秋冬キャンプがよりハッピーに!「チャムス」の”使える”新作ウエアに注目

秋冬の寒いシーズンをどう過ごすかって悩みどころですよね。各社から新作のファッションが登場していますが、チャムスのウエアは、秋冬キャンプを快適にしてくれるものばかり! 今回は、ファッションのプロから、このチャムスを着たとっておきのコーディネイトを教えていただきました。


キャンプは道具だけでなくファッションも大切な要素!


秋キャンプは紅葉や旬な食材など、ワクワクすることがたくさん! 一方で、日が暮れると急に冷え込んで、寒いと感じるような季節でもあります。

日中から夜、さらには翌朝までどんな服装をすればいいかわからない人も多いはず。そこで今回は、ファッションのプロであるスタイリストから、今季おすすめのウエアとその着こなし方を教えてもらいましたよ! キャンペーン企画もお見逃しなく!

スタイリストが指南する「ハッピーキャンプスタイル」

秋キャンプではどんな服装をするのが理想なのか? キャンプの1日を追って、そのスタイルと着こなし方を見ていきましょう。
  • 【日中】これから始まる楽しいキャンプ!ワクワクがとまらない


管理棟で手続きを済ませて、荷物をサイトへ運び出しからスタート。今日は久しぶりの快晴日。ルンルン気分で話に花が咲きますね! この時期は、標高が高いキャンプ場はもうすっかり涼しい気候。施設に着いたら意外と寒かったという声もよく聞きます。




そこでオススメなのが、チャムスのBonding Fleece Vest。毛足が短いモコモコのフリース素材が、寒さから体を守ってくれます。

異素材の胸ポケットがアクセントになっているこちらは、生地に防風性のあるフィルムを挟んでいるので、座っていても寒さをしのげます。

フリースアウターはいろんな素材のアイテムと合わせやすいので、デニムやコットンといったいろんなアイテムで合わせらるのも魅力ですよ!(スタイリスト星野さん談)

【夕食】日が暮れてからのお楽しみ。月の下で楽しく食事


まったりとキャンプをすると、いつの間に日が沈みます。おなかも空いてきたので、そろそろ夕食の時間です。今日はボロネーゼ風パスタとサラダ、そして旬のリンゴをいただきます!

「リビングなら寒くないでしょ!」と思うかもしれませんが、油断は禁物。隙間風が入り、寒さを感じることがあるからです。暖房器具を持っていない人は、アウターなどを持ってしっかりと対策をしましょう。


600フィルパワーのダウンパーカー、チャムスのTeeshell Down Jacketがあればもう安心! このジャケットのさらなる魅力って何でしょう?

10,000mmの撥水加工が施されているので、ある程度の水を弾きます。またストレッチが利いて、腕の可動域が広いのも特徴です。

シャリっとした質感で光沢があまりなくカジュアルに着こなせるので、コーデュロイや別珍といったこの時期らしいアイテムとの相性も◎です!(スタイリスト星野さん談)

【温泉あがり】温泉で体の芯からポカポカに。さて、サイトへ戻るか!


キャンプに来たら、温泉にはぜひとも行きたい! キャンプ場に温泉施設が併設しているところも多く、冷えた体を芯から温めるのに最適です。


入浴後はラフな格好をしたい人も多いですが、外で過ごす時にはちょっとでもファッションに気を使いたいというのも本音。そんな時、チャムスのBoat logo Zip Parkaがいい役をしてくれます!

裏起毛で程よい保温性があり、全8カラーとラインナップが豊富なところも特徴です。

デザインがワンポイントあるだけで、シンプルなパーカーと比べると雰囲気が変わります。上下を異なるカラーで合わせたり、差し色のインナーを着たりすれば、スウェットでも野暮ったくなりませんよ!

ラフに着られて、シンプルながら他とは違うデザインは有難い! 秋キャンプのマストアイテムになりそうですね。

  • 【就寝】今日のキャンプはこれにて終わり。いい夢見れるかな


楽しいキャンプも、気づけば夕暮れ時。外もさらに冷えてきたので、そろそろ寝る準備でもしましょうか。真っ暗になる前に寝床の準備をしておけば、楽ちんです。

底冷え対策は肝心! 下にブランケットやマットなどをしっかり敷くようにしましょう。


寒さで寝られないと心配な人は、中肉厚なスウェット素材を使ったHurricane Wappen Shawl Topがおすすめ。

パーカーと同じくこちらも裏起毛素材を使っていて着心地は良好。首元が覆えるヘチマ型の高い襟もワンポイントになります。そのまま外に出てもオシャレに決まりますよ!

