CAMP HACK[キャンプハック]


コールマンの最安テント「BCクロスドーム270」って実際どうなの?

0


大きさがちょうどいい!

コールマン テント
出典:楽天
家族で使うのにちょうどいい大きさ! 大人2人、子供2人なら荷物を置くスペースも十分確保できます。

高さも175cmあるため、よっぽど身長が高くなければ立って着替えも余裕です。

購入後、そのままキャンプ場へ行ける!

コールマン テント
出典:pixabay
「BCクロスドーム270」にはひさし用のキャノピーポールが標準付属しています。ペグやハンマーも付属しているため、購入後そのままキャンプ場に行くことが可能です。

快適性を増すために地面の凹凸を軽減するテントマットや、テントの底を浸水から守るグランドシートもぜひ揃えましょう。

コールマン フォールディングテントマット270

●使用時サイズ:(270)約265×200cm
●収納時サイズ:(270)約65×50×15(h)cm
●重量:(270)約2.1kg

コールマン テントグランドシート270

●耐水圧:約2,000mm
●使用時サイズ:約250×250cm
●収納時サイズ:約35×25cm
●重量:約850g
●付属品:メッシュ収納ケース


設営も簡単!

初めて設営する方でも20~30分あれば設営が可能です。動画は「タフドームテント」の設営方法ですが、基本的な設営方法は「BCクロスドーム270」と同じなので参考にしてみてください。

もちろん気になる点も……

コールマン テント
出典:(左)Coleman(右)Coleman
左の「タフドーム/3025」は側面にベンチレーション(換気口)があるのに対し、右の「BCクロスドーム270」にはありません。ベンチレーションが無いと室内の空気が循環しにくいため、夏の使用は暑く感じそうです。
コールマン テント
出典:楽天
また、ポールに使用しているFRPという強化プラスチックはアルミに比べると耐久性が弱く、悪天候での使用は避けた方が無難。

細かい仕様がエントリーモデルらしいものとなっており、多少快適性は我慢する必要があります……。

結果、それでもエントリーモデルとして優秀

コールマン テント
参照:PIXTA
気になる点をいくつか挙げましたが、ノーブランドの数千円で購入できるテントよりははるかにスペックは上。そこはさすがのコールマンクオリティと言えるでしょう。

充実した付属品と驚きの低価格は、やはり最初の1張としておすすめです。まずは最低限の機能を備えたテントでデビューして、必要な機能を見極めていくのはいかがでしょうか。

Coleman(コールマン)  BCクロスドーム270

●耐水圧:約1500mm(フロア:1500mm)
●定員:4~5人用
●使用時サイズ:約270×270×175(h)cm
●収納時サイズ:約φ25×75cm
●重量:約10kg
●付属品:キャノピーポール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ


コールマンにはまだまだテントが……!

コールマンではツーリング向きのテントから、最高峰モデルの「マスターシリーズ」までラインナップが充実しています。

価格で選ぶも良し、機能で選ぶも良し、お気に入りを見つけましょう!

Let’s start camping with BC Cross Dome 270!

BCクロスドーム270でキャンプを始めよう!


CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

関連記事