冬キャンプの新提案!キャンプはついで。わざわざ行きたくなるショップ17選【関東・関西】

2018/12/30 更新

気になるアウトドアショップ、冬シーズンにこそ行ってみませんか?キャンプ場と一緒に「行きたいアウトドアショップ」を選んでから観光ルートを決めれば、冬キャンプの楽しみ方の幅はもっと広がって見えてくるかも!今回はそんなキャンプとセットで行きたいアウトドアショップ17選をご紹介!


アイキャッチ画像出典:osakacampal20171011

冬はショップ観光メインで、キャンプへ行ってみる


出典:DOD
最近、どんどん新しいアウトドアショップがたくさん出てきているけどなかなか行けてない……そんな方は冬シーズンの今がチャンスかも!

冬キャンプは外でのアクティビティの難易度が高かったりするので、テントの中にこもりがち。であれば、そこの時間をショップ観光に回すのもひとつの手ですよね。

今回は、「ふだん気になっていたけど行けていなかったアウトドアショップに行くためのキャンプ」を新提案! 今のシーズンこそ、キャンプついでにショップへお出かけしてみましょう!


関東のここは行っときたい!おすすめショップ

アウトドアの魅力を体感!モリパークアウトドアヴィレッジ(昭島)

約6500坪という広大な敷地には、国際大会可能なクライミングウォールが。クライミングジムやミニトレッキングコースもあり、ショッピングだけでなく、アウトドアの魅力を体感できる商業施設です。
スノーピーク、コールマン、モンベル、ノースフェイスなど合計16店舗のアウトドアブランドが軒を連ね、広大な芝生の広場では、各ブランドのテントの展示会が行われることも。

10km圏内にあきる野エリアのキャンプ場や八王子エリアのキャンプ場がたくさんあるので、ぜひキャンプがてら足を伸ばしてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
営業時間:
平日 11:00 ~ 20:00
土日祝10:00 ~ 20:00
定休日:水曜日
所在地:東京都昭島市田中町610-4
電話番号:042-541-0700
公式サイトはこちら

直営キャンプ場でテントの試泊も!SOTOSOTODAYS(小田原)

小田原では初のスノーピークのショップインショップがあります。店舗外の広い敷地では、常時テントの展示が。なかなかお目にかかれないレアテントの展示会などイベントも豊富。

同社運営のキャンプ場「ezBBQ COUNTRY」ではテントの試泊展示、設営・撤収説明会も開催!

出典:sotosotodays
倉庫を改築した店舗内は天井にズラリとチェアが。遊び心あふれるディスプレイは見るだけで楽しくなります。

スノーピークやコールマンを中心に、山岳用テントやシングルストーブ、クッカーなど山道具まで豊富なラインナップが待っていますよ。

【店舗情報】
営業時間:
平日  11:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
定休日:毎週水曜日(祝祭日を除く)、1月1日 ~ 3日
所在地:小田原市扇町二丁目32番6号
電話番号:0465-40-4410
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

レアアイテムが目白押し!STANDARD point(河口湖)

雄大な富士山を眺めながらキャンプができる河口湖のすぐそば、フォレストモール富士河口湖内にあるSTANDARD point。

周囲にはキャンプ場も多く、同モール内にはスーパーや100円ショップもあり、食材の買い出しまでできちゃいます!

燕三条の高品質な鋳造ペグ「村の鍛冶屋」や、ミリタリー調のクールなランプシェードが人気のハーフトラックプロダクツ、ディッセンバーのDAISシリーズなどのレアアイテムが、実際に手に取れる貴重なショップです。

【店舗情報】
営業時間:
平日   10:00〜19:00
土日祝  7:00〜19:00
7月,8月は毎日7:00〜19:00 まで営業
定休日:毎週水曜日(7、8月は無休)
所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町小立8017-1 フォレストモール富士河口湖D棟
電話番号:090-3596-1019
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

上質なウェアデザインに惚れる。5LAKES&MT(河口湖)

三陽商会が2018年春に展開したブランド「5LAKES&MT」が、「河口湖オルゴールの森」内にオープンしたフラッグショップ。

アウトドア業界の第一人者、木村東吉氏がブランドナビゲーターを務め、彼の経験とこだわりが凝縮されたウェアデザインが魅力です。

「TRAIL」「BASE CAMP」「PADDLE」の3つのアウドドアシーン別にラインナップされたウェアは、機能もデザインも上質。英国ミラレーン社製の生地を使用した高い通気性を持つパーカーや、走れるレザートレイルサンダルなど、個性が光るオリジナルアイテムに出会えます!

