アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
オイルランタン イラスト

灯りは静かなオイルランタン【風森美絵の”焚火・イズ・ジャスティス”#10】

2022/08/18 更新

画家でアートディレクターの風森美絵(かざもり よしえ)さんが連載でお届けするのは「趣味としての焚火」。野外でゆらめく炎を愛する風森さんが、味わい深い絵とともに焚火を語ります。第10回は、焚火シーンにぴったり合うランタンのお話です。

目次

焚火の夜、空気が静かに

やっほー! 焚火してる? 焚火をするにはもう本当に最高な季節ですね。

少し寒い昼間の焚火。星空を見ながら夜の焚火。紅葉の森にテントを張って、朝がきたら暖をとるための小さな焚火。

この時期は焚火をしに行くための道中の景色も、空気が澄んでいてとても綺麗です。気温が下がってくると空気が静かになるような気がしませんか。特に夜が。

灯りは何を使ってる?

焚き火 イラスト

パチパチと薪の燃える音だけが耳に入ってくるような。もっと寒くなると星の『きらきら』という音が聞こえてくるような。

夜に焚火をするとき、側に置いたテーブルを照らすものとしてみなさんはどんな灯りを使っていますか。わたしはオイルランタンを使っています。

小さいのを探してた

ガスやガソリンは明るすぎて焚火の炎を邪魔してしまうし音もするので、美しい小さな音たちが聞こえなくなるような気がして。

ただ、いつも使っているオイルランタンはザック一つで移動するような時には少し大きいので、小さいものを探していました。そう、かの有名なあの天空の城ラピュタでパズーが使っているようなモノを。

1 / 2ページ