はコーナンラックが約2.5kgで、フォールディングシェルフは約3.7kg。なんとこの見た目で木製のコーナンラックより1kg以上も重いんです。やはりフレームが全てスチール製なので、重量はそこそこあります。

その代わりに重みで安定感があり、ちょっとの衝撃ではグラつきません。

お値段はなかなか……

当然、価格面ではコーナンラックのコスパには敵いません。約2倍以上のお値段はしてしまいますが、重さや材質の違いを見れば納得のお値段です。

ただこういった棚アイテムは、2~3つ並べて使いたくなってしまうものなので、気軽に買い足せない値段なのはネックかもしれません。

ルームエッセンス フォールディングシェルフ 2D グリーン

●サイズ:W47×D34.5×H58.5cm
●材質等:スチール(紛体塗装)、コットン、ポリエステル

ルームエッセンス フォールディングシェルフ 2D ネイビー

●サイズ:W47×D34.5×H58.5cm
●材質等:スチール(紛体塗装)、コットン、ポリエステル

ルームエッセンス フォールディングシェルフ 2D カモフラージュ

●サイズ:W47×D34.5×H58.5cm
●材質等:スチール(紛体塗装)、コットン、ポリエステル

ルームエッセンス  フォールディングシェルフ3D(4段)グリーン

●サイズ:W47×D34.5×H86cm
●材質等:スチール(紛体塗装)、コットン、ポリエステル

ルームエッセンス フォールディングシェルフ3D(4段)ネイビー

●サイズ:W47×D34.5×H86cm
●材質等:スチール(紛体塗装)、コットン、ポリエステル

ルームエッセンス フォールディングシェルフ3D(4段)カモフラージュ

●サイズ:W47×D34.5×H86cm
●材質等:スチール(紛体塗装)、コットン、ポリエステル

シェルフの他にも充実のラインナップ!

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ 素材

とても使い勝手が良いフォールディングシェルフの他にも、ROOM ESSENCEのMETAL PRODUCTシリーズにはキャンプで活躍してくれそうなファニチャーがあります。

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ カラーバリエーション

こちらは小物を置けるラック付きのサイドテーブル。サコッシュやカメラなど、身の回りのものを気軽に置いておけます。

ルームエッセンス フォールディングサイドテーブル グリーン

●サイズ:幅50.5×奥行31.5×高さ53cm
●材質等:スチール(粉体塗装) コットン ポリエステル

ルームエッセンス フォールディングサイドテーブル ネイビー

●サイズ:幅50.5×奥行31.5×高さ53cm
●材質等:スチール(粉体塗装) コットン ポリエステル

ルームエッセンス フォールディングサイドテーブル カモフラージュ

●サイズ:幅50.5×奥行31.5×高さ53cm
●材質等:スチール(粉体塗装) コットン ポリエステル

ROOM ESSENCE USフォールディングバッグ

家ではソファ横に置いて、雑誌や新聞を入れておきたいケースもラインナップ。キャンプなら小物から野菜類までなんでも入れておけそうです。

ルームエッセンス USフォールディングバッグ

●サイズ:W39×D26×H35cm
●材質等:仕様:スチール(紛体塗装) コットン ポリエステル
●カラー:ベージュ・グリーン・ネイビー

ROOM ESSENCE スタッキングバスケット

同じ素材で作られた大容量バスケット。なんとこちらはスタッキングできる仕様で上に積むことができます。ハンドルが付いているので持ち運びやすく、ギアコンテナとして活躍してくれるはず!

全てデニム・オリーブ・カモフラの同じカラー展開なので、複数取り入れることでサイトのコーディネートに統一感を出すことができますよ。

ルームエッセンス スタッキングバスケット グリーン

●サイズ:約 幅62×奥行37×高さ28cm
●材質等:仕様:スチール(粉体塗装)、コットン、ポリエステル

ルームエッセンス スタッキングバスケット ネイビー

●サイズ:約 幅62×奥行37×高さ28cm
●材質等:仕様:スチール(粉体塗装)、コットン、ポリエステル

ルームエッセンス スタッキングバスケット カモフラージュ

●サイズ:約 幅62×奥行37×高さ28cm
●材質等:仕様:スチール(粉体塗装)、コットン、ポリエステル

アウトドアなファニチャーシリーズから目が離せない!

ROOM ESSENCE フォールディングシェルフ 使用例

最近はキャンプ用の道具を自宅で、自宅用の家具や雑貨をキャンプで使う方が増えてきています。道具を兼用すれば収納スペースの削減になるだけでなく、忘れ物の防止や扱いに慣れているなどメリットがたくさん!

上手に兼用の道具を取り入れることで、見た目にも実用的にも満足な空間作りを目指してみてはいかがでしょうか。

 

AKTの記事はこちら