【店舗情報】
営業時間:11:00〜17:00
定休日:火、水(祝日は除く)
※季節・天候によって営業時間・定休日に変更あり
所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町河口2847-1
(オルゴールの森美術館駐車場内)
電話番号:0555-73-9535
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

日常とアウトドアをつなぐアイテムが揃う。SUNDAY(甲府)

「街と山を繋ぐ」がコンセプトのショップは、山やキャンプで使えるウェアやギアだけでなく、タウンユースにもぴったりのファッショナブルなアイテムがいっぱい。

オーナーの石川さんやスタッフの想いがこもったSUNDAYの魅力は、県外にもたくさんのファンを作り出すほど。有名ショップとの合同ポップアップショップや音楽イベントなども人気です。

周囲を山々に囲まれた甲府は、10km圏内に人気のキャンプ場がいっぱい! 富士五湖エリアにもほど近く、河口湖エリアのショップとハシゴもできちゃいますよ。

【店舗情報】
営業時間:
月〜日:11:30〜20:00
木:  14:00〜20:00
定休日:水曜、第二、第三木曜日(祝日は営業)
所在地:山梨県甲府市国母1-19-9
電話番号:055-237-1773
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

オシャレな大物ギアが勢揃い!オートキャンプ用品専門店「CAMP MARKET」(草加)

出典:CAMP MARKET
主に「オートキャンプ」用品を専門に取り扱っているCAMP MARKET。広い敷地には専用駐車場が完備され、キャンプ帰りの車でそのままのアクセスもスムーズです。

コールマンのヴィンテージシリーズや、ネイチャートーンズのキッチンカウンターテーブルなど、キャンプサイトのインテリアをグッと格上げしてくれる大物アイテムが揃います。

10km圏内に舎人公園や水元公園、清水公園など高規格キャンプ場を備えた広大な公園が3つもあるほか、周囲の各市営キャンプ場も。オートキャンプ派にはピッタリの立地です。

【店舗情報】
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日、及び第1・第3・第5水曜日
※ 尚、毎月第3金曜日はCAMP研修日のためお休み
所在地:埼玉県草加市稲荷4-22-7
電話番号:048-934-5600
ショップ公式Instagramアカウントはこちら


アウトドアでの「火」に特化した専門ショップ。iLbF(イルビフ)(三郷)

アウトドアでの「火」がテーマの「iLbf(イルビフ)」は、なんと「団地」の一画にある珍しいショップ。ロケーションからは想像がつかないこだわりと雰囲気漂う空間です。

店内には薪ストーブがズラリ。イギリスのアネヴェイ「フロンティアストーブ」を筆頭に、日本の「新保製作所」の薪ストーブや、韓国のブランド「ヴィクトリーキャンプ」のストーブまで、あらゆるストーブが揃います。

「笑’s」のコンパクトグリルシリーズなどストーブ以外にも火にまつわる製品が充実。冬キャンプで薪ストーブデビューしたい人は必見のお店です。

こちら前述した草加市の「CAMP MARKET」から2kmほどなので、やはり周りには高規格キャンプ場が豊富。一度のキャンプでどちらも制覇しちゃうのもアリですね!

【店舗情報】
営業時間:
平日 11:00〜19:00
土曜日 10:00〜20:00
日曜日 10:00〜19:00
定休日:月曜日・隔週火曜日(営業日カレンダー参照)
※定休日が祝日でもお休み
所在地:埼玉県三郷市彦成4-4-17 みさと団地南商店街104
電話番号:048-951-4949
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

独自の世界観にゆったりとハマる。PURVEYORS(パーベイヤーズ)(桐生)

出典:Purveyors
「フィールドワークと旅」がコンセプトのPurveyorsは、アウトドア製品を中心に、新規参入ブランドなど、オーナー独自の視点で集められたセレクトアイテムが揃います。

3階立ての鉄工所をリノベーションして建てられ、吹き抜けの店内には大型のテントもゆったりと展示。

出典:Purveyors
キャンプギアだけでなく、日常に馴染むテーブルウェアなども幅広くラインナップ。1階には本格コーヒーが味わえるカフェもあり、Purveyorsワールドにどっぷりハマって過ごせます。

15km圏内には赤城山周辺のキャンプ場がたくさん。群馬県内にもたくさんのキャンプ場があるので、ぜひこの冬はPurveyorsに立ち寄りがてらキャンプを楽しんでみては?

