ドームテントの進化版!スノーピークの「ドックドーム Pro.6」に注目

従来のドーム型にはない新構造を取り入れた、スノーピークのドックドーム Pro.6。インナーテントを外せばシェルターになり、他のテントとドッキングすれば拡張性UP!そんなマルチな使い方ができるドックドーム Pro.6の特徴や気になる点を紹介


アイキャッチ画像出典:snowpeak facebook

ドックドーム Pro.6ってどんなテント?

ドックドームPro6
出典:snowpeak
ドックドーム Pro.6は、Dock=他のテントとのドッキングを想定したモデル。アウトフレーム構造による独特なフォルムが話題を呼び、2014年のグッドデザイン賞にも選ばれました。

定番の「アメニティドームL」と同程度なので、4人家族などファミリーで使いやすいサイズ感も魅力です。

▼2018年グッドデザイン賞特集はこちら

今までなかった!ドーム型にアウトフレーム構造を採用!

ドックドームpro6
出典:snowpeak
特徴は、アウトフレーム構造(フレームがフライシートの外にくる構造)を採用していること。そのためフライシートのみで自立できるので、吊り下げ式のインナーテントを外せばシェルターとしても使えるんです!


飽きのこない汎用性の高さ

ドックドームPro6
出典:snowpeak
ドーム型テントとタープを立てたノーマルなスタイルはもとより、専用以外のインナーテントを利用したカンガルースタイルや、他テントとのドッキングなど、アレンジの幅が広いのもドックドーム Pro.6の魅力。

ドックドーム Pro.6の特徴5つ

その他、ドックドーム Pro.6ならではの特徴を見ていきましょう!

特徴①天窓で明るい空間に

ドックドームpro6
出典:snowpeak
テント上部にはメッシュの天窓がついているため、優しい光が室内を明るくしてくれます。もちろん雨天時はファスナーを閉めればOK。

特徴②メッシュすべてが開閉可能!

ドックドームpro6
出典:snowpeak
全方位にメッシュパネルがついており、ドーム型テントとは思えないほどの開放感を実現! フライシートとインナーテントのメッシュパネルの位置が同じなので、温度調節も思いのまま。虫を気にせず自然との一体感を味わえます。

またすべてのメッシュパネルが開閉できるので、細かな温度調節も思いのまま。また前後室の出入口はメッシュを開閉できるので、薪ストーブなど燃焼器具を設置しやすいのも特徴です。

特徴③ベンチレーションとマッドスカートで冬キャンプも快適

ドックドームpro6
出典:snowpeak
フライシートのサイド上部4か所にあるメッシュパネルには”ひさし”(小さい屋根)がついているので、内側からメッシュパネルの上部を少し開ければ、雨の日でも室内換気が可能です。
ドックドームpro6
出典:snowpeak
また、裾にはスカートが装備されているため、テント下部からの雨や冷気の侵入を抑えてくれます。ドックドーム Pro.6は、晴れの日だけでなく、雨が多い時期や気温が低い時期でも快適に過ごせそうですね。

特徴④家族4人で広々と使える空間

ドックドームpro6
出典:snowpeak
ドックドーム Pro.6のインナーテントは、大人4人子供2人を想定した広さ。人数が少ない場合は、インナーテントの代わりに小さな別のテントを入れてカンガルースタイルにすると、リビングスペースをより広く使うことができますよ。

インナーテントを使わずにシェルターとして使う場合、天井高がやや低めなので、ロースタイルがオススメです。天窓とフルオープンメッシュパネルの効果で、圧迫感が少なく開放感があります。

特徴⑤設営しやすい!

