カブりがち、でもやっぱり良い。先輩キャンパーも愛用「コールマン」の買って後悔しない4選

2019/11/14 更新

定番人気のコールマンのアイテム。スペックは納得でも「みんな持ってるから……」と敬遠しがちな人も多いのでは? いえいえ、それを差し引いてもコールマンはやっぱり偉大なのです! その品質の良さをおさらいしつつ、新たな選択肢もチェックしてみましょう。


アイキャッチ画像出典:VICTORIA

定番のコールマンはパス……? いや、ちょっと待った!

出典:coleman
安定したコストパフォーマンスで人気のブランドといえば、コールマン。初心者キャンパーのファーストギアに選ばれることも多いわけですが、それだけに「人とカブる率が高い」ことも事実です。

しかし、それだけの理由で避けて通るのはもったいない! 先輩キャンパーの多くがやっぱり良いと所持する理由に、今一度目を向けてみましょう。それでもカブり問題が気になるなら、オリジナリティをプラスする方法もじつはしっかりあるんです。

というわけで、4つの定番コールマンアイテムの魅力と、個性を足すテクニックについて探ってみました。


コールマンの名品①「タフワイドドーム」

出典:Instagram by @mojyacamp
コールマンのテントといえば、やっぱりコレでしょう。キャンプの楽しさを満喫できる、バランスのとれたテントですね。

タフワイドドームのいいところ

まずは、タフワイドドームがこれだけ支持される理由をざっと列挙してみましょう。

オーソドックスなドームテントで設営が簡単
・4~6人で使える広さ
・耐水圧は安心の2,000mmを確保
・それでいて価格は約30,000円

ファミキャンデビューのテントとして、選ばれるに充分な理由が揃っていますね。
ITEM
コールマン タフワイドドーム4 300
●サイズ:約300×300×185(h)cm
●収納時サイズ:約直径25×75cm
●重量:約10.6kg
●耐水圧:約2000mm(フロア/約2000mm)
「良いのは分かるけど、それでもカブりたくない!」という人はコチラをどうぞ。

Amazon限定品(オリーブ、オリーブ+サンドカラー)を狙う

出典:olive_dream
オリーブカラーなら、まるで別のテントのように斬新! 流行のミリタリーライクなギアとも好相性です。
ITEM
【Amazon.co.jp限定】 コールマン タフワイドドームIV 300 ヘキサタープセット オリーブ
●サイズ:インナー/約300 x 300 x 185(h)cm
●収納時サイズ:テント/約75 x 25cm、ヘキサタープ/約72 x 18cm、 シェードサイズ/約:460×435×230(h)cm
●重量:テント/約10.5kg、ヘキサタープ/約5.7kg
さらにはオリーブとサンドのバイカラータイプもありますよ。どちらにするかはお好みで。
ITEM
コールマン タフワイドドーム IV/300 ヘキサセット (オリーブ/サンド)
●サイズ:テント/インナー約300×300×185(h)cm、タープ/約460×435×230(h)cm
●収納時サイズ:テント/約75×25cm、タープ/72×18cm
●重量:約16kg
●耐水圧:約2,000mm

インディゴレーベルを選ぶ

出典:Instagram by @hachi_littlebase
こちらはコールマン×モンロのコラボライン「インディゴレーベル」のタフワイド。パッチワークのテキスタイルが個性的ですね。

ベーシックなタイプとはだいぶ趣きが違ってくるので、カブりNGキャンパーには絶好の選択肢となるでしょう。

ゼビオ別注品を候補に

出典:VICTORIA
スポーツショップ「ゼビオ」別注ラインのタフワイドも。全体は落ち着いたトーンのグレーで、ラインやシェードサイドの赤がアクセントになっています。

通常モデルよりシャープな印象です。全体が引き締まって見えますね。
ITEM
コールマン ゼビオ別注 タフワイドドーム4/300
●サイズ:約300×300×185(h)cm
●収納時サイズ:約径25×75cm
●重量:約10.6kg
●耐水圧:約2,000mm(フロア:約2,000mm)

コールマンの名品②「アウトドアワゴン」

出典:Coleman Japan
続いてはコールマンが誇るワゴンです。こちらも荷物の移動に大活躍というファミリーが続出。サイトでもすっかりおなじみの定番となっています。

アウトドアワゴンのいいところ

なぜこうも支持されるのか。アウトドアワゴンの魅力を並べてみます。

・オートサイトじゃなくても楽に荷物が運べる
・普段の公園遊びでも使える
・ときには子供も運べちゃう
・フェスで大活躍!