【店舗情報】
営業時間:11:00〜18:00
定休日:不定休
所在地:群馬県 桐生市仲町2-11-4
電話番号:0277-32-3446
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

まるでアウトドアのテーマパーク!GOOD OPEN AIRS myX(グッドオープンエアズマイクス)(横浜)

神奈川トヨタが運営する総合アウトドアショップ・ウェアコーナー。まるでテーマパークのような広大な店内は、地下1階から2階までの3つのフロアでトヨタ自動車の販売から、キャンプ、釣り、マウンテンバイク、アウトドアウェアまで幅広いアイテムでカーライフをサポート。

最新のキャンプギアはもちろん、アウトドアブランドとのコラボによる数量限定のレアアイテムの販売にも精力的。過去にはペトロマックスのマイクス特注HK500アーミー本体&グリップスワニー製のケースセットなどが。また、新品だけでなくオールドランタンなどのヴィンテージアイテムまで並ぶ、驚きの品揃えなんです。

横浜駅徒歩7分という立地なので、すぐ近くとはいきませんが近郊の相模湖や丹沢湖方面にはキャンプ場がいっぱい。横浜観光も兼ねてぜひ足をのばしてみては。

【店舗情報】
営業時間:10:00〜20:00( PiPit :10:00〜19:00)( Clicks :11:00〜20:00)
定休日:火曜不定休
所在地:横浜市神奈川区栄町7-1myXビル
電話番号:0120-019425 045-459-2288
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

関西のここは行っときたい!おすすめショップ

秀逸すぎるラインナップは鳥肌モノ!Orange(伊都郡)

店内に一歩入ると、取り扱いメーカー&アイテムの多さに圧倒されるだけでなく、その商品セレクトの秀逸さに思わずゾクゾクしちゃいます!

話題のギアはもちろん、ガレージブランド系のアイアールベースやキャンプマニアプロダクツのグリルスタンドなどのレアアイテム、ヴィンテージギアまでカバー。
また、Orangeといえばやはり店舗前の広い敷地での圧巻のテント展示。北欧系テントやピルツなどの大型テントから、ニーモやMSRといったコアなテントまで設営された状態で見られます。

高野山からもほど近く、5〜10km圏内にキャンプ場がたくさん。Orangeを訪れるための和歌山での冬キャンプ、コレはアリでしょう!

【店舗情報】
営業時間:11:00〜20:00
定休日:無休(但し年末年始はあり)
所在地:和歌山県 伊都郡かつらぎ町妙寺488-4
電話番号:0736-20-1329
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

キャンプスタイルを一緒に考えてくれる。おおさかキャンパル(八尾)

MSRやスノーピークなど約40ブランドを取り扱うおおさかキャンパルは、キャンプ初心者から上級者まで幅広いキャンパーにオススメできるショップ。

店外の敷地で実際に貼ったリアルなテント展示でも有名ですが、2018年10月に、なんとテント展示専用の屋内ショールームがオープン。
天候に左右されず、寒い冬でもさまざまなテントをじっくり吟味できる夢の空間が、そこには広がっています。それぞれに合ったキャンプスタイルを一緒に考えてくれるおおさかキャンパルなら、きっとあなたにピッタリのギアが見つかるはず。

【店舗情報】
営業時間:
平日  10:30〜19:00
土日祝 10:00〜18:30
定休日:火曜日
所在地:大阪府 八尾市南太子堂5-3-7
電話番号:072-929-1010
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

ストイックなまでに洗練されたセレクト。Yosemite(橿原)

ストイックなまでに洗練されたセレクトで、国内外のギアやアパレルが揃うYosemite。看板商品のアンド ワンダーや、ハイパーマウンテンギアを皮切りに機能的でスタイリッシュなものばかり。

アースウェルのステンレスボトルなど今話題のポートランドカルチャーを体現できるアイテムも要チェックです。

10kmほど名張方面へ行けばキャンプ場もたくさん。奈良が誇るアウト度セレクトショップのための冬キャンプへ、GO!

【店舗情報】
営業時間:11:00〜20:00
定休日:水曜日(祝日は営業)
所在地:奈良県橿原市葛本町147-3
電話番号:0744-23-4730<
ショップ公式Instagramアカウントはこちら


王道アイテム勢揃い!AQUA(京都)

スノーピークのショップインショップであり、ユニフレームのプレミアムショップ、そして小川キャンパル認定特約店でもあるAquaは、各ブランドの公式取扱店としてアフターケアまで担う初心者キャンパーにもオススメのショップ。
定番ブランドだけでなく、武井・パープルストーブ501Aやマナスル96などのストーブ、ペトロマックスやヴェイパラックスのランタンなど通好みの火器も充実。Facebookで随時最新情報が更新されるので要チェックです。

周囲を山に囲まれ、琵琶湖にもほど近い京都は10km圏内にキャンプ場が盛りだくさん。Aquaに寄りつつ、周辺観光もうまく取り入れて充実の冬キャンプ、いかがですか?

