【本気で試してみた】秋冬仕様1万円の「化繊寝袋」でテント泊してみた結果

秋は日が暮れるのが早まり、気候も一段と寒くなります。寒さ対策にダウン素材のアイテムを使いたいところですが、値段が高く手が出せない人もいるはず。そこで今回は、化繊を使ったコスパの高さが売りの寝袋ブランドで、実際に寒い場所でも寝られるか試してみました。


秋冬キャンプの寝袋はダウン素材以外のものでも使えるの?


日中も外はすっかり肌寒くなってきましたね! キャンプ場は街より標高が高いところが多く、より寒いのは言わずもがな。特に夜は非常に寒くなります。人によっては、寒さで眠れない人もいるとか。

就寝時の寒さ対策の特効薬といえば、ダウンを使った寝袋ですよね。ただ、値段が高く手が出せない人もいるはず。そこで、化繊素材を使った寝袋でも快適に寝られるのか、実際に寒い場所で就寝を敢行してきました!


今回寝てもらうのは……あれ、もしかしてあなたは!?

「どうも、編集部員Mです」

ってアナタですか! てっきりあのお方だと思いましたよ。今回はどの用で登場するんですか?

「ワタシは極度の寒がりで、大のダウン寝袋愛用者。3シーズン対応のものからリミット温度がマイナス10℃の極寒対応ものまで持っていて、寒い場所ではダウン素材がないと安心できない性なんですよ」

へぇ〜そうでしたか(よくしゃべる人だなぁ)。では編集部員Mに試してもらいますか!




今回使用するのは、化繊寝袋の代名詞であるSnugpak(スナグパック)。高品質なのにお手頃な値段で販売されていることでも知られ、中でも『スリーパーエクスペディション スクエア ライトハンド』は、快適外気温マイナス12℃まで対応できる秋冬向けの寝袋です。

たっぷりの中綿を使用していて寝袋の首元にはネックチューブもついていて、首元からの冷たい風を中に入れない機能も付いています。


今回寝てもらう場所は、山梨県にある『みずがき山森の農園キャンプ場』。標高1467mと高い場所に位置し、白樺が生え森林に囲まれたキレイな場所である一方、秋でも夜は10℃を下回ることザラにあるんだとか。

そんな場所で、果たして編集部員Mは化繊寝袋で快適に寝られるのか!? 早速インプレスタートです!

お手頃な化繊寝袋で挑戦!ダウン寝袋愛用者が実際に寝てみた


まずはサイトを設営して昼休憩。編集部員Mを見ると、すでに寒がっている様子ですね。本当に寒がりのようです、先が思いやられますね……。そういえばMさん、なぜ今回はその格好なんですか?

「スナグパックは、1977年に英国で創業したアウトドアブランド。軍事用品に採用されるほどの高いクオリティを持っていて、戦場でも確かな機能を発揮しているそうです。そこに敬意を払い、ワタシもそれにふさわしい気持ちで臨みたくこの服装にしました」

なるほど、要は見た目から入ったということですね(体験した感想や機能のことをしゃべってもらえればそれでいいのに。余計なことを)。


寝る際に使う寝具はこんな感じ。エアマットを敷いて、その上に寝袋を置きます。スナグパックは寝袋だけでなくピローも生産しています。今回は適度なクッション性とコンパクト性を持つ『スナギー』と合わせて寝てもらいます。


さて、そうこうする間に日が暮れました。時間は午後5時半頃。まだ10月半ばなのに、ライトを灯さないと足下が見えないほど暗くなってしまいました。


今の温度は10℃ちょっと。風も少し吹き、体感としてはアウターを着ても少し寒く感じるほどです。編集部員Mの服装は、メリノウールのハイネックカットソーの上にカメラマンベストを着て、パンツはコーデュロイパンツという(ありえない)服装。Mさん、今の居心地はどうですか?

「かなり寒いです。そろそろダウンジャケットを貸していただけませんか?」

やれやれ。今回はダウンものを使わない企画なので、ダウンジャケットはなしです!

