【 速報 】ユニフレーム2019年NEWアイテム展示会レポ!REVOシリーズが”超”狙い目

2018/11/21 更新

飽きずに使えるシンプルなデザインと、初心者にも優しい機能性ギアを生み出すユニフレームから、2019年の新作製品展示会情報をお届け!発売よりひと足先に、期待の新製品たちをご紹介します。


※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて2019年以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください。

初心者にやさしく、ベテランキャンパーをもうならせる新製品揃い!


焚き火好きキャンパーを虜にするユニフレームの2019年新製品展示会の模様をお届け!

あの大人気テーブルに待望の新サイズが登場したり、ベテランキャンパーも歓喜のリーズナブルアイテムが控えていたり……と目白押しのラインナップ。ついつい買い足したくなる小物ギアも豊作と目が離せません!

火遊びの面白さが加速する!燃焼系アイテム

来季へ向けた熱気を感じる会場から、まずはユニフレームを代表する焚き火・バーベキューアイテムをご紹介します。

初めての薪割りにいかが?「燕三条乃斧」


その名の通り燕三条の職人が生産している「燕三条乃斧」は、全長約270mmとコンパクトサイズ。重量も約400gと、斧としては軽く、「これなら薪割りに挑戦してみたいかも!」と思わせてくれる携帯性の良さが魅力です。


刃のヘッド部分には”くぼみ”があり、上記写真のように薪を挟んでハンドルを捻るとさらに小さく薪を折ることも可能! 最近多くなってきている小型のストーブや焚き火台を使用しているキャンパーにとっても心強い機能です。

刃先を守る専用カバーも付いて5,000円(税込)と、導入しやすい価格も嬉しいポイント。2019年は薪割りの世界に飛び込んでみてはいかが?

ユニフレーム流のミニ鉄板「ユニ鉄」


2018年から人気急上昇中のギアカテゴリー”ミニサイズ鉄板”の波が、ユニフレームにもやってきました! 同社が提案するミニ鉄板「ユニ鉄」は、リブ面とフラット面を1枚で楽しめる贅沢設計になっています。

鉄板のサイズは約200×200×17mmなので、分離型バーナーを使用すれば気軽に一人焼肉を楽しむこともできます。お値段、3,900円(税込)。

全キャンパーを網羅するサイズ展開「薪グリルsolo」


かまど型デザインで調理も焚き火も楽しめる「薪グリル」シリーズからは、写真手前の標準モデル、奥のラージモデルに加え……


コンパクトなsoloモデルが新登場! 収納サイズは約130×205×75mmとなっており、ツーリングキャンパーも扱いやすいサイズ感です。


先ほど紹介した「ユニ鉄」や大人気「キャンプ羽釜 3合炊き」もグリルにピッタリと納まり、小さいながらもキャンプ料理の幅を広げてくれる利便性は健在。

焚き火と調理を楽しめる一石二鳥の「薪グリルsolo」は、6,500円(税込)。ステンレス鋼を採用したタフ仕様なので、ハードに使いこなしてみてはいかがでしょう。

ユニセラユーザーに朗報!「ユニセラ ウィング網」


卓上グリルとして圧倒的な人気を誇る「ユニセラTG-Ⅲ」からは、ユーザー待望の便利なオプションアイテムもお目見え。


これまでのユニセラ本体に付属しているワイヤー網の場合、網を一旦取り外さないと炭のつぎ足しができませんでした。

しかし「ユニセラ ウィング網」は、そんな手間を解消! 観音開きで網を開けることができるので、炭の調整もラクラク。これがあればスムーズに焼き物を楽しめます。お値段は、2,500円(税込)。

さらにオプションが豊富に!蒸し焼きができる「UFタフグリル リッドスター」


ユニフレームの定番グリルには、オプションの「UFタフグリル リッドスター」が仲間入り。蒸し焼きでしっかり食材に火を通すことができるので、写真のように大きな丸鶏の調理もお手のもの。焼き物の幅を広げてくれます。

初製品化「UF ペレットストーブ」


ユニフレームから初となる屋外型ペレットストーブの姿も! 冬キャンプに本格的な暖をとれるニューフェイスです。「そもそもペレットってなんだ?」と疑問に思う方も多いのでは?


