CAMP HACK[キャンプハック]


お湯沸かすだけじゃもったいないって!石油ストーブでつくる「家族だんらん飯」12連発

0


日本人なら見逃せないおもち

https://www.instagram.com/p/BcFB3gdH1q4/年越しキャンプが定着しつつある今日この頃、キャンプ場でおもちを焼く姿もちらほら見かけるようになりました。

「ストーブでおもち」という日本ならではのカルチャーはキャンプサイトにも相性ばっちりですね。寒い身体が温まるグルメの一つです。

おせんべいで盛り上がるNEWキャンプスタイル

なんとキャンプでおせんべい作りという斬新グルメ。どこか懐かしくもありとっても新しいキャンプグルメですね。

焼きながらできたてを食べるライブ感はキャンプグルメにぴったりかも。

3時のおやつはパンケーキ!

こだわりのツマミで満たされても、やっぱりおやつは別腹! できたて熱々パンケーキを野外で楽しむとまた別の幸せに包まれます。

火とフライパンがあるキャンプサイトは、粉ものおやつが無限生産可能な環境。おやつだって楽しみ尽くしましょう。

これ、やってみたいかも!茶碗むしでマンネリを打破

焼きもの、鍋物が多くなりがちなキャンプ飯ですが、そこで茶碗蒸しが出てきたらこれは嬉しい!

“蒸し”の方向性でもキャンプ飯の可能性が広がっていきそうな予感を感じさせられます。蒸篭の機能を用意するだけで、キャンプでも熱々の茶碗蒸しを食べられる……、これは挑戦してみたくなります。

囲んで暖か、石油ストーブでほっこりだんらん飯

キャンプサイトをパワフルに暖めてくれる石油ストーブですが、温かいだけではなく自然と人をまわりに集める引力がありますよね。

そんな石油ストーブで作るだんらん飯には、ふだんのキャンプ飯とはまた一味違った趣があります。暖房だけじゃない、石油ストーブでだんらん飯、ぜひ楽しんでみてください。

調理に向いてるストーブは特にこの2つ!

石油ストーブの中でもコスパに優れた「アルパカ」と電話注文の「フジカ」は調理におすすめ! どちらにしますか?

Have a meal in the stove
ストーブで食事を楽しもう!

夏野 栄

作家でクリエイター、アウトドアライターでファッションエディター。アウトドア誌やファッション誌で連載するほか、ノベル執筆やプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。Tw@nhaeru

関連記事