CAMP HACK[キャンプハック]


キャンプに持っていく袋はコレがいい!もっと早く知りたかった “アイラップ” 活用法

0


レシピ1:とってもジューシーな「煮豚」

<用意する食材>
豚バラブロック 適量
塩コショウ 適量
醤油 適量
アイラップミニ 1枚

アイラップ<作り方>
1 豚バラをコッヘルに入れやすい大きさにカットする(アイラップを手袋代わりにすると、手を汚しません)
2 豚バラ、醤油、塩コショウを直接アイラップミニに入れて揉み込む
3 沸騰したお湯に10分間入れる
4 火を止め、さらに10分間おく

アイラップアイラップ こんなに簡単なのに、安いお肉でもしっとりやわらか、肉汁ジュワ~っと、とても美味しくできました!

今回、調味料は目分量で作っています。お肉のサイズや、好みのしょっぱさもあると思うので、調味料は適宜調整してみてくださいね。

レシピ2:しっとりやわらか、極上「鶏ハム」

<用意する食材>
鶏むね肉 適量
ハーブソルト 適量
アイラップミニ 1枚
アイラップ<作り方>
1 鶏むね肉をコッヘルに入れやすい大きさにカットする(アイラップを手袋代わりにすると、手を汚さない)
2 鶏むね肉、ハーブソルトを直接アイラップミニに入れて揉む
3 お湯が沸騰したら、火を止めて入れる。そのまま1時間ほど放置する

アイラップ
放置時間は、お肉の大きさ、外気温などにも左右されるため、状況に応じてプラスマイナスを。今回は小さなサイズにしたので、1時間ほどでちょうどよかったです。

サラダにも合いますし、おつまみにもなる鶏ハム。火器を使用する時間も短いので、エコで安全です!

レシピ3:おやつにもお昼にもなる「フレンチトースト」

<用意する食材>
厚めの食パン 1/2枚
卵 1個
牛乳 100ml
砂糖 適量
アイラップ ダブルジッパーNEO 1枚
アイラップ<作り方>
1 卵、牛乳、砂糖をアイラップ ダブルジッパーNEOに直接入れて揉む
2 1がほどよく混ざったら、食パンを入れて、卵液を吸わせる
3 食パンを取り出し、弱火で焼く
アイラップ アイラップ1枚で完結するため、洗い物が出ずとってもラクちんです!

手もみでも意外と混ざり合いました。時間があるときは、卵液を吸わせる時間を作るといいかもしれません。

番外編:冷えてしまったパンやおにぎりも温められる

アイラップ これからの季節、買っておいたパンやおにぎりが「冷えてしまった!」なんてこともありますよね。そんなときは、沸かしたお湯の中にイン。2~3分入れておくだけで、ほどよい温かさに。

ちょっとひと手間かけるだけで、ホカホカで美味しく食べられます。この方法、登山のときにも役立ちますね!
アイラップ もちろん、ひとつの鍋で味の異なるものを同時に温めることも可能。水の無駄もなくなり、一石二鳥です。

使用時に注意すること

アイラップ これだけ便利な万能アイラップですが、いくつか注意点があります。

1、加熱するときは完全密封しない
2、120℃以下で使用する
3、鍋の底やフチに当たらないようにする
4、カレーなど油分の多い食べ物を入れるときは、電子レンジで加熱しない(高温になりすぎて破れる可能性があるため)

この4点です。
アイラップ 今回は、密封しない代わりに、くるくるっとツイストして湯せんにかけましたが、特に水が浸入してくることはありませんでした。もし心配な場合は、二重にしておくと安心です。
アイラップ また、フタをしてしばらく放置していたら鍋のフチに当たる部分が高温により溶けてしまいました。燃やしても有毒ガスは発生しない素材ではありますが、フタは使用しない方がよさそうです。

“もしも”のときにも役立つアイラップを常備しておこう

日常使いはもちろん、もしものときには鍋を汚さず調理できるので、防災グッズとしても重宝します。炊飯器を使わずにお米を炊くこともできますし、調理以外にも製氷袋にしたり、使い方はさまざま。アイデア次第で、用途がグーンと広がるアイラップ、ぜひストックしておきたいものです。

 
山畑 理絵の記事はこちら

山畑 理絵

春夏秋冬、日本の美しいフィールドを求めてフラフラしているアウトドアライター。元・キャンプ用品店勤務。自分にとって心地のいい暮らしを模索しつつ、ハーフビルドした小さなログハウスで日々活動しています。

関連記事