【店舗情報】
営業時間:11:00〜19:30
※2018年12月、2019年1月、2月は13:00〜18:30
定休日:火曜日・水曜日・年末年始(その他臨時休業あり)
※2019年2月12日(日)〜3月4日(土)まで長期休業
所在地:京都市南区吉祥院嶋樫山町26
電話番号:075-201-5655
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

日本最大級!5万点以上の品揃え!アルペンアウトドアーズ春日井店(春日井)

2018年にオープンしたアルペンドアーズ春日井店は、160ブランド5万点以上と日本最大級の品揃えを誇る超大型店舗。

テントなどが展示された広大なウッドデッキを中心に、ブランド別コーナー、LIving・DIningなどのジャンル別コーナーが周囲に配置。
広大な店内は子どもの楽しめるコーナーがあるほか、ストウブの鍋を使った無水調理のイベントなどが随時開催され、家族で丸1日楽しめる空間になっています。

10km圏内には犬山方面にキャンプ場がたくさんあるので、近くでキャンプしてじっくりと楽しむのがオススメです。

【店舗情報】
営業時間:10:00〜20:00
定休日:なし
所在地:愛知県春日井市東野新町2丁目1−21
電話番号:0568-56-7261
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

アウトドアフリークを呻らせる一目惚れギアが満載!muontain mountain factory(名古屋)

最新ガレージブランドからレアなヴィンテージものまで、店主自ら海外で買い付けた「本当に使いたい」ギアが所狭しと並ぶ店内。どれもアウトドアフリークを呻らせる一目惚れ必至ギアばかり。
多くの焚き火ラバーを魅了する「ソロストーブ」や、サンゾクマウンテン「デルタテーブル」などのほか、国内ではなかなかお目にかかれないレアなギアたち。どれも売り切れ必須だからショップの入荷情報のチェックをお忘れなく。

同じく愛知県にあるアルペンアウトドアーズ春日井店からは約10kmほど。うまくスケジューリングすれば両方訪れるのも十分可能です。ただし、きっと欲しいモノだらけなので散財し過ぎには十分ご注意を!

【店舗情報】
営業時間:
平日  12:00〜20:00
土日祝 10:00〜19:00
所在地:名古屋市昭和区白金2-14-5
電話番号:052-881-1006
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

研ぎすまされたアイテムたちが密やかに息づく。COTTAGE(久留米)

スポルテスアウトドアツールズ日本正規輸入元として、コンパクト焚き火「FIREWAALL-003」などシンプルで洗練されたアウトドアアイテムを取り扱うCOTTAGE。

グリルプレートがついて簡易調理が可能になった新作「FIREWAALL + PLUS」もいち早く入荷、スポルテスファンは要チェックのショップです。

そのほか、「Ono / Ono kezuru」やスノーピークのフォールディングトーチ専用のカスタムグリップ「asigrip_FT」など、ネルデザインワークスとアシモクラフトのコラボシリーズも随時ラインナップ。

筑後川沿いなど周辺にはキャンプ場も多く、太宰府天満宮までも約20kmほど。ショップ巡り&福岡観光をうまく組み合わせ、充実した冬キャンプをぜひ。

【店舗情報】
営業時間:10:00〜18:00(月〜金)
所在地:久留米市山川追分1丁目14−8 2F
電話番号:050-3743-5014
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

2018年オープン!スノーピークおち仁淀川(高岡郡)

こちらは2018年の4月にオープンしたばかりのスノーピークが運営するキャンプ場です。水質ランキングで全国1位を誇る清流仁淀川に面した美しいキャンプフィールドには、四国初のスノーピーク直営店も併設。

おち仁淀川店限定デザインのスノーピークTシャツなどさまざまな限定アイテムもラインナップ。

そしてなんと、世界的な建築家・隈研吾氏監修で話題のあのモバイルハウス、「住箱-JYUBAKO-」が10棟も設置! パネルを開けた目の前が清流仁淀川という最高のロケーション。もちろんエアコン付きなので冬でも自然との調和を感じながら快適に過ごせます。

スノーピークワールド全開のおち仁淀川キャンプフィールドで、ショッピングも冬キャンプもどちらも楽しんでみませんか?

【店舗情報】
営業時間:ストア/09:00~18:00
定休日:水曜日
所在地:高知県高岡郡越知町片岡4番地
電話番号:0889-27-2622
ショップ公式Instagramアカウントはこちら

ショップ巡りで次の季節のキャンプへ想いを馳せる

憧れのアウトドアショップに行くためのついでの冬キャンプ提案、アリでしょう? もちろん冬キャンプならではの楽しみも味わいつつ、素敵なショップで春夏のキャンプで活躍するであろうギアたちに想いを馳せる……。これもアクティビティの少ない冬キャンプならではの楽しみの1つではないでしょうか。

普段なかなか行けないショップに足を伸ばして、新しい刺激を受ければマンネリを打破できるに違いありません!

 
Trying to break the rut in response to the new stimulus!新しい刺激を受けてマンネリを打破しよう!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、高3長男、中1次男、小4長女、インコのキィちゃんの6人で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。夫婦でトレラン目指しトレーニング中! Instagramアカウント:@dimikoyamada

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!