CAMP HACKでもたびたび特集しているアウトドアワゴン。天板をのせればテーブルにもなったり、そのマルチぶりは読者のみなさんも周知のところではないでしょうか。
ITEM
コールマン アウトドアワゴン
●サイズ:使用時/約106×53×100(h)cm、収納時/約18×40×77(h)cm、荷台/約88×42×31(h)cm
●重量:約11kg
●材質:スチール、他
●耐荷重:約100kg 
「ホントにいいんだけど、あとはカブリさえなければ……」というキャンパーさんにもご用意あります!

アルペン限定品(ベージュ・ネイビー)を狙う

出典:Instagram by @heartwood_photo
定番の赤からガラリと変わり、ベージュとネイビーの二色展開。ベージュやサンドカラーといったナチュラルカラーが基調のサイトなら、こちらが合うかも?
ITEM
コールマン アウトドアワゴン アルペン限定カラー
●サイズ:約1060×530×1000(h)mm
●収納時サイズ:約180×400×770(h)mm
●荷台サイズ:約880×420×310(h)mm
●重量:約11kg
●耐荷重:約100kg

アパレルブランドとのコラボラインもある

出典:Instagram by @nikoandtokyo
こちらの「niko and…」をはじめ、各種アパレルブランドからも独自のデザインを落とし込んだコラボアイテムが登場しています。

出典:BEAMS
こちらはBEAMS。サイトに置いておけば、サブギアとは思えないほどの存在感を放ちそうですね。

Amazon限定品(オリーブ)は男くささ満点

先ほどのタフワイド同様、オリーブカラーのワゴンもあります。男前なミリサイトなら、断然こちらが合いそうです!
ITEM
【Amazon.co.jp限定】 コールマン アウトドアワゴン オリーブ
●サイズ:約106×53×100(h)cm
●収納時サイズ:約18×40×77(h)cm
●荷台サイズ:約88×42×31(h)cm
●重量:約11kg / 耐荷重:約100㎏
●材質:スチール、他


お次は皆さんのサイトにぶら下がっている“アレ”です!


コールマンの名品③「ハンギングドライネット」

出典:Amazon
こちらもサイトで愛用している人が多いでしょう。もはやキャンパーにとって不可欠のアイテムになった感もあります。

ハンギングドライネットのいいところ

コールマンのハンギングドライネットがこれだけ人気を博す理由がこちら。

・食器類を効率的に乾かせる
・コンパクト収納で場所を取らない
・燻製や干物作りにも使える

S字フック付きなので、日なたに吊るしておくだけで食器が乾かせてとても効率的。キャンプを快適化してくれる便利小物です。
ITEM
コールマン ハンギングドライネット
●サイズ: 約径38×76cm
●重量: 約290g
●材質: 75Dポリエステルメッシュ、スチール(ワイヤー)、ステンレス(フック)
これほど優秀アイテムならもうカブってもOK……とはならないこだわりキャンパーさんにはこんなチョイスをどうぞ。

ハンギングドライネットⅡで見た目新鮮!

出典:Instagram by @ak.ookubo
多くの人が持っているグリーンは、実はひとつ前のバージョン。今は「Ⅱ」が登場しています。

出典:Instagram by @aistagram_1003
サイズは直径6cmほど小さいものの、使い勝手に大差は無し! カラバリはグリーン・ブルー・ピンクの三色展開です。

出典:Instagram by @reo16ra
定番感のあるグリーンも、パイピングは初代品とは違う赤。カブりを回避するなら「Ⅱ」が狙い目です!
ITEM
コールマン ハンギングドライネットII
●サイズ:約32×80(h)cm
●収納時サイズ:約15×8(h)cm
●重量:約180g
●材質:ポリエステル、スチール、ステンレス

コールマンの名品④「フォールディングチェア」

出典:Instagram by @asayan_camp
コールマンの人気チェアといえばこちらのタイプ。長く座っても疲れないと評判です。

フォールディングチェアのいいところ

ヤミツキになる人続出のフォールディングチェア。その魅力を探ってみると……。

・薄く折りたためてかさばらない
・低めの座面高がロースタイルにちょうどいい
・一脚約6,000円とリーズナブル

家族分揃えてもスペース・お財布ともにやさしいのが嬉しいところ。スタイリッシュなデザインで、キャンプだけでなく自宅でも違和感なく使えます。
ITEM
コールマン コンパクトフォールディングチェア レッド
●サイズ:約54×55×60.5(h)cm
●収納時サイズ:約54×8.5×55.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面幅:約47cm
●座面高:約28cm
●耐荷重:約80kg
この人気チェアにもカブり回避チョイスが存在します。それがコチラ!

