CAMP HACK[キャンプハック]


ファイアグリルの次はコレ!ユニフレームの新しい定番ギア候補「焚き火ベース450」を使ってみた

0


焚き火を活用してもっともっと料理がしたくなる「焚き火ベース450」

焚き火台を持っているキャンパーさんに質問です。「焚き火台を調理器具として使いこなせていますか?」

一般的に焚き火台を使って調理をする場合、別売りのロストルやトライポッドが必要になったりと、少しハードルの高い印象が……。

しかしこの焚き火ベース450は、これさえあればササッと簡単に直火料理も楽しめる優れものなんです。

Sカンチェーン付属で吊り下げ調理ができる!


焚き火ベース450には、Sカンチェーンが2つ付属。炉となる本体が設置されたフレームの上部に引っかければ、調理器具の吊り下げ用チェーンとして使用できます。


Sカンチェーンは、写真の12インチのダッチオーブンも吊り下げられるほどのタフ仕様! 焚き火をしながらダッチオーブン料理もお手のものです。

Sカンチェーンを引っかける位置を変えれば、簡単に火加減を調整することもできますよ。

2サイズのスチール網付属でBBQもできる!


さらにBBQも楽しめるように150×400mmサイズと、300×400mmサイズのスチール網が付属しています。それぞれ網のサイズが違うのには理由があります!


じつは、ユニフレームのBBQグリル「タフグリル」シリーズの鉄板やステンレスワイヤー網との互換性があり、幅広いオプションアイテムを活用できるんです。この拡張性は嬉しいポイントですね。

焚き火ベース450

●使用時サイズ:約500×810×790(高さ)mm
●収納時サイズ:約500×560×75(厚さ)mm
●本体・フレーム材質:ステンレス鋼
●重量:約5.3kg(炉・フレーム)
●付属品:Sカンチェーン×2本、スチール網150×400(1枚)、スチール網300×400(1枚)
●分散耐荷重:約15kg

ユニフレーム UFタフグリル 鉄板

●サイズ:約395×270×40(深さ)mm
●材質:黒皮鉄板2.3mm
●重量:約2.3kg


別売りの収納ケースを使用すればコンパクトに持ち運びできる!


収納ケースは付属していませんが、別売りの「焚き火テーブルトート」を購入すれば一つにまとめてスッキリと持ち運ぶこともできます。

では実際に焚き火ベース450を持って、いざキャンプへ。果たして快適な直火料理ができたのでしょうか……!

ユニフレーム 焚き火テーブルトート

●サイズ:約56×5.5×40(高さ)mm
●材質:6号帆布、パラフィン加工
●重量:約420g


「焚き火ベース450」をキャンプで使ってみた

セッティング開始!


キャンプ場へ到着! 焚き火ベース450のパーツを組み立てていきましょう。


まずはフレームから広げていきます。フレームは蛇腹式に収束できるようになっており、全4節から成り立っています。


Aフレームの形状に立ち上げます。そのままだとグラグラと不安定なため、フレームに引っ付いている固定具をスライドさせ節と節のつなぎ目をしっかり固定します。


フレームが自立したところで、次は炉を設置。両端を持って広げるだけでOK。


最後に立ち上げておいたフレームに引っかけ、完成です! Sカンチェーンを使用する際は、この時にフレームに設置しておきます。


細かく説明しましたが、難しいことは一切なし。シンプルな構造のため、組み立てで迷う箇所がなく初心者さんにも優しい設計になっています。

焚き火を楽しむ前に、まずは晩ごはん作りにチャレンジ!


やはり「焚き火ベース450」の特徴である“直火料理”を満喫するべく、別売りの「UFおでん鍋」と付属品のスチール網(小サイズ)を使って調理に挑戦します!

関連記事