【2019年新作】画期的なYポール型テントが出現!? 進化の止まらない、ogawa渾身の4テント

2019/01/17 更新

勢いの止まらないogawaが、本日より2019年新作テント・タープの予約受付をスタート!来年の2月に発売を控えた新作たちは、どれも画期的なデザインの期待作ばかりです。いち早く新作をチェックしておきましょう!


2019年もogawaの快進撃が止まらない!


ogawaから2019年NEWアイテムの情報をキャッチ! 2018年にはキャンプ入門モデル「Entry Class」を投入、また「グロッケ12/TC」や「アポロン」といった新定番モデルを続々輩出し、話題を呼んでいました。

そんなogawaは、2019年も飛ぶ鳥を落とす勢いで新作テント・タープを発売予定!


今回は、新作の中から2月中旬に発売を予定している4テント+2タープの計6モデルをご紹介。来年は、どんなテントがキャンプシーンを盛り上げるのでしょうか? 早速見ていきましょう!

ティエラシリーズ最小最軽量モデル「ティエラ リンド」


ogawaのフラッグシップモデル”ティエラシリーズ”には、最小最軽量の3人用の「ティエラ リンド」が新登場!

リビング、寝室ともに無駄のないサイズ感は、カップルや小さなお子さん連れのファミリーキャンパーさんに打ってつけ。


設営はとっても簡単! 上記写真に見える黒い「セルフスタンディングテープ」を固定し、順番にポールを固定していくと自然にフレームが自立してくれます。


あとはフライ、インナーテントを設置しペグで固定すれば完成です。一般的な大型2ルームテントの設営に不安を抱いていた方も、この”サイズ感+設営の簡単さ”にキャンプデビューを後押しされる一張りとなるのでは?

「ティエラリンド」の詳細はこちら

いつでも常備しておきたい「カーサイドシェルター」


車に常備しておけば、いつでもデイキャンプが楽しめる「カーサイドシェルター」は、ogawaのベストセラーアイテム「カーサイドタープ」と「カーサイドリビング」のちょうど真ん中サイズ。サイドを巻き上げて写真のようなタープ使いはもちろん……


フルクローズすれば、シェルターとしても使用できます。


シェルターの中にはコットを置ける程の広さがあるので、秋冬は車中泊、春夏はシェルターの下でコット寝スタイル、と気候に合わせたスタイルを楽しめそうですね!

付属の吸盤フックで装着も簡単なので、いつでも外遊びができるよう車内に備えておきたいアイテムです。

「カーサイドシェルター」の詳細はこちら

次はこれが主流に!?進化系ワンポール「アテリーザ」


これまでにないライトグレーのカラーに目を引かれる「アテリーザ」。しかしこのテントの特徴はカラーだけではないんです。テントの天井部分にご注目ください!


実はこのテント、ワンポールならぬY型ポールを採用しています。これは天井に頂点を2つ作ることで、居住性を大きく向上させるため。


「ピルツ12」と同じ床面積ながらも、Y型ポールの効果により広く感じられます。また生地の素材には、リップストップを採用し軽量化も実現。


オプションアイテムとして「ハーフインナー」の発売も控えているため、使用する人数に合わせてサイトアレンジを楽しんでみてはいかがでしょう。

「アテリーザ」の詳細はこちら

この解放感がたまらない!アルミフレームシェルター「ネオキャビン」


ご覧ください、この解放感! 自然の中で過ごす時間を思う存分堪能できそうな「ネオキャビン」。こちらは、別売りのインナーテントを購入すれば2ルームテントとしても活用できる汎用性抜群のシェルターです。


シェルターの全面に大きなメッシュパネルを配し、圧迫感を感じない空間を作り出してくれます。シェルター内の広さは、メインテーブルの両サイドにチェアを4脚ずつ置いても余裕があるほど。


もちろん雨や日差しに合わせてフルクローズも可能なので、天候に左右されずにキャンプを楽しむことができますよ。

「ネオキャビン」の詳細はこちら

大人気モデルに新サイズ4人用「グロッケ8」が仲間入り


2018年に発売された5~6人用の「グロッケ12/TC」からNEWサイズが登場! コンパクトで扱いやすい4人用の「グロッケ8」が加わりました。


設置した際のコンパクトさは、6mの区画でも余裕でテントが収まるほど。キャンプ場の区画の広さを選ばない大きさが魅力的ですね!

しかし、そうなると次に気になってくるのが居住空間の快適さ。


「グロッケ8」は、テント全体の大きさが一回り小さくなったものの、最大の特徴であるサイドの立ち上がりの高さは72cmと変わりありません。

しっかりと高さを保つことで、デッドスペースもなく圧迫感を感じさせないグロッケの魅力がそのまま発揮されます。


さらに大きさだけでなく、もう一つの変更点も! 5~6人用の「グロッケ12/TC」はその名の通り、素材にテクニカルコットン素材を採用していました。

しかし新作の「グロッケ8」はリップストップ素材を使用。重量も抑えられより扱いやすくなっています。コットン素材に抵抗があった方も買い替え検討候補となるのではないでしょうか?

「グロッケ8」の詳細はこちら

重さはたったの560g!「システムタープペンタ3×3」


先ほどご紹介した「グロッケ8」と相性抜群の「システムタープ ペンタ3×3」も新登場。リップストップ素材でできており、重量はたったの560g! 収納サイズも約33×15×12cmとコンパクトなので、バックパックに入れて携行することができます。

 


正五角形のデザインでハトメが5箇所にセッティングされており、ogawaの代名詞であるセッティングテープも健在!

セッティングテープを活用すれば、ogawaの「ホズ」や「ステイシー」といった小型テントにも連結可能です。また先ほどご紹介した「グロッケ」には、出入り口のフレームへの直接接続ができたりと連結がより手軽に!

利便性の高さに期待したい「システムタープ ペンタ3×3」は、お値段はなんと10,584円(税込)。「グロッケ8」と合わせて購入を検討したいですね。

「システムタープペンタ3×3」の詳細はこちら

ogawa初となる「GRAND lodge CAFE」もオープン!


新製品をご紹介してきましたが、アイテム以外にもHOTなニュースが! ogawa直営のアウトドアストア「GRAND lodge 小平」と同じ建物内に、初となる直営のアウトドアカフェ「GRAND lodge CAFE」が2019年1月11日にオープン予定。


店内には実物のテント立てられ、まるでキャンプに来たかのような雰囲気に。


思わずキャンプで真似したくなるようなフード&ドリンクが提供されますよ。美味しいキャンプ飯はもちろん、テントの購入で悩んでいる方は実物をチェックできる「GRAND lodge CAFE」に足を運んでみてはいかがでしょう!

GLAND lodge CAFE Facebookページはこちら
GLAND lodge CAFE Instagramページはこちら

ますます進化し続けるogawaに期待!


いかがでしたか? 今回ご紹介した製品は、本日よりogawaの公式オンラインストアで予約受付を開始したものばかりです。気になる製品があった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

2018年のogawaラインナップをプレイバック!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!