ペレットとは、木材を圧縮し成型した固形燃料のこと。材質は倒木やおがくずなど、処分される資材を活用して作られているのでとてもエコ! 薪を使用するよりもランニングコストもかかりにくいと、今注目の燃料なんです。


煙突部分は、すべて本体に収納できるオールインワン型。少量のペレットで最大の燃焼効率を発揮できるよう、今もなお改良中なのだそう。詳しい追加情報を心待ちにしましょう!

ユーザーの声に応え「焚き火テーブル」にNEWサイズがやってきた!


ユニフレームを代表するアイテムといっても過言ではない耐熱天板の「焚き火テーブル」からは、約1.6倍にサイズアップした「焚き火テーブル ラージ」が発売予定。

使用サイズは、700×450×370mm。高さが通常モデルと同様の37cmに揃えられており、写真のように並べて使用しても違和感がありません。


さらに収納状態にも注目! なんとラージモデルの天板の裏面に通常モデルが、ジャストフィット。サイズ違いの焚き火テーブル2台をスッキリと持ち運べるという、計算しつくされたデザインなんです。


来年発売予定の「焚き火テーブルラージトート」を使用すればスムーズに持ち運ぶこともできますよ。大型のダッチオーブンを置き、さらに食器を置くスペースが余るラージサイズの使い勝手に期待したいですね!

次はキャンプの主役アイテム、タープ・テントコーナーを見てみましょう。

新色のタンカラーで男前度アップ!しかもリーズナブルになったREVOシリーズ


ベテランキャンパーにとってHOTなニュースが、こちらの新”REVOシリーズ”! これまでの淡いベージュからタンカラーに変更されシックな装いになりました。

それだけではありません! 来季シリーズから、一般的にテントやタープを購入すると付属してくる”ポール、ペグ、ハンマー”が別売りになります。その分REVOシリーズの価格が、ググッと安くなっているんです。

ユニフレーム REVOタープM
例えば、上記写真の現行モデル「REVOタープ M」の価格は19,800円(税込)。来年発売予定の同サイズ「REVOタープⅡ 〈M〉TAN」だと、13,900円(税込)と6,000円も安く購入できます。

もう既にペグなどの小物ギアを持っているキャンパーにとっては、新しいスタイルに挑戦しやすい嬉しい試みですよね。

M・Lの2サイズ展開「REVOメッシュウォールⅡ TAN」はフルクローズも可能に!


さらにカラー変更だけでなく、仕様もアップデートされた「REVOメッシュウォールⅡ TAN」もラインナップ。REVOタープをシェルター化ができるオプションアイテムとして人気でしたが、ユーザーの声を反映しメッシュに加え、全面フルクローズも可能になりました。

解放感もアップ「REVOルーム4プラスⅡ TAN」


REVOタープシリーズに連結するとインナーテントとして使える「ルーム4」は、これまで搭載されていなかったバックドアを新設。採光や温度調整がしやすくなり、快適度がアップしました。

数々のオプションの組み合わせにより、スタイルチェンジの楽しさを底上げするREVOシリーズ、今後も目が離せませんね!

▼REVOシリーズについてもっと知りたい方はこちら

買い足したいキッチン小物が充実!

ユニフレームの隠れ名品予備軍が集まるのが、キッチン小物カテゴリー。

全色GETしたくなるシェラカップ「カラシェラ300」


会場でひと際目を引いたのが、これまでにない全6色のカラフルな樹脂製シェラカップ。直火はNGですが、取っ手付きの食器として使用することができます。

被りがちなシェラカップですが、これなら大人数でのキャンプで使用していても混在する心配がありませんね。


もちろんスタッキング可能で、価格は740円(税込)。家族でお好みの色をチョイスしてみてはいかがでしょう。

4分割できる「シリコンパズルシート」


「シリコンパズルシート」は、耐熱温度220℃とダッチオーブンの鍋敷きとして使用できるタフ仕様。


4分割できるので、1枚ずつコースターとして使用しても良し。熱々の鍋蓋を取る際のミトン代わりに使用しても良しと、1セットあると何かと活躍してくれそうです。

ストレスフリーな切れ味を実現!「ギザ刃 フィレナイフ」「ギザ刃 キャンプナイフ」

写真左「ギザ刃 フィレナイフ」、右「ギザ刃 キャンプナイフ」
心地いい切れ味が話題となった2018年の新製品「ギザ刃 牛刀」に続き、生肉や魚も裁きやすい「ギザ刃 フィレナイフ」と刃を折りたためる「ギザ刃 キャンプナイフ」が2019年に向けてスタンバイ中!

