ロゴスの2019年新作は「ごろごろ寝心地快適グッズ」が充実!【アウトドア通信.315】

2019/02/07 更新

そろそろ2019年新作アイテムが発売する時期。そんななか、ロゴスから快適な寝心地を味わえるグッズが登場!収納力も抜群で、中にはインテリアとしても使えそうなアイテムも!?


キャンプで快適な睡眠へといざなってくれる!2019年ロゴスの新作ギア


冬も半ばに入り、各社から2019年新作アイテムが次々に登場していますね! そんな中から、今回はロゴスの新作をピックアップ。快適な寝心地が味わえるアイテムをご紹介します。

すやすやとリラックスできる!気になる快適アイテムはこの5点

LOGOS エアライト アッセムプットベッド


まずはロースタイルのベッドから。こちらは7001ジュラルミン製フレームを採用し、耐荷重約120kgと強度がありながらも、重さはわずか2.2kg! 程よい生地の張りと座面高12.5cmのおかげで、地面からの冷気を気にせず寝ることができます。


特徴は、こちらの4本の脚。組み立てる際は、フレームをグッと押すだけでロックがかかり、撤収する際はボタンを押しながらフレームを押すとロックが解除されます。


収納袋も付属し、本体、フレームを外して畳めば約43×4.5×20cmまでコンパクトに! 家の保管や積載の際も場所を取らずに持ち運びできそうですね。

製品の詳細はこちら

Tradcanvas コンフォートベッド


続いては、本体とフレームを取り外す必要がないコンフォートベッド。幅72×長さ205cmとゆったりしたサイズで、大柄な人でも安心して横になれます。生地はキャンバスのような風合いで、上品なデザインもポイント!


収束型のメリットは、収納袋から取り出し広げれば瞬時にセッティングできるところ。撤収時もフレームを中央に収束するだけでいいので、ギアの組み立てに苦手意識のある人でも簡単に扱えるのがいいですね!

製品の詳細はこちら

ROSY ポライトベッド


リクライニングタイプのベッドも登場! 3段階に高さを変えることができ、寝るときは一番低く、体を預けてゆっくり過ごしたい時には一番高く設定すれば快適に過ごせます。


撤収時は、頭部と脚部を内側に折りたたむだけでOK。キャンプだけでなく、急な来客時のベッドとして、またビーチ用ベッドとして等幅広いシーンで活躍してくれそうです。

商品の詳細はこちら

スタンドハンモック


自立型のハンモックは、木がなくても設置でき、どこでもゆらゆらと寝られる便利なアイテム。「スタンドハンモック」は、通気性抜群のメッシュ生地を採用しているので、長時間横になっていても蒸れる心配がありません。


収納サイズもご覧の通りのコンパクトさ。スタンドと本体を外し専用のキャリーバッグに入れると、どこにも携行できそうですね。

商品の詳細はこちら

スマホハンモック


なんと、スマホを寝かせられるハンモックも登場!? 上記で紹介したスタンドハンモックのミニチュア版で、素材からデザインまで同じ仕様という本格的な仕上がり。


スマホのほか、キーホルダーやぬいぐるみなど小物をちょこんと載せて保管することができます。お家のインテリアとして使うのもアリ! 一緒に購入してコーディネートしてみてはいかが?

商品の詳細はこちら

 

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!