暖を取っても首元が冷えていると寒さを感じてしまうもの。これは首元が覆えるので重宝しそう!

【翌朝】最高の目覚め!コーヒーで、ゆっくりモーニングタイム


夜は気持ちよく寝られて、朝はスッキリ! この日も太陽が顔を出してくれて、とても過ごしやすい気候です。「キャンプ、楽しかったね!」なんて、コーヒーを飲みながらゆっくりと朝食をとる時間が作れるのもキャンプの醍醐味です。


日中の寒さより、早朝の寒さのほうが実は気温が低め。太い糸で編んだチャムスのPark City Cowichan Vest(11月発売予定)のようなニット素材のアウターで寒さ対策をしながら朝食をいただきましょう。

保温性があることは言うまでもなく、ゆったりめのシルエットでインナーを着込んでも着膨れしません。襟が高く首回りをしっかり覆ってくれるので、早朝などの寒い時には大活躍します。

カウチンニットは柄がはっきりしているので、他のアイテムは無地などのシンプルなモノを選ぶと吉ですよ!


今期の小物も要チェック!キャンプで使える暖アイテムは?

寒さ対策はウエアだけではありません。小物も駆使すればさらに保温性が増して快適に過ごせますよ。ここからは、そんな優れた保温アイテムを2点ご紹介します。
  • パッカブルな「ブランケット」で手軽に保温


夜や早朝などの寒い時間帯に使えるのが、ブランケット。キャンプでもお馴染みのアイテムとなっていますよね。

チャムスのFleece Elmo Packable Blanketは、モコモコ感がありとても触り心地のいいフリースを使った新作アイテム。パッカブルになるのが嬉しい! オフホワイト、ネイビー、カーキ、レッド、ネイビーボーダー、ブラックの6色展開で、家族みんなで違った色を持つのもアリ!


広げてみると、膝をしっかりと包み込んでくれるサイズ感。生地に付いた収納袋に丸めて持ち運べるパッカブル式で、持ち運びもしやすいところも魅力です!


4色展開のブランケットは縦80×横110cmのサイズですが、こちらはもっと大きい縦100×横120cmのBonding Fleece Blanket。毛足の短いフリースは、ひざ掛けだけでなく寝袋の上にかけて掛け布団としても使えます。
  • 「湯たんぽ」で長時間ポカポカに


ホッカイロや焚き火で寒さをしのいでいる人もいますが、長時間持続できる湯たんぽのほうがキャンプならおすすめ。


もし寒くなったら、中のお湯を温めて再度入れれば暖かさが元どおり。経済的かつ簡単に暖が取れます。

寝る前に寝袋などに忍ばせておけば、寝る時にはとてもポカポカ! 秋冬キャンプで活躍すること間違いなしです。


しかも、手で持ち運べるので湯たんぽを入れられるほか、小物を入れて持ち運ぶこともできます。この顔を見ると、とてもほっこりしちゃいますよね!

なんとノベルティでブービーバードの巾着ケース付き湯たんぽを無料でゲットできるキャンペーンを開催! ぜひチャックしてください。

「Booby 湯たんぽ」を無料でもらえるキャンペーンの詳細はこちら!

チャムスの新作アイテムを使いこなせば、秋冬はもう安心!


機能性と可愛らしさが備わったチャムスのウエアは、秋冬キャンプのどんなシーンでも快適に過ごせるマストバイアイテムが盛りだくさん! チャムスのウエアを着て、ハッピーなキャンプを満喫しましょう!

今回取り上げた主要アイテム詳細

Bonding Fleece Vest
金額:11,800円(税抜)
サイズ:メンズ/S・M・L・XL、レディス/WM・WL

「Bonding Fleece Vest」の詳細はこちら!

Teeshell Down Jacket
サイズ展開:メンズ/S・M・L・XL、レディス/WM・WL

「Teeshell Down Jacket」の詳細はこちら!

Boat logo Zip Parka
サイズ展開:メンズ/S・M・L、レディス/WM・WL「Boat logo Zip Parka」の詳細はこちら!

Hurricane Wappen Shawl Top
サイズ展開:メンズ/S・M・L・XL、レディス/WM・WL

「Hurricane Wappen Shawl Top」の詳細はこちら!

Park City Cowichan Vest
サイズ展開:メンズ/S・M・L・XL、レディス/WM・WL

※発売は11月予定

撮影協力:青根キャンプ場

Sponsored by 株式会社ランドウェル

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!