ソロキャンパーも携行しやすい「ギザ刃 キャンプナイフ」は、全長約120mm、重量約40g、さらにはお値段1,200円(税込)とコスパも優秀です。

▼「ギザ刃 牛刀」についてもっと知りたい方はこちら

fan5ユーザーは要チェック「fan5まな板」


アカシア材の風合いが美しい円形の「fan5まな板」。このアイテムは、ユニフレームの人気クッカーセット「fan5シリーズ(DX・duo)」付属メッシュケースに一緒に収納できるようにデザインされています。合わせて使用すると、さらにスッキリ収納が実現できますね。

湯切りするなら「キャンプテボ」


2019年は、キャンプdeラーメンが流行!? ハンドル部分が折りたためる「キャンプデポ」は、麺を茹で湯切りをするための道具。

これがあるだけで本格的なラーメンを作れそうな雰囲気を漂わせてくれます。収納ケース付きで、お値段2,500円(税込)。

フレームに取り付けできる「UFキッチンペーパーホルダー」


置き場に困るキッチンペーパーは、「UFキッチンペーパーホルダー」にセットして機能的に設置してみてはいかが?


ホルダーの裏側にはベルクロテープが2箇所付属しているので、テーブルやチェアのフレームに簡単に設置できます。使用しないときは、コンパクトに畳んで持ち運べるので積載場所も取りません。

2019年数量限定アイテムは、見逃し厳禁!

じつはユニフレーム、毎年カタログには掲載されない”数量限定”のレア物ギアを販売しています。そんな早めに目を付けておきたい限定アイテムの中から気になったものをピックアップ!

1,500台限定「UL-X ベージュ」


限定色ベージュをまとい登場したのは、カセットボンベ式ランタン「UL-X」。1台でサイト全体を照らす240Wの明かりを放ち、簡単点火の扱いやすさがポイントです。

来季REVOタープのタンカラーとも相性抜群なベージュとあって争奪戦必至の予感! 発売は1月中旬予定です。

200張り限定!超ド級のビッグサイズ「UFビッグタープ 8×6 TAN」


驚きの8×6mサイズのタープ「UFビッグタープ 8×6 TAN」は、200張り限定。こちらもポール、ペグ、ハンマーは別売りになっており、お値段は39,000円(税込)。

あまりの大きさに実物の展示はされていませんでしたが、イメージを写真を見るだけで大きさが伝わってきますね。思いっきりアレンジ張りを楽しめるタープは3月上旬発売です。

200張り限定!REVOフルセット「REVOタープⅡ〈L〉カーキグリーン コンプリートセット」


さらにREVOシリーズには、限定200張り限定で”カーキグリーン”のセットモデルも1月下旬に発売予定。カーキグリーンのシャープなカッコ良さは、キャンプサイトでも存在感を発揮してくれそう。

セット内容は、写真の「REVOルーム4プラスⅡ」「REVOタープⅡ〈L〉」「REVOメッシュウォールⅡ〈L〉」「REVOフラップ」の4点。こちらもポール、ペグ、ハンマーが付属していないのでご注意を!

他にも新製品が続々!2019年もユニフレームに期待

「ギザ刃 キッチンシザーズ」2,900円(税込)
会場には、まだまだ紹介しきれないほど新製品・限定アイテムが会場にひしめき合っていました。ユーザーの声を反映し、より快適なキャンプライフをサポートしてくれるユニフレーム。

真摯なモノづくりへの想いが伝わってくる製品の幅広さに、2019年のキャンプシーンが楽しみになるものばかりでした。来年以降続々と発売を開始する新製品を是非チェックしてみてくださいね!

※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて2019年以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください。


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!