インディゴレーベルで印象ガラリ

出典:coleman
インディゴ柄のテントにも映える同ラインのチェア。ブロンズカラーのフレームと、通常タイプより暗めなトーンのウッドアームレストで高級感抜群です。

詳細はこちら

D.I.Y.で座面張り替え!

出典:Instagram by @chu_ru14
脱・定番カラーを図るため、自分で座面を張り替えている方もいるようですね。

出典:Instagram by @chu_ru14
赤から黒にカラーチェンジ! 剥がした座面を抜き型として使って布を裁断し、手縫いで作ったのだとか。

出典:Instagram by @chu_ru14
こちらが完成形。既製品と見紛うほどの完璧な仕上がりです!

張り替えキットを活用

出典:Instagram by @hanptydeco
セルフメイドに自信の無い方は、張り替えキットがおすすめ。

ショップ「Hanpty Deco」では、座面布をはじめ張り替えに必要な部品をセットで販売しています。分解と組み立てができれば簡単にカスタマイズできますよ!

「Hanpty Deco」のオンラインショップはこちら。張り替えの手順も見られます。

お次は、よりお手軽な方法として、純正のレアカラーを選ぶという手をご紹介します!


レアな柄、カラーを選ぶ

フォールディングチェアは、ワントーン以外にカモフラ柄もあります。手頃なカブり回避術としてこの選択は有効!
ITEM
コールマン コンパクトフォールディングチェア カモフラージュ
●サイズ:約54×55×60.5(h)cm
●収納時サイズ:約54×8.5×55.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面幅:約47cm
●座面高:約28cm
●耐荷重:約80kg
さらにAmazon限定のイエローとスカイブルーも! 鮮やかなカラーリングが差別化を加速させてくれます。
ITEM
【Amazon.co.jp限定】コールマン コンパクトフォールディングチェア イエロー
●サイズ:約54×55×60.5(h)cm
●収納時サイズ:約54×8.5×55.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面幅:約47cm
●座面高:約28cm
●耐荷重:約80kg
ITEM
【Amazon.co.jp限定】コールマン コンパクトフォールディングチェア スカイ
●サイズ:約54×55×60.5(h)cm
●収納時サイズ:約54×8.5×55.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面幅:約47cm
●座面高:約28cm
●耐荷重:約80kg

コールマンの定番名品は″イイとこ取り″で愛用したい

出典:Instagram by @yukinoutdoor
多くの人に選ばれている定番品をそのまま使うも良し、それにちょっと個性をプラスするも良し。

いずれにしてもコールマンの優秀アイテムは昔も今もこれからも、ずっとキャンパーの味方です!

先輩キャンパーの他のギアも参考にしよう

キャンプ歴の長い人たちは、コールマンの定番以外に何を使っているのか? 経験の裏付けられたチョイスをぜひギア選びの参考に!

Review Popular Items Of Coleman!

今こそコールマン定番名品をチェック!

紹介されたアイテム

コールマン タフワイドドーム4 300
サイトを見る
【Amazon.co.jp限定】 コール…
サイトを見る
コールマン タフワイドドーム IV/30…
サイトを見る
コールマン ゼビオ別注 タフワイドドーム…
サイトを見る
コールマン アウトドアワゴン
サイトを見る
コールマン アウトドアワゴン アルペン限…
サイトを見る
【Amazon.co.jp限定】 コール…
サイトを見る
コールマン ハンギングドライネット
サイトを見る
コールマン ハンギングドライネットII
サイトを見る
コールマン コンパクトフォールディングチ…
サイトを見る
コールマン コンパクトフォールディングチ…
サイトを見る
【Amazon.co.jp限定】コールマ…
サイトを見る
【Amazon.co.jp限定】コールマ…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

» コールマンの高価買取なら買うトドア

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。8歳と6歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!