教えて!「ショップ店員さん、冬アウターの選び方ってどうすればいいの?」

2019/01/17 更新

暖冬とはいえさすがに冷えてきた今日この頃。冬のアウターにお悩みの方も多いのではないでしょうか?キャンプの時でもサイトをオシャレに設えてみたけど服装はいつも一緒……なんてことも。今回はプロの意見を聞くべく横浜の人気ショップへ赴き、今着るべきアウターの最新機能やデザインを解剖してきました!


記事中画像撮影:黒崎健一

アウター選びは絶対に失敗したくない


アウターを選ぶのに、デザインを取るか機能を取るかという時代は終わり、高機能でハイセンスなアウターが増えたからこそ、今一度現在のアウター事情を見直したい。まさにアウター群雄割拠時代ですが、安い買い物じゃないだけに慎重に選びたいところ。

ということで、人気アウトドアショップの店員さんに「冬のアウターの選び方」を伺ってきました!

「マイクス」の店員さんに聞いてみた


今回のナビゲーターは、アウトドアショップ「GOOD OPEN AIRS myX(グッドオープンエアズマイクス)」の物販事業室でウェア・バッグ・シューズ担当の廣瀬さん。


アウター選びのポイントとは?

具体的にどんな機能が自分に必要なのかということと、着ていてモチベーションが上がるかっこよさを持っていることがポイントだと思います。入口がいずれにせよ長く付き合う上でどちらも大切なことですね。

仕事や住んでる地域の気候、趣味などを踏まえて、どこでどう着るかが大きなポイントになりそうです。

具体的にアウターを探しに行く前に知っておくべきこととは? もっと踏み込んで聞いてみました。

アウター選びで見るべき3つのポイント

その1. 防風・防水性

まず、防風性と防水性は、デイリーに着る上でかなり重要な機能だと思います。天候を気にせず毎日着れるというのはストレスフリーですよね。

防水性では、GORE-TEXが採用されているものを選ぶのがカンタンな目安。また、防風防水機能に特化したシェルタイプをアウターに選ぶなら、中間着としてインナーダウンやフリースをプラスして、シーンに合わせて着脱して体温調節がこまめにできるような着方がおすすめです。

確かに通勤時の電車や車の中は、アウターを着たままだと汗をかくほど暑いことがあります。着方を工夫すればシーンを選ばず快適に過ごせそうですね!

こちらは1枚で雨も防げるうえに暖かい万能系のアウター。アークテリクスの「ATOM AR HOODIE」です。

コアロフトというアークテリクスオリジナルの疎水性と保温性の高い中綿を採用し、表地はリップストップナイロンで撥水性があり小雨程度なら余裕で防げるアウターなんです。

高い保温性がありながらも雨にも強いウェアというのは多くはないので、「防風性」「防水性」、この2つに「保温性」が欲しいか欲しくないかを選ぶ際の基準にしてみるといいかもしれません。

温かいうえに防水加工もされている1枚2役のウェアなら、重ね着が苦手な人でも安心ですね。例に挙がった「ATOM AR HOODIE」のコアロフトも、プリマロフト同様濡れても水をほとんど含まない素材なので、洗濯ができるのも嬉しいポイント。


その2. コンパクト性

防風・防水性の次は、コンパクト性。これはアウトドアウェアならではのアウター選びのポイントかもしれません。

できるだけ普段の荷物をスマートにまとめたい、という方は収納力に重点を置いて選んでいくと、お好みのアウターにたどり着くのが早いはず。

冬の本格的な寒さを凌げるアウターはどうしてもかさばりがち。そこで頼りになる機能がポケッタブルで持ち運びが楽という点。移動が多い人や荷物を減らしたい人にはもってこいのアイテムです。

例えば、パタゴニアの「DOWN SWEATER HOODY PULLOVER」は軽くて暖かいのはもちろんのこと、プルオーバーというデザイン性とコンパクト性を持ち合わせています。

ご覧の通りフロントのカンガルーポケットに本体を収納可能。収納サイズは小さいので使わないときでもカバンに忍ばせておけば、いざという時に着ることができてとても便利です。




その3. デザイン性

マイクス アウトドアギア担当の中川さん

街でも自然の中でも着れて、シチュエーションやスタイリングを問わず馴染むデザインは冬の強い味方です。冷え込んだ朝、今日のパンツにはこれが合うかな? なんて考えず、アウターを手に取り家を出れる……。「暖かくてカッコいい」は誰もが望むキーワードですよね。

デザインというポイントで廣瀬さんが紹介してくれたのは、よく見るハイテクやスポーティーな見た目とは対極のウールリッチの名品「アークティックパーカー」です。

とにかく暖かいんです。合わせる服を選ばないのも、冬の間に毎日着るには大事な条件ですね。ポケットもたくさん付いていて、収納力が高いのも嬉しい配慮。普段着はもちろん、キャンプの際やスーツに合わせてもかっこいいですよ。

どんなインナーでも合わせやすい汎用性のあるデザイン性や、1枚羽織るだけでビシッと決まるデザイン性のものだったりと、自分が求めるアウターを選ぶことが大切ですね。

ウールリッチの「アークティックパーカー」は、生地のアップグレードなどはあるものの、1970年頃からほとんど変わっていないデザインは質実剛健かつスマート。まさにオーセンティックなアイテムです。

スポーティーなイメージのアウターではなく、こういった選択肢もあることを頭に入れておくと、アウター選びの選択肢はグッと広がりますよ。

ライフスタイルに合った一着を

プロが教えるアウター選びのポイント、いかがだったでしょうか? オンオフ含め日々の活動に必要な機能、毎日着たくなってしまうかっこよさなど、自分のライフスタイルに一番合ったアウターを探しに行きましょう!

▼ショップ情報
GOOD OPEN AIRS myX
(住所)神奈川県横浜市神奈川区栄町7−1 myXビル
(電話)045-459-2288
アパレル・バッグなどセールにつきスペシャルプライスで提供中!
※2018年は12月29日土〜1月3日木 年末年始休業
年明けは1月4日金午前9時より営業
www.goodmyx.com

おすすめショップ記事はこちら!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
山田昭一

ファッション、アウトドア業界での経験を生かし、フリー転身後はライター業やブランドディレクション、PRに携わる。休日はキャンプを中心に釣りやサーフィンを楽しむなど本格的なアウトドアに傾倒。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!