CAMP HACK[キャンプハック]


【 速報 】ユニフレーム2019年NEWアイテム展示会レポ!REVOシリーズが”超”狙い目

0


ユニフレーム流のミニ鉄板「ユニ鉄」


2018年から人気急上昇中のギアカテゴリー”ミニサイズ鉄板”の波が、ユニフレームにもやってきました! 同社が提案するミニ鉄板「ユニ鉄」は、リブ面とフラット面を1枚で楽しめる贅沢設計になっています。

鉄板のサイズは約200×200×17mmなので、分離型バーナーを使用すれば気軽に一人焼肉を楽しむこともできます。お値段、3,900円(税込)。

全キャンパーを網羅するサイズ展開「薪グリルsolo」


かまど型デザインで調理も焚き火も楽しめる「薪グリル」シリーズからは、写真手前の標準モデル、奥のラージモデルに加え……


コンパクトなsoloモデルが新登場! 収納サイズは約130×205×75mmとなっており、ツーリングキャンパーも扱いやすいサイズ感です。


先ほど紹介した「ユニ鉄」や大人気「キャンプ羽釜 3合炊き」もグリルにピッタリと納まり、小さいながらもキャンプ料理の幅を広げてくれる利便性は健在。

焚き火と調理を楽しめる一石二鳥の「薪グリルsolo」は、6,500円(税込)。ステンレス鋼を採用したタフ仕様なので、ハードに使いこなしてみてはいかがでしょう。

ユニセラユーザーに朗報!「ユニセラ ウィング網」


卓上グリルとして圧倒的な人気を誇る「ユニセラTG-Ⅲ」からは、ユーザー待望の便利なオプションアイテムもお目見え。


これまでのユニセラ本体に付属しているワイヤー網の場合、網を一旦取り外さないと炭のつぎ足しができませんでした。

しかし「ユニセラ ウィング網」は、そんな手間を解消! 観音開きで網を開けることができるので、炭の調整もラクラク。これがあればスムーズに焼き物を楽しめます。お値段は、2,500円(税込)。

さらにオプションが豊富に!蒸し焼きができる「UFタフグリル リッドスター」


ユニフレームの定番グリルには、オプションの「UFタフグリル リッドスター」が仲間入り。蒸し焼きでしっかり食材に火を通すことができるので、写真のように大きな丸鶏の調理もお手のもの。焼き物の幅を広げてくれます。

初製品化「UF ペレットストーブ」


ユニフレームから初となる屋外型ペレットストーブの姿も! 冬キャンプに本格的な暖をとれるニューフェイスです。「そもそもペレットってなんだ?」と疑問に思う方も多いのでは?


ペレットとは、木材を圧縮し成型した固形燃料のこと。材質は倒木やおがくずなど、処分される資材を活用して作られているのでとてもエコ! 薪を使用するよりもランニングコストもかかりにくいと、今注目の燃料なんです。


煙突部分は、すべて本体に収納できるオールインワン型。少量のペレットで最大の燃焼効率を発揮できるよう、今もなお改良中なのだそう。詳しい追加情報を心待ちにしましょう!

関連記事