【グッドデザイン賞2018】アウトドア関連受賞作品をいち早くレポート!!

グッドデザイン賞2018が発表されました。たくさんの受賞作品がある中で、アウトドア用品も大健闘。今年話題となったワンポールシェルターにプロもうなる機能美タープ、さらにこれからのシーズンに欠かせない焚き火台など、今年を象徴するキャンプギアが勢ぞろい!


アイキャッチ画像出典:onway

「グッドデザイン賞2018」発表!

出典:JDP
今年もグッドデザイン賞が発表されました! 公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)主催のこの賞は、「良いもの」の価値を共有することで、社会全体を豊かにすることを目的としたもの。

先ほど発表された2018年の受賞作品のなかには、アウトドアアイテムも盛りだくさん。その一部をご紹介します!

スノーピーク「スピアヘッド」

出典:snowpeak
スノーピーク初のワンポールシェルターとしても話題になった「スピアヘッド」。美しい張り姿にサイドフレームによるゆったりとした内部空間設計など、見た目も機能もあっぱれな一幕です。
ITEM
スノーピーク スピアヘッド Pro.L
●サイズ:直径680cm×高さ280cm
●収納時サイズ:87×33×38(h)cm
●重量:16kg
●材質: 本体/210Dポリエステルオックス、PUコーティング・テフロン加工、UV加工
●耐水圧:1,800mmミニマム
 【受賞理由】

ワンポールとフレームの組み合わせという構造により、隅までデッドスペースをつくることなくより広い空間を実現しているなど、ユーザーの立場を考慮した製品が実現されている。


コールマン「ダークルーム(TM)テクノロジー テントシリーズ」

遮光機能により「キャンプ場で快適に眠ること」を追求したダークルーム(TM)テクノロジーシリーズ。光の透過を防ぐ生地をテントに使用するなど、コールマンの技術が集結した新ラインです。

【受賞理由】

外観上の特異点は少ないが、それが故にユーザーは迷いなく使用できるのだと理解した。
アウトドアのレジャーにおいて、新しい体験をもたらしてくれる製品に仕上がっている。

「ダークルーム(TM)テクノロジー テントシリーズ」についての詳細はこちら


サンセットクライマックス「Tarp01」

出典:sunsetclimax
もはやキャンプギアを超えた芸術性すら感じさせる、サンセットクライマックスのタープも受賞。その圧倒的に美しいフォルムだけでなく、優れた特殊素材で耐久性や撥水性も抜かりない圧巻のタープです。

【受賞理由】

素材開発に始まるタープの性能の探究に加え、ガイロープ、スライダー、グロメット等、製品を構成する細部に至り美意識が貫かれている点を高く評価したい。
タープの生地はストレッチ性を備えており、ぴんと張られた際のフォルムも美しい。

「Tarp01」についての詳細はこちら


スノーピーク「グリルバーナー 雪峰苑」

撮影:編集部
鋳鉄グリドルで「何を焼いても驚くほど美味しく焼ける!」という声があちこちから聞こえてくるバーナー・雪峰苑。深型の水皿をはじめ、使いやすさと洗いやすさも人気の理由のひとつです。
ITEM
スノーピーク グリルバーナー 雪峰苑
●サイズ:250x360x175mm(ホース・器具栓含まず)
●材質:本体/ステンレス・ブラス・亜鉛ダイカスト・樹脂、水皿/スチール(ホーロー仕上げ)、グリドル/鋳鉄(シリコン耐熱塗装)
●重量:5kg(グリドル2.7kg)
●出力:1,700kcal/h
●燃焼時間:GP-500GR/180分、GP-250GR/90分
【受賞理由】

ガスカートリッジを使用することで、手軽に焼料理ができるキャンプ用のコンロ。商品の中核である鋳鉄のプレートをはじめ、シンプルながらしっかりとした構造で、各部品に作りの良さが感じられる。


オンウェー「ファイアグリルKANAE」

出典:Amazon
聖火台フォルムのユニークな焚き火台も人気ですが、今回はこちらのグリルが受賞! 焚火・バーベキュー・鍋を載せての調理に蒸焼きなど、コンパクトながら何役もこなせる頼もしい一台です。

【受賞理由】

機能が実直に形になることで、ユーザーが迷うことなく使用できるだろう。特にワンアクションで変形する脚部の構造はよく考えられており、簡単に分解ができる点も面白い。

「ファイアグリルKANAE」についての詳細はこちら


グリーンライフ「蓋付き折りたたみバーベキューコンロ」

出典:Amazon
俄然人気のコンパクトグリルですが、こちらは珍しい蓋付きタイプ。ソロキャンプで作れるメニューの幅も広がりそうですね。災害時の非常用グッズとして、備えておくのも良さそうです。
ITEM
グリーンライフ 蓋つき折りたたみBBQコンロ
●サイズ:幅48×奥行33×高さ41.5㎝(取っ手含む)
●網サイズ:幅29.5×奥行29.5㎝(1枚)
●収納袋サイズ:幅36×奥行9×高さ18㎝(取っ手含む)
●材質:本体/ステンレス、網/スチール、収納袋/ポリエステル
【受賞理由】

特徴になっている『組み立て/収納』は、どんなユーザーも簡単に組み立てられるだろと感じさせる程に良くできている。持ち運ぶときは完全にフラットになるのも良い。アウトドア初心者の可能性も広げる製品として評価。

テンマクデザイン「ワークラック」

ひとつでも使えるのはもちろん、積み上げて自在にキッチンスペースを作れるという拡張性の高いワイヤーラック。マットな黒塗装がおしゃれです!

【受賞理由】

重ねるだけで組み立てられるというシンプルな構成は、ユーザーが迷わず使用できて良い。アウトドア製品に求められるプロ向けの目線をライトユーザーに合わせることで生まれたユニークさが魅力的。

「ワークラック」についての詳細はこちら


コールマン「コンフォートマスター(R)バタフライテーブル/120」

コールマン最高峰の「マスターシリーズ」からは、高さが3段階で調整できるキャンプテーブルが受賞。上品な木目でラグジュアリー感がありつつ、シンプルな構造で使いやすさが追求されています。

【受賞理由】

説明を見聞きしなくとも、誰もが簡単に使うことができるであろうことが想像できる。構造、素材の選定、サイズ感、カラーリングと、ユーザーが求めているものを充分に実現した完成度の高い製品。

「コンフォートマスター(R)バタフライテーブル/120」についての詳細はこちら


フロンティア「バイソール」

出典:Amazon
「都会のツッカケ」がコンセプトというユニークな発想のバイソール。キャンプで靴の脱ぎ履きが面倒だけど、いかにもなサンダルはちょっと……という方は、機能美抜群のこちらをどうぞ!
ITEM
フロンティア バイソール
●サイズ:M(24.0〜24.5cm)
●素材:EVA、合成皮革
【受賞理由】

一般的にEVA素材のサンダルは通気性、排水性などの制約で煩雑なデザインが多い中、この商品は使用シーンや用途別に複数のソール形状を用意する事でクセのないシンプルなデザインを実現した点を高く評価した。


スズキ「ジムニー シエラ」

出典:SUZUKI
今年20年ぶりにモデルチェンジを遂げた、新型ジムニー。これまでのジムニー同様アウトドアユースのタフな性能を持ちながら、どこか懐かしい角形フォルムに魅了される新たなファンも激増中です!

【受賞理由】

モデルチェンジの過程において、道具として求められる機能を追求することで進化してきており、理想的なリ・デザインの取り組みを実践していることが高く評価できる。特に今回のモデルチェンジでは、従来の良さを残しつつ、洗練されたデザインとなっている。

「ジムニーシエラ」の詳細についてはこちら


グッドデザインなギアで快適にキャンプ!

出典:JDP
あらゆる物があふれ返る時代、キャンプ市場にも次々と新しいアイテムが登場しています。そのなかでも「本当に良いもの」は、一体どれなのでしょうか。

感想はひとそれぞれですが、グッドデザイン賞受賞アイテムをひとつの指標として選んでみるのも良いかもしれませんね!

前年度はどんな受賞作品が?

話題をさらったあの焚き火台も! 前年度の受賞作品もこちらからチェックしよう

Enjoy Camping With Good Design

グッドデザインキャンプを楽しもう!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!