何が違う?スノピ「エルフィールド」とコールマン「トンネル2ルームハウス」を比較してみたら……

2019/06/17 更新

エントリー向けのトンネルテントとして、満を持して登場した「エントリー2ルームエルフィールド」。一方、カテゴリーの先駆者として高い人気を誇るコールマンの「トンネル2ルーム/LDX」。今回はその両者を徹底比較しました。両者の決定的な違いとは……?


アイキャッチ出典:Instagram @fee.lulu

「エントリー2ルームエルフィールド」と「トンネル2ルームハウス」を徹底比較

エルフィールド 2018年秋冬新作として登場した、スノーピークの「エントリー2ルームエルフィールド」(以下、エルフィールド)。

スカートつきでオールシーズンに対応しているのは、エントリーシリーズの中ではこのエルフィールドがはじめて。
2ルームハウス
出典:Coleman
一方こちらはコールマンの「トンネル2ルーム/LDX」(以下、トンネル2ルーム)。初心者にも扱いやすいトンネルテントとして、キャンパーから高い支持を得ています。

今回はそんな2モデルを徹底比較! スペック・価格ともに競り合っている両者の違いをみていきます。

各数値から見る「エルフィールド」と「トンネル2ルームハウス」の違い

本体サイズ

出典:snowpeak
使用時サイズ約600×380×210(h)cm
収納サイズ83×30×34(h)cm
重量約15.5kg
まずはエルフィールドから。収納可能人数は4人。前面と背面、両サイドすべてメッシュにでき、オープン&クローズも可能です。
出典:coleman
使用時サイズ約660×330×200(h)cm
収納サイズ約72×31×31cm
重量約16kg
2ルームハウスの収納可能人数は4~5名。前面と背面、後部の両サイドをメッシュにすることができ、オープン&クローズも可能です。
出典:snowpeak
両者ともかなり近しいサイズ感。全長は60cmほど2ルームハウスの方が長く、横幅はエルフィールドの方が50cmほどワイドです。
エルフィールド スカート
出典:snowpeak
また共通しているのが、スカートの配置位置。リビングス用スペースのみで、インナーテントの周囲にはありません。

インナーテント

出典:snowpeak
エルフィールド約315×230×175(h)cm
インナーテントは本体内側についているリングに、インナーテントのトグルをひっかけていく吊り下げ式。ボトムの前側は、ループをペグダウンで固定します。後部はゴム製のループがついており、外側にある本体を固定しているペグに引っかける仕組み。
コールマン 2ルームハウス  室内
トンネル2ルームハウス300×235×185(h)cm
一方も、エルフィールド同様の吊り下げ式。大きく違うのは、ボトム部の固定方法。本体とインナーテントについているバッグルをはめるだけなので、設営はトンネル2ルームハウスの方が手間が少ないです。

サイズ面でいうと、横幅はエルフィールドの方がやや広め。一方で、高さはコールマンの方に軍配が上がります。

耐水圧

撥水
出典:Pixta
生地は両者とも、75Dポリエステルタフタを採用。アメニティードームやエントリーパックTTのヴォールトなど、スノーピークのエントリーシリーズと同じ素材です。

しかし数値でみると、エルフィールドは1,800mmミニマム、2ルームハウスは2,000mmとなっています。ですがエルフィールドにはフライシートの上に被せる「ルーフシート」があるため、数値だけでは一概に言えません。

価格

お金
出典:写真AC
スノーピークにも「ランドロック」や「リビングロングシェル.Pro」など、オールシーズン仕様のテントはあります。しかし価格は15万円以上ほどと、なかなか手が出しにくいお値段でした。

しかしエルフィールドはそれよりも半額に近い価格。「待ってました!」の一言につきます。

▼ランドロック&リビングロングシェル.Proについて詳しくはこちら!

コールマンのトンネルテントの中では、やや安め~平均ぐらいの価格。ブームの先駆者であるDOD「カマボコテント 2」と同じくらいの価格で販売されています。

他にも人気トンネルテントと言えばogawaの「アポロン」や、ノルディスクの「レイサ6」は大体15万円前後する価格帯なので、そう考えると両者ともリーズナブルな価格と言えます。
▼アポロンについて詳しくはこちら!

▼レイサについて詳しくはこちら!

設営方法に違いはあるのか?

サイズ、形ともにそれぞれ近いテント、次に気になるのは設営のしやすさですよね。設営方法の違いやいかに……?

リッジポールの有無

メインポールはいずれも4本、立ち上げるまでの工程もほとんど同じです。しかしその先が少し違い、エルフィールドは尾根の部分にリッジポールを縦に入れる仕様です。

上の写真だと背骨のように、なだらかなカーブを描いている部分にポールが通っており、先端が少し突き出ています。
2ルームトンネルハウスの設営途中 一方トンネル2ルームハウスは、前室部のポールサイドにバイザーポール(写真、右手で人が抑えているポール)を差し込んでひさしを作るような仕様。

設営面では、エルフィールドの方は2m以上の高さがある天井部分にリッジポールを差し込んでいくので、身長によっては苦戦しそうですね。

エルフィールドとトンネル2ルームハウスで迷ったら、こう選ぼう

エルフィールドは、こんな人にオススメ

エルフィールドとキャンプ場 ・開放できるパネルは多いほうがいい
・日差しを抑えてくれる機能が欲しい
・カラバリ不要、スノーピークカラーが好き

前後両サイドをメッシュにすることができ、開閉することもできるエルフィールド。日差しを緩和してくれる「ルーフシート」がついているのもポイント高いです。
ITEM
スノーピーク  エントリー2ルーム エルフィールド TP-880
●キャリーバッ グサイズ:83×30×34(h)cm
●重量:15.5kg
●対応人数:4人

トンネル2ルームハウスは、こんな人にオススメ

トンネル2ルームハウス キャンプ ・設営は簡単な方がいい
・リーズナブルなテントの方がいい
・好きな色を選びたい

設営のしやすさで言えば、トンネル2ルームハウスの方に分があります。価格もエルフィールドよりも安く、インディゴレーベルやAmazon限定カラーなど個性が出せるデザインも◎。
ITEM
コールマン トンネル2ルームハウス
●使用時サイズ:約660×330×200(h)cm
●収納時サイズ:約72×31×31cm
●重量:約16kg

エントリー向けのトンネルテントは、この2強で決まり

エルフィールド キャンプ 今回紹介したエルフィールドとトンネル2ルームハウスは、通年楽しめるオールシーズンテント。ルーフシートがついており、若干サイズが大きいのはエルフィールトンネルテントを狙っている方は、まずはこの2強を検討してみてはいかがでしょうか?


関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

» コールマンの高価買取なら買うトドア

エルフィールド キャンプ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
夏野 栄

作家でクリエイター、アウトドアライターでファッションエディター。アウトドア誌やファッション誌で連載するほか、ノベル執筆やプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。Tw@nhaeru

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!