アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
スナグパック スリーパーエクスペディションスクエアライトハンド

【本気で試してみた】秋冬仕様1万円の「化繊寝袋」でテント泊してみた結果

AD for Outdoor

秋は日が暮れるのが早まり、気候も一段と寒くなります。寒さ対策にダウン素材のアイテムを使いたいところですが、値段が高く手が出せない人もいるはず。そこで今回は、化繊を使ったコスパの高さが売りの寝袋ブランドで、実際に寒い場所でも寝られるか試してみました。

目次

秋冬キャンプの寝袋はダウン素材以外のものでも使えるの?

スナグパック スリーパーエクスペディションスクエアライトハンド

日中も外はすっかり肌寒くなってきましたね! キャンプ場は街より標高が高いところが多く、より寒いのは言わずもがな。特に夜は非常に寒くなります。人によっては、寒さで眠れない人もいるとか。

就寝時の寒さ対策の特効薬といえば、ダウンを使った寝袋ですよね。ただ、値段が高く手が出せない人もいるはず。そこで、化繊素材を使った寝袋でも快適に寝られるのか、実際に寒い場所で就寝を敢行してきました!

スナグパック スリーパーエクスペディションスクエアライトハンドと男性

今回寝てもらうのは……あれ、もしかしてあなたは!?

「どうも、編集部員Mです」

ってアナタですか! てっきりあのお方だと思いましたよ。今回はどの用で登場するんですか?

「ワタシは極度の寒がりで、大のダウン寝袋愛用者。3シーズン対応のものからリミット温度がマイナス10℃の極寒対応ものまで持っていて、寒い場所ではダウン素材がないと安心できない性なんですよ」

へぇ〜そうでしたか(よくしゃべる人だなぁ)。では編集部員Mに試してもらいますか!

1 / 3ページ