ドックドームPro6
出典:snowpeak
Pro.シリーズの幕帯は、210Dの厚手の生地を使用している場合が多いのですが、ドックドーム Pro.6は一般的なテントと同じ75Dの生地を使用しています。なので生地は軽く、設営時に扱いやすいのもメリットです。

ポールは軽くて軽量、その上しなやかに曲がるため、ほとんど力をかけずもテントを立ち上げることができます。基本的には2人で設営しますが、ポールの順番さえ覚えてしまえば1人でも立ち上げられてしまう程、設営が簡単です。

フライシートのみで自立するため、雨の日でも濡らさずにインナーテントを設営できますね。

ドックドーム Pro.6の気になるところ4つ

続いては、気になった4点についてご紹介します。キャンパー歴やスタイルによっては気にならない方もいるかもしれませんが、確認しておいた方がいい箇所を挙げてみます。

気になるところ①「高さ」が足りない

高さ
出典:写真AC
ドックドーム Pro.6の室内高は160㎝なので、多くの方が腰をかがめる高さ。前室はさらに低いため「出入りのしにくさ」を感じるという口コミも散見しました。

しかし、この天井高の低さは風のダメージを受けにくくするため、快適性と耐久性を考慮したスノーピークならではのこだわり。ロースタイルを取り入れることで、リビングルームの高さに関してはあまり気にならないようです。

気になるところ②シールドルーフ(別売)がないと厳しい?

ドックドームpro6
出典:snowpeak
オプションで購入できるシールドルーフ。天窓は光が差し込んで気持ちがいい反面、真夏の暑い日はテント内が暑くなりすぎてしまうことも。その際はシールドルーフがあった方が安心。気温差による結露も軽減することができます。

気になるところ③前室の出入り口が狭い!?

ドックドームpro6
出典:snowpeak
本体のサイドにメッシュパネルはついていますが、出入りはできません。なので出入口は前室・後室のどちらかですが、前室は天井が低く「出入りしずらい」いう口コミが見受けられました。

一方で後室は前室よりも高さがあり、しかもポールを2本使えば跳ね上げることができるので、後室を出入り口として使用する方も多いようです。

気になるところ④手が出しにくい値段

ドックドームPro6 スノーピークのPro.シリーズということもあり、価格は¥149,000 (税別)。おいそれと簡単に手を出せるものではないですよね。

確かにドーム型テントとして考えると高く感じますが、ドックドーム Pro.6はシェルター(スクリーンタープ)として使えたり他テントとドッキングできるなど、使い方の幅がかなり広い。しかもオールシーズン対応できるスペックを持っています。

新しい幕を買い足すことなく様々なスタイルに挑戦できるので、長い目でみて購入を決めるキャンパーも多いようです。

▼メッシュシェルターの詳細はこちら!

▼リビングシェルの詳細はこちら!

設営の方法について

ドックドームPro6 基本2人で行うのが理想ですが、手順とコツさえつかんでしまえば1人でも張れるくらいに、設営はシンプルで簡単。
ドックドーム スリーブ
出典:snowpeak
メインポールは赤1色で、ポールを通すスリーブは赤、差し込むピンにも赤のロープがついているので非常にわかりやすいです。サブポールは赤と青のツートンカラーで、入口の部分が青のスリーブに青のロープがついたピンに差し込みます。

あとはポールにフックをかけていき、ペグ打ちするだけ。最後に入口を作るために、赤の細いポールを赤いスリーブに通して、赤のロープがついたピンに差し込んで完成です!ポールとフレームの色が同じなので、「どこ通せばいいの?」と迷わずにすみそうですね。

設営時間はどのくらい??

  • 講習会では、女性が1人で説明しながら設営しましたが、約10分ほどでアウターの設営が完了。インナーとトップカバー、ペグダウン入れても30分は絶対かからない感じですね〜(^O^)楽チンそうでした。

設営が簡単なので、慣れれば1人でも20~30分くらいで設営できるようになります。(出典:canvas)

大きいサイズですが、シンプルな構造かつ全体的に軽量なので、設営自体はさほど難しくないようです。

連結できるテントは?

ドックドームPro6
出典:snowpeak
ドックドーム Pro.6の前室には”連結機能”が備わっているため、オプションの連結用アイテムを使用せずとも他のテントとのドッキングが可能なんです。

アメニティドームやランドブリーズ、リビングシェルと連結し、さまざまなスタイルを楽しむことができます。どんなテントと連結できるのか、チェックしておきましょう!

