【マキタ製品すごい】キャンプと相性No.1は「ブロワー」!? 5つの革命的な使い方

2019/06/13 更新

マキタのアイテムはやっぱりキャンプと相性抜群だった!?今回はマキタの「ブロワー」に注目。いわゆる送風機のことですが、これがキャンプのあらゆるシーンで使えるんです。夏に話題になったサーキュレーターよりも使える可能性が高いかもしれない、その魅力をたっぷりとご紹介します!


アイキャッチ・記事内画像撮影:編集部

またまたマキタのアイテムがすごい

2018年の夏に無骨で男前なルックスと、機能性の高さから多くのキャンパーに支持された「マキタ」のサーキュレーター(扇風機)。

編集部員もマキタの魅力にとりつかれ、車中泊用に扇風機を購入しました。しかしそれだけでは満足できず、新しいマキタアイテムを探していたところ、ついに出会ってしまったのです。


それがこの「ブロワー」と呼ばれる送風機。ただ“風を送るだけ”のアイテムですが、場所を選ばずにパワフルな風を生み出せるという特徴は、多くのキャンプシーンにフィットしちゃうんです。

今回はこのギアが一体どのようにキャンプシーンにフィットするのか、その魅力をたっぷりとお伝えします!

5つのキャンプシーンが驚くほどに楽になる!

①車の掃除は外に一気だし!


まずは1つ目のシーンは「車の掃除」。キャンプに行くと、砂や泥で車内が汚れてしまうのは避けられない宿命ですよね。

そんな時に、ブロワーがあれば強烈な風で時間をかけずに車内をクリーンに仕上げてくれますよ! マット裏の溜まったゴミを掃除するにも便利です。

②テントの中の細かいゴミも飛ばして楽々。


2つめのシーンは「テント内」。なぜだか知らないうちに落ち葉が紛れ込んでいたり、小さい虫が入り込んでいたりしますよね。

ひっくり返してバサバサとやってはみるものの、角の方に少し残ってしまうあの煩わしさから解放されます!

③濡れた翌日。乾燥撤収をお助け!


雨や結露の影響で、テントに水分が残ってしまっている時、乾燥の時短にもブロワーが役立ちます。雑巾などで拭き取るのが一般的な対応ですが、ブロワーを使い水滴を吹き飛ばすというのもひとつの手。

「あの水滴を飛ばしたいっ!」気がつけばゲーム感覚で撤収を楽しんでしまうでしょう。

④焚きつけの時にブロワーで時短に!


火吹き棒を使って一生懸命炎を大きくするのはもちろん楽しいですが、ブロワーで一気に炎が盛り上がる様もまた一興。

最後に炭を完全に燃焼させる時にも便利です。ただ、パワフルすぎる風で灰を周りに飛ばさないように気をつけてくださいね。

⑤エアマットの空気入れ


ピッタリサイズではないものの、手で抑えればエアマットの空気入れとしても使えちゃうんです。これぞ文明の利器に頼った最先端の時短テク!

細かい部分をまじまじと観察


いかがですか? ブロワーとしての使い勝手の良さに驚いている方も多いのではないでしょうか。さて、続いては細部についてチェックしていきますよ!

マキタらしいカラーとゴツかわいいフォルム


マキタらしい青色をベースに、ところどころアクセントの黒が映えますね。中心には存在感を示す「makita」のロゴ。

工業製品らしいゴツさを感じつつも丸みを帯びたデザインは男心をくすぐられます。

コンパクトな大きさと軽さ


ブロワーの先端部分は、写真のように取り外してコンパクトに持ち運ぶことができます。重量は2kg以下とブロワー界では軽量なので、女性でも片手で扱える程度。

3段階で調整可能


風量は持ち手部分のダイヤルをつかって3段階で調整します。3の強だとびっくりするぐらいの風量・風速になりますので、間違っても人には向けないように!

継続時間は12〜75分


継続時間はダイヤル3の強風なら12分、ダイヤル1の弱風なら75分。実際にダイヤル3の強風で使ってみると、12分という時間は思ったよりすぐに過ぎます。

キャンプ中「もっと使いたかったのに……。」とならないために、予備のバッテリーを持っていくことをおすすめします。

空気を出すのはもちろん、吸い込みもOK


ブロワーの基本的な使い方は、強力な風を吐き出して塵やゴミを吹き飛ばすことですが、写真にある側面の穴からは吸引することも可能。


このように付属のダストバッグと合わせて使えば、ゴミを集めることもできます。シーンによって使い分けられるといいですね。

使用上、注意したいこと


ここまでたっぷりとマキタのブロワーについて魅力をお伝えしてきましたが、1つだけ気をつけて欲しいことがあります。それは“使用中の音“

とても便利なブロワーですがパワフルな風を巻き起こすために駆動音がかなり大きめです。掃除機をイメージしてもらえれば、その音に近いかと思います。ブロワーを使う際は周りの迷惑にならないよう、使う時間帯や隣人との距離に十分気をつけてくださいね。
ITEM
マキタ 充電式ブロワ18V
●18Vリチウムイオンバッテリ専用
●ブロア風量:0~2.6㎥/分
●ブロア風速(ノズル付):80m/分
●集じん機風量:0~2.6㎥/分
●集じん機真空度:0~5.4kPa
●集じん量:2L
●寸法:長さ525×幅155×高さ212mm
●質量:1.8kg
※本体のみ

マキタ、もっと欲しい!


マキタのブロワーがあれば、様々なキャンプシーンで活躍すること間違いなし! 実際に購入しましたが、非常に満足度が高いアイテムです。

ただマキタ製品を1つ買ってしまうと、同じリチウムイオンバッテリーシリーズで他のアイテムが欲しくなってしまいます。キャンプ沼ならぬ“マキタ沼”にお気をつけくださいね!

これも男らしい

マキタ好きならこの男らしい車もハマること間違いありません!

 

Camping comfortably with Makita’s blower!
マキタのブロワーでキャンプを快適に!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!