「えーそんなーーーっ!!!」




さらに時間が過ぎ、辺りは真っ暗。夜9時になったのでそろそろ就寝しましょう。すかさず寝袋に入った編集部員Mは、あっという間に寝てしまいました……。

スナグパックは海外メーカーということもあり、長さ・周囲ともにゆったりとした仕様。こちらの寝袋も長さ220cm・周囲160cmもあり、身長163cmの編集部員Mが入った状態でもゆとりがあります。果たして、編集部員Mは快適に夜を越せるのでしょうか!?
  • 翌朝、化繊寝袋で寝てみた結果は…?


激しい雨が降った夜を越え、翌朝7時を迎えました。テントの中を覗いてみると……あれ、編集部員Mはケロッとした表情でそこにいました。寝心地はどうでしたか?

「とても暖かく、快適に寝られました。普段なら寒いとまったく寝られないのですが、今回は一瞬で寝てしまいましたよ。企画が始まる前までビビっていた気持ちが恥と思えるほどです(笑)」

あんなおどおどしていた編集部員Mが、寒い中でも暖かく過ごせたみたいですね!

ちなみに、朝7時の気温は10.6℃。雨の影響もあり、体感としては厚手のアウターを着ても寒いと言えます。


編集部員Mが寝た寝袋の中の温度は、なんと24.8℃! 外の気温と10℃以上も差があります。寒い場所でも化繊寝袋で寝られることがわかりました。

なぜ化繊なのに快適に寝られたの?3つの秘密

寒がりの編集部員Mが、化繊寝袋を使って寒い場所で寝られた理由はどこにあるのでしょうか? その秘密を紐解きます。

シリコン製中空繊維「Isofibre」で保温性を確保


今回寝た寝袋には、「Isofibre」という独自素材を採用。繊維の中は空洞になっていて、そこに暖かい空気が入ります。その空気を外に逃さない構造がこの繊維の魅力です。

また、圧縮した状態を解くと、空洞部がすぐに膨れる仕組みになっています。これを「再膨張力」と言いますが、スナグパックの寝袋はこの機能に優れていて、保温性がすぐに確保できるのが特徴なんです。

化繊素材だから手入れもラク


ダウンは水に濡れると機能が損なわれますが、化繊は水に強いので使い勝手がいいのがメリット。スナグパックは、高機能な化繊を使った寝袋がメインなので、ガシガシ使えちゃいます。今回のような雨が降ってもへっちゃらです!


一方で、化繊のデメリットは収納力に欠けるところ。布団のようにキレイに畳んで収納しようとすると、収納袋に入らずに気が滅入る人もいるのでは?

スナグパックの寝袋を収納するときは、ねじ込みながら入れるのがポイント。キレイに畳まなきゃと思っているそこのあなた、それは違うんです!


また、「コンプレッションサック」が付いているのも必見。収納袋の側面4箇所にベルトがあり、収納した後にここを締めれば、この通りコンパクトに収納できます。

独自形状で寝心地も良好


さらに、スナグパックの寝袋の特徴はこのデザイン! 頭部がマミー型で足部が封筒型になっています。寒さから頭を守る包み込んだ設計と、寝返りを打っても窮屈にならない足元の広さは、寝る人のことを思った構造になっているんです。

スナグパックはバリエーションが豊富!


スナグパックは、寝心地もさることなら豊富なバリエーションも見逃せません。今回使用した「スリーパーエクスペディション スクエア ライトハンド」はレッドでしたが、2018年秋にはオレンジの新色も登場しました。

レッド・オレンジともに購入ページはこちら!


また、今回使用したのは秋冬向けですが、3シーズン対応の薄型寝袋や幅広いキャンプシーンに合わせられるカラフルなものもアリ!

初心者から過酷な環境で過ごす人まで、多くの人が快適に寝られる寝袋を提供しているのが、スナグパックの真骨頂なのです。

今回使った化繊寝袋のブランドサイトはこちら!

結論!秋冬キャンプは化繊寝袋でも快適に寝られる


秋冬の夜の寒さ問題は、ダウン素材だけでなく化繊素材でも解決することができました。コスパでギアを選んでいる人は、このスナグパックがあれば寒い夜でも安心ですね!

ちなみにMさん、次はこの寝袋を使って雪山で野宿をしてみたらどうですか?

「無茶振りはもう止めて〜!!!」

スナグパックが気になった方は、もっと詳細をチェックしてみよう

撮影協力:みずがき山森の農園キャンプ場

Sponsored by 株式会社ビッグウィング

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!