スノーピーク アメニティドームS

スノーピークの定番テントであるアメニティドーム。ドッキングする場合は、アメニティドームを寝室、ドックドーム Pro.6をリビングとして使うスタイルが多いようです。
ITEM
スノーピーク アメニティドームS
●サイズ:355×230×120cm
●収納サイズ:58×18×23 cm
●重量:5.0kg
●フライ耐水圧:ミニマム値:1800mm
●ボトム耐水圧:ミニマム値:1800mm

スノーピーク ランドブリーズ4

アメニティドームよりもワンランク上のドームテント、ランドブリーズ。アメニティドーム同様、前室に連結して寝室として利用することができます。
ITEM
スノーピーク(snow peak) テント ランドブリーズ
●サイズ:260×220×132cm
●収納時サイズ:75×22×26cm
●重量:6.9kg
●フライ・ボトム耐水圧:(ミニマム値)1800mm
●材質:
フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工
マッドスカート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング
インナーウォール/68Dポリエステルタフタ
ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1800mmミニマム 
フレーム/ジュラルミンA7001(φ11mm・φ9mm)

スノーピーク リビングシェル ロング Pro.

ドッキングする場合は、リビングシェルロングPro.をリビングとし、ドックドーム Pro.6を寝室とするスタイルがオススメ。天気のいい日にはフルメッシュにすることで、開放感たっぷりな広々としたサイト空間が実現します。
ITEM
スノーピーク リビングシェル ロング Pro.
●サイズ:530×415×220cm
●収納時サイズ:80×28×30cm
●重量:18.6kg
●材質:本体/150Dポリエステルオックス、ルーフ部/遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3000mmミニマム、ウォール部/耐水圧1800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、フレーム/A6061(φ16mm・19mm)

60周年モデル&アイボリーカラーにも注目!

ドックドームPro.6には、スタンダードモデル以外にも、60周年モデルとアイボリーカラーの2種類があります。スタンダードモデルとの違いはどこなのでしょうか? さっそく見ていきましょう!


60周年モデルの違い

ドックドーム60th
出典:snowpeak
スノーピークの創業60周年を記念して作られた限定モデル。スタンダードとの大きな違いは、フライシートに裂けに強いリップストップ素材を使用していること。

そのため、若干重量も重たくなっています。また価格もその分高めに設定されているのでご注意を。
ITEM
スノーピーク 60周年記念 ドックドーム Pro.6
●材質:フライシート/75Dポリエステルリップストップ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/75Dポリエステルリップストップ、ボトム/300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧10,000mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(φ11mm)
●収納時サイズ:70×32×28cm

アイボリーカラーにも注目

ドックドーム_アイボリー
出典:snowpeak
機能はそのままに、爽やかなアイボリーカラーでグラマラスなキャンプを演出してくれるドックドーム Pro.6アイボリー。日差しを通しやすいカラーであるため、スタンダードではオプションであったルーフシールドが標準で装備されています。
ITEM
スノーピーク ドックドーム Pro 6 アイボリー
●材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、テフロン撥水加工、UVカット加工 ルーフシート/75Dポリエステルタフタ、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、UVカット加工 インナーウォール/75Dポリエステルリップストップ ボトム/300Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧10,000mmミニマムフレーム/ジュラルミンA7001 ( φ11mm )
●収納時サイズ:70×32×28cm
●重量:13.5kg

ドックドーム Pro.6でマルチなキャンプスタイルを楽しもう!

ドックドームPro6 テントやシェルターとして。はたまたテントやシェルターと連結して。さまざまな楽しみ方ができるスノーピークのこだわりのつまったドックドーム Pro.6。欲張りなキャンパーたちの多様な要望に応えてくれる多機能テントをあなたはどう使いこなしますか?

How multifanctinal Dock Dome Pro.6 is !
ドックドームPro.6は何て多機能なんだ!

関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

ドックドームPro6
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
eri

9歳と6歳の子どもを持つママライター。 生き物をこよなく愛する息子の欲求を満たすため、クワガタ採りや魚釣りが出来るキャンプ場を中心に出没。若い頃は超インドア派だったが、今では自然のすばらしさに魅せられています。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!