家にいながら試着できる!?Amaoznの新サービス「Prime Wardrobe」を使ってみた

2019/01/15 更新

ネット通販でお買い物をするのが当たり前になってきた昨今ですが、服や靴などを買うのにサイズで悩むことってありますよね?そんな時に使える新サービスをAmaoznがリリースしました!今回は、実際に試してみたその様子をご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:筆者

Prime wardrobe(プライム・ワードローブ)とは?

アマゾン ランキング
撮影:編集部
キャンパーのみなさんも一度は使ったことのあるでしょう、インターネット通販サイトの大手「Amazon」。実はこの秋から新しい「試着サービス」が始まっているのをご存知でしたか?

出典:Amazon
その名は、「prime wardrobe(プライム・ワードローブ)」。Amazonプライム会員対象のサービスで、購入前に無料で自宅にアイテムが届き試着できるという画期的なサービスです。

試着して気に入らなかったら全て無料で返品することも可能。まさに至れり尽くせりのサービスですが、果たしてその実態は如何に……。

実際に使ってみた

出典:Amazon
ということで早速使ってみました。まずはプライム・ワードローブのページへ行きます。「まとめて試着、気に入ったらお支払い」というなんとも魅力的なキャッチコピーが!

アウトドアブランドをチェック!

出典:Amazon
まずは気になるのが品揃え。アマゾンの全商品が試着できるというわけではなく、あくまでもプライム・ワードローブ対象のアイテムのみなので探しているアイテムがあるとは限りません。

ブランドカテゴリーの一覧をチェックしてみると、主にファッションブランドが軒を連ねていますが、カテゴリーでスポーツウェアーを選択するとアウトドアブランドがかなりヒットします。

ザ・ノース・フェイスやメレル、グレゴリーなどアウトドア好きなら一度は手に取ったことがあるであろうブランドも多数取り扱われています。

注文方法はかんたん!

ワードローブ
出典:Amaozn
試着したいアイテムを決めたら「試す」を選択します。通常の買い物かごに入れてしまわないように注意! 試着専用のかごが表示されるので、気に入ったものはそこに追加していきます。

ワードローブ
出典:Amaozn
通常のお買い物と違う点の一つで、商品の注文は「3つ以上8つまで」と表記があります。試着かごの商品が3つを超えないと注文ページへ行けないシステムになっています。

出典:Amaozn
お店でお買い物中に試着する時と同じように、同一商品の色サイズ違いをはじめ、欲張ってシューズやバッグも入れた計5点を注文してみました。

この時点で注文ページには「本日の請求金額0円」と表示されています。あとは到着を楽しみに待つのみです。ちなみに最短で注文日から翌日の配達が可能とのこと。

試着から返送までの流れ

いざ試着

撮影:筆者
商品が届きがました。ダンボールには「prime wardrobe」と表記されています。通常のお買い物同様、開封する瞬間は一番ワクワクしますね。

撮影:筆者
タグ付きでしっかりパッケージングされています。注文したアイテムがちゃんと届いているのを確認したらいざ試着です!

通常の試着では付かないタバコの匂いや汚れが付いてしまうと買取になってしまうので、自宅とはいえ気をつけましょう。ちなみに筆者はダンボールにコーヒーをこぼしてしまいあわや大惨事でした……。

撮影:筆者
撮影:筆者
届いた商品を早速試着しみました! やっぱり実際に着るとサイズを確認できる以外にも、手持ちのアイテムと合わせてコーディネートできたり、画面上では判りにくい色をしっかり確認できる点がかなりいいですね。

今回、サイズは良かったのですがあまり似合わなかったので全て返送することにしました。通常の通販ではこういった理由では返品しにくいですが、ここが試着サービスのいいところです。

返送用の着払い伝票も同封!

撮影:筆者
オンラインで返送手続きを済ませたらアマゾンに商品を送ります。ご覧の通り届いた商品と一緒に返送用の着払い伝票が同梱されているのでそちらを使用します。ダンボールは商品が入っていたものと同じのを使うので捨てないようにしましょう。

試着期間は配送完了の翌日から7日間。それを越してしまうと請求が発生してしまうので注意が必要です。

ちょっと気になる点

と、以上がプライム・ワードローブの使い方でした! とても簡単なのがお分かり頂けたと思いますが、実際に使ってみた気になった2つの点がありました。

アマゾンのカスタマーセンターにも問い合わせたので、その回答と合わせてご紹介します。

プライム・ワードローブ対象の商品であっても試着できないものもある?

出典:Amaozn
同じアイテムのサイズ違いを試してみたかったのですが、サイズによってプライム・ワードローブの「試す」ボタンがあったり、通常の「カートに入れる」ボタンしか表示されないアイテムがありました。

度々この現象が起きるのでアマゾンに問い合わせてみました。

筆者「商品の色やサイズによってはプライム・ワードローブ対象商品であっても試着かごに追加できないものがあるのですが、原因を教えてください」

「販売元の都合で試着ができないサイズや色がございます。」

筆者「商品を選んで試着かご追加ボタンが現れるか否か以外に試着サービス対象外かどうか見分ける方法はありますか?」

「今のところお客様がおっしゃった方法しかございません。改善点として社内にて情報共有させていただきます。」

とのことでした。サイズ違いが着れないと少し不安もありますよね。ここは今後の改善に期待します。

試着数の上限と別に設定されている「上限額」とは?

ワードローブ
出典:Amazon
注文ページでまたしてもエラーが発生。実は今回注文した他にも試そうと思っていたのですが、上限額を超えていますというアナウンスが……。どうやら上限額が存在しているようです。上限額がいくらかはわからないので3点削って10万円ちょっとにしたら注文できました。こちらもアマゾンに問い合わせてみました。

筆者「上限額とはいくらに設定されているのでしょうか?」

「上限額はお客様のご利用履歴や情報によって個人差がありますが、具体的な情報は開示できかねます」

とのことでした。個人差があるにしても、最初から上限金額を提示できた方が使う側にとっては親切な設計ではないかと思います。ここも改善を期待しましょう。

ワードローブのポイントまとめ!

最後にプライム・ワードローブを活用する時のポイントをまとめます。

良い点

・プライム会員から、すぐに利用が可能。
・オンラインショップでサイズをしっかりと確認できるという画期的なサービス。
・取り寄せから返送まで全てが無料。
・自宅で試着ができるので、手持ちの洋服と合わせてコーディネートを検討できる。

利用上の注意点

・すべてのアイテムを試着できる訳ではない。
・同じアイテムでもサイズや色によって試着できるものとできないものがある。
・一度に試着できる点数は8点まで。
・ただし上限金額の設定があるので、実際にカートに入れると8点注文できない場合もある。

これからの使い勝手にさらなる期待……!


Amazonの試着体験、いかがだったでしょうか? 商品情報の取集やお買い物だけでなく試着まで自宅でできてしまうサービス。オンラインショップの新しい形を体感できました。

まだ始まったばかりのサービスなので、イマイチな点も否めませんがこれからに期待したいと思います! プライム会員であればすぐに試せるので、気になるアイテムがある方はぜひ試着してみてください!
山田昭一の記事はこちら

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
山田昭一

前職はスノーピークのプレス。現在はフリーでライター業、ブランドPRやモデルなどに携わる。キャンプ、登山、渓流釣りやサーフィンなどアウトドア全般が趣味。日々の活動はインスタグラム@